健康で活力のある長寿社会と持続可能な社会の実現を目指して。

バイオメディカル研究部門

乳酸菌K15のヒト細胞におけるIgA産生増強メカニズムを解明

-日本農芸化学会 2018年度名古屋大会で発表-

生物プロセス研究部門

エイズウイルスの力を借りてB型肝炎治療薬の作用機構と薬剤耐性の仕組みを解明

-エイズウイルスの逆転写酵素をB型肝炎ウイルスの逆転写酵素に似せて改変-

生物プロセス研究部門

害虫の殺虫剤抵抗性は共生細菌を介してあっという間に発達する

-殺虫剤抵抗性の害虫発生を未然に防ぐ新たな技術開発に向けて-

生物プロセス研究部門

共生細菌が示す第3形態のべん毛運動を発見

-学習院大学理学部西坂崇之教授の研究グループと産業技術総合研究所の共同研究 英科学誌「The ISME Journal」にて掲載-

生物プロセス研究部門

ハムシは共生細菌の酵素の助けで葉を消化

-ペクチン分解に特化した極小ゲノム共生細菌の発見-

バイオメディカル研究部門

体に有害な活性酸素を除去できる「タンパク質マイクロマシン」を開発

-タンパク質を部品として使い、高度な機能を備えた構造体を作る-

創薬基盤研究部門

不均一ながん細胞群の形態を指標として分離

-新たながん検査法の開発へ期待-