○○○○○○研究センター

現在位置組織 > 磁性粉末冶金研究センター  > 研究チーム紹介 > ハード磁性材料チーム

ハード磁性材料チーム

チームの研究課題

 ハイブリッド自動車用モーターに使われる高性能磁石など、資源・環境・エネルギー問題に対応した永久磁石材料を開発しています。これまでに培った粉末合成技術や粉体・粉末冶金技術を駆使して新しい磁石製造プロセスを開発し、優れた特性を有する磁石の創製を行っています。特に、サマリウム−鉄−窒素磁性材料に着目し、ネオジム磁石より高い保磁力と耐熱性を持つ焼結磁石の実現を目指しています。
   
 サマリウム−鉄−窒素超微粉末の開発
 サマリウム−鉄−窒素焼結磁石の開発
 化学合成手法により、1μmを切る世界で最も微細かつ最高の保磁力を持つサマリウム-鉄-窒素粉末の作製に成功。  従来は困難であった異方性焼結磁石が作製できることを世界で初めて実証。実用化に向け、さらなる高性能化開発を実施中。

チームの構成メンバー


      
 研究チーム長  高木 健太 
 主任研究員  山口  渡 
 主任研究員  鈴木 一行 
 主任研究員  岡田 周祐 
 研究員  曽田 力央 
 研究員  細川 明秀 
 研究員  平山 悠介