○○○○○○研究センター

現在位置組織 > 磁性粉末冶金研究センター  > 研究チーム紹介 > エントロピクス材料チーム

エントロピクス材料チーム

チームの研究課題

 環境負荷が小さくエネルギー効率の高い固体冷凍の実現を目指して、磁場や電場などの印加により熱量効果を生じる材料の特性解明・制御方策と作製技術を構築しています。具体的にはLa-Fe-Si-H磁気熱量材料の合成技術および相安定化技術の開発や、そのシステム応用技術の開発に加え、新規エントロピクス材料の探索を行っています。

 高性能磁気熱量材料の開発とシステム応用 新規エントロピクス材料の開発  
   
 Fe系磁気熱量材料の合成技術を開拓。フロン・フリーな高効率磁気冷凍システム実現に向けて展開中。
 固体中の電子スピンや軌道の自由度に由来するエントロピーを外場制御することで、新しい熱量効果を発現する材料を開発中。

チームの構成メンバー


 研究チーム長  藤田 麻哉 
 主任研究員  杵鞭 義明 
 主任研究員  中山 博行