.

本文へ

産総研九州センター研究講演会

※このページは随時更新して参ります

開催案内

産業技術総合研究所九州センターは、半導体産業へ貢献すべく「半導体とセンシングシステム」をキーワードとして研究講演会を開催いたします。
この講演会では、九州の半導体産業の状況や、半導体に関わる研究開発状況について、半導体について幅広く多数の発表者による講演を予定しています。また産総研九州センターの研究者を中心としたポスター発表を行います。
ぜひご参加を検討いただければ幸いです。
なお、プログラムは現在調整中であり、8月に申込み受付を開始させていただく予定です。

ご参加いただける場合はお手数ですが、必ず8月に本ホームページから参加申込を行ってください

プログラム(案)

日  時 2024年10月8日(火)10:30~17:25
会  場 電気ビルみらいホール 
〒810-0004福岡市中央区渡辺通2-1-82電気ビル共創館4階
開催方法 現地開催
主  催 国立研究開発法人産業技術総合研究所 九州センター
参 加 費 参加費無料
参加申込 事前申し込み制
 
■九州センター研究講演会プログラム■
10:30-10:40 開会挨拶 産総研エレクトロニクス・製造領域 
領域長 安田哲二
10:40-11:00 産総研九州センター60年の歩みとこれからの取組み 産総研九州センター 所長 植村聖
11:00-11:20 シリコンアイランド九州の未来 公益財団法人 九州経済調査協会 
常務理事 岡野秀之 氏
11:20-12:00 招待講演
九州から世界へ:半導体産業の最前線と人材育成の挑戦
九州大学 教授 白谷正治 氏
12:00-13:00 休憩 
13:00-14:00 ポスターセッション  
14:00-14:20 グリーンサステナブル半導体製造技術の体系的構築について 産総研エレクトロニクス製造領域 
研究企画室長 内田紀行
14:20-14:35 半導体デバイスの界面評価および制御技術とそのプロセスインフォマティクス(仮) 産総研センシングシステム研究センター
主任研究員 上沼 睦典
14:35-14:50 アディティブに線幅2μmを実現する高精度配線印刷技術 産総研センシングシステム研究センター
研究チーム長 日下靖之
14:50-15:00 FIoTコンソーシアム新世代パッケージング分科会および開発拠点のご紹介 産総研センシングシステム研究センター
研究チーム長 竹井裕介
15:00-15:10 休憩 
15:10-15:30 日清紡マイクロデバイスの後工程展望 日清紡マイクロデバイスAT(株) 
代表取締役社長 末吉裕明 氏
15:30-15:45 静電気センシング技術 産総研センシングシステム研究センター
研究チーム長 菊永和也
15:45-15:55 移動体技術による製造現場の革新に向けて (株)TriOrb 代表取締役CEO 
石田秀一 氏
15:55-16:05 液体AIソムリエ:溶液のビッグデータ取得を加速するダイヤモンド電子舌センサ 産総研センシングシステム研究センター
主任研究員 大曲新矢
16:05-16:20 医療現場利用を目指した超小型・光学式血栓センサ 産総研センシングシステム研究センター
主任研究員 森田伸友
16:20-16:30 休憩 
16:30-17:00 調整中 株式会社AIST Solutions
AI・半導体事業プロデューサー 岡村淳一
17:00-17:10 三次元半導体研究センターの研究支援活動について 公益財団法人 福岡県産業・科学技術振興財団 三次元半導体研究センター 
副センター長 野北寛太氏
17:10-17:20 2.5D/3D 実装に向けた九州センターにおける半導体パッケージング技術の取り組み 産総研センシングシステム研究センター
招聘研究員 大園満
17:20 閉会挨拶 産総研センシングシステム研究センター 
所長代理 田原竜夫


ポスターリスト

NO. タイトル 研究チーム・職名 分野 氏名
1 結晶構造に基づく光機能性材の設計基盤技術 センシングマテリアル
研究チーム長
材料・プロセス 山田浩志
2 GaNにScを添加した新しい圧電・強誘電薄膜の開発 センシングマテリアル
主任研究員
材料・プロセス 上原雅人
3 大型ダイヤモンドCVD結晶成長とエレクトロニクス展開 センシングマテリアル
主任研究員
材料・プロセス 大曲新矢
4 元素添加による窒化物薄膜の特性を制御 :〜極性から導電性まで〜 センシングマテリアル
主任研究員
材料・プロセス  Anggraini Sri 
5 ダイヤモンド量子デバイスの基盤技術開発 センシングマテリアル
研究員
デバイス 蔭浦泰資
6 薄膜分極ドメインの高速イメージング センシングマテリアル
研究員
計測・評価 市川卓人
7  タイトル調整中 生産プロセス評価
研究チーム長
  田原竜夫
8 超伝導検出器を用いた微量軽元素分析技術 生産プロセス評価
主任研究員
 計測・評価 志岐成友
9 耐熱性圧電シートセンサの開発 生産プロセス評価
主任研究員
デバイス 長瀬智美
10 生体温度スパッタリングによる
細胞レベルサンプルへの金属成膜と形状再現
生産プロセス評価
研究チーム付
材料・プロセス  本村大成
11 超微小圧力センシングシステムの開発 生産プロセス評価
研究員
計測・評価 武井裕樹
12 静電気センシング技術 センサー情報実装
研究チーム長
計測・評価 菊永和也 
13 バイオマーカーの連続モニタリング センサー情報実装
主任研究員
計測・評価 岩崎 渉
14 計算材料科学を利用した窒化物圧電材料の開発 センサー情報実装
主任研究員
材料・プロセス 平田研二
15 低温成膜技術を活用したサステナブルなバイオセンサ基板の構築 センサー情報実装
研究員
材料・プロセス 竹村謙信
16 短パルスレーザーを利用した電界分布イメージング技術の開発 センサー情報実装
主任研究員
計測・評価 佐藤友哉
17 車体接着を10年以上安定化させる界面設計技術の開発 4Dビジュアルセンシング  研究チーム長 計測・評価 寺崎 正
18 ISO22838:2024応力発光によるき裂先端位置モニタリング
  ー産総研発・応力発光初の国際規格発行ー
4Dビジュアルセンシング
研究チーム長
計測・評価 寺崎 正
19 静電気発光機能材料の高度化に基づく革新的静電気可視センサ開発  4Dビジュアルセンシング
研究チーム長
デバイス 寺崎 正
20 光学的手法による硫酸銅電気めっき液の計測・評価 4Dビジュアルセンシング
主任研究員
計測・評価 古賀淑哲
21 エレクトロニクス材料中の潜傷検出技術 - 選択的検出技術の開発 - 4Dビジュアルセンシング
主任研究員
計測・評価 坂田義太朗
22 Active型振動計測を利用した機械的材料状態診断技術 4Dビジュアルセンシング
主任研究員
計測・評価 坂田義太朗
23 光による微小荷重の検出 4Dビジュアルセンシング
主任研究員
計測・評価 藤尾侑輝
24 非定常吸熱法による非破壊計測技術 4Dビジュアルセンシング
主任研究員
計測・評価 鈴木大地
25 エレクトロニクス材料中の潜傷検出技術  -3Dマッピング技術の開発- 4Dビジュアルセンシング
研究員
計測・評価 山浦大地
26 製造装置オブザーバビリティに向けたセンシング技術と情報処理 複合センシングデバイス 
研究チーム長
計測・評価 来見田淳也
27 半導体量産ラインの生産性向上に資するプラズマプロセスモニタリング技術 複合センシングデバイス
主任研究員
計測・評価 笠嶋悠司
28 医療現場利用を目指した超小型・光学式血栓センサ 複合センシングデバイス
研究員
デバイス 森田伸友
29 半導体デバイスの界面評価および制御技術とそのプロセスインフォマティクス 複合センシングデバイス
主任研究員
材料・プロセス 上沼睦典
30 次世代放熱設計に向けた3次元複合熱流束センシングと計測インフォマティクス 複合センシングデバイス
研究員
計測・評価 Hwang Sunbin
31 液体金属を用いた低損傷・高汎用な電子素子実装技術の開発 複合センシングデバイス 研究員 材料・プロセス 佐藤 峻
32 窒化物半導体研究の進展 首席研究員 材料・プロセス 秋山守人
33 太陽光発電モジュールの長期信頼性評価 太陽光評価・標準チーム 研究チーム付 計測・評価 原浩二郎
34  (仮)OpenSUSI (株)AIST Solutions 事業プロデューサー   岡村淳一
35 AIST Solutionsの紹介 (株)AIST Solutions コーディネーター   片岡知典
 

お問い合わせ先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 九州センター
九州センター研究講演会事務局

〒841-0052 佐賀県鳥栖市宿町807-1
電話:0942-81-3630
Eメール:M-kyushu-kenkyukoen_jimu-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)

▲ ページトップへ