○○○○○○研究センター

現在位置組織 > 磁性粉末冶金研究センター  > 研究成果 > 受賞・表彰

受賞・表彰

2016>> 

平成28年度(2016年度)

受賞名 Poster Award of the 24th International Workshop on Rare-Earth and Future Permanent Magnets
  and Their Applications (REPM2016)
受賞日 平成28年8月31日
題名 「Preparation of submicron-sized Sm2Fe17N3 powder with high coercivity」
 受賞者  岡田 周祐
受賞理由 高い保磁力を有するサブミクロンサイズのSm2Fe17N3粒子の作製に関する研究発表が、ポスター発表160件の内3件の、特に優れた研究発表として選定された。


受賞名 第17回論文賞(一般社団法人粉体粉末冶金協会)
受賞日 平成28年5月24日
題名 「ダクタイル鋳鉄の乾式切削におけるWC-FeAl切削工具の耐摩耗性と耐凝着性」
 受賞者  下島康嗣、細川裕之、松本章宏
受賞理由 本論文は、資源問題等から開発されたWC-FeAl合金について、ダクタイル鋳鉄の乾式切削工具として同合金を用いた時の耐摩耗性と耐凝着性を詳しく評価し、かつ摩耗のメカニズムを考察し、今後の課題を明らかにしている。本合金を将来、WC-Co超硬合金の代替材料として応用するための、実用的観点からの重要な知見が示された貴重な論文として高く評価された。

受賞名 第40回研究進歩賞(一般社団法人粉体粉末冶金協会)
受賞日 平成28年5月24日
題名 「水素化カルシウムを用いた磁性金属ナノ材料の低温合成」
 受賞者  山本真平
受賞理由 氏らは、磁性体ナノ材料の作製法に水素化カルシウムを用いる新規な低温合成法を創出し、古典的なガス還元プロセスに伴う課題を解決した。また、バイオ応用への道を切り開くなど、磁性金属ナノ材料の新たな応用分野を創出した。
以上、粉末冶金材料開発における独創的で先駆的な業績として評価された。

ページの先頭へ