本文へ

磁性材料プロセスチーム

チームの研究課題と研究成果

   

金属の凝固プロセス、電磁振動プロセス、マイクロ波プロセスなど様々なプロセスを駆使して、高性能磁性材料開発の為のプロセス技術、ならびに磁気特性を活用した材料プロセス技術を開発しています。

・2018年4月:日本鋳造工学会東海支部堤記念賞を李主任研究員が受賞しました。
 受賞テーマ名:「電磁気力を用いた鋳造時の結晶粒微細化技術の開発」
・2019年4月5日:Natureグループ誌のScientific Reportsに「電磁振動プロセスを用いた異方性鋳造ネオジム磁石の創製」に関する論文が発表されました。
 Mingjun Li, Takuya Tamura: Scientific Reports, Volume 9, Article number: 5733(2019): https://www.nature.com/articles/s41598-019-42053-9

   
電磁振動プロセスを用いた
異方性鋳造ネオジム磁石の創製
磁場による溶湯の乱流抑制 

チームの構成メンバー

     
所属・役職および名前 その他、etc
チーム長
田村 卓也(Takuya TAMURA)
 
上級主任研究員
松本 章宏(Akihiro MATSUMOTO)
主任研究員
安岡 正喜(Masaki YASUOKA)
※出向中
主任研究員
李 明軍(LI Mingjun)
 


▲ ページトップへ