現在位置組織 > 材料・化学領域 機能化学研究部門  > 研究グループ紹介

研究グループ紹介

バイオベース材料化学グループ(中国センター)

グループ長
木原 秀元
「バイオベース」をキーコンセプトに、バイオマスの化学品原料化技術や、生体の構造や機能等から導出される、新しい機能性材料の開発を行う。
研究テーマ
  1. バイオマスの効率的分離法や、それらを機能化学品原料へ変換する技術の開発
  2. バイオマス本来の素材特性を生かした材料化技術の開発や、生物機能等を手本とした新機能材料の設計・合成技術の確立

バイオ変換グループ(中国センター)

グループ長
松鹿 昭則
再生可能資源等から生物機能を利用し、化学品を安価かつ効率的に生産するための基盤技術を開発する。
研究テーマ
  1. バイオマスを原料とした機能化学品生産に適した宿主微生物ならびに酵素機能の開発
  2. バイオマスの種類に合った糖化酵素およびそのオンサイト生産技術の開発

バイオケミカルグループ(つくば中央第5)

グループ長
森田 友岳
機能性バイオベース化学品の高効率製造技術および高度利用技術を開発する。
研究テーマ
  1. バイオプロセスと化学反応を活用したバイオベース化学品製造技術の開発
  2. バイオベース化学品の物性評価と機能付与による用途開拓

高分子化学グループ(つくば中央第5)

グループ長
佐藤 浩昭
最先端の構造解析手法を駆使して、高分子材料の機能や信頼性を化学構造に基づいて評価する技術を開発する。
研究テーマ
  1. 超高分解能質量分析法による、末端基構造や共重合組成などの高分子鎖の精密な化学構造解析
  2. 陽電子消滅法による自由体積空隙サイズ解析をはじめとした、高分子材料のナノ構造評価
  3. 高分子複合材料のナノ〜ミクロスケール構造解析と、機能物性との相関評価

光材料化学グループ(つくば中央第5)

チーム長の顔写真
グループ長
佐藤 正健
光反応を基軸として、化学品製造の高効率化・省工程化に資する基盤技術や、材料の分析評価技術を開発する。
研究テーマ
  1. 光反応プロセスによる位置選択的表面機能付与技術の開発
  2. 光を活用する材料評価技術の開発

スマート材料グループ(つくば中央第5)

グループ長
松澤 洋子
有機分子の相変化や分子間相互作用に関わる材料技術をベースに、高度な機能を発現する化学品を開発する。
研究テーマ
  1. 可逆接着剤や自己修復塗料などに応用可能な、刺激により可逆的に相変化する有機材料の開発
  2. 炭素材料の分散性を制御できる分散剤の開発、ならびに炭素材料の薄膜化、パターン化技術の開発

セルロース材料グループ(中国センター)

チーム長の顔写真
グループ長
遠藤 貴士
植物系バイオマスの主要成分であるセルロースを、物理的・化学的手法により部素材として高度利用するための基盤技術開発を行う。
研究テーマ
  1. ナノセルロースの樹脂複合化による高性能材料開発
  2. ナノセルロースの特性計測・評価技術開発
  3. ナノセルロース・バイオマスフィラー製造技術開発

知能材料グループ(つくば中央第5)

チーム長の顔写真
グループ長
原 雄介

動的・感覚・診断知能を備えた新規材料の研究開発、および評価・診断装置の開発を行う。

研究テーマ
  1. ソフトアクチュエータ、駆動評価装置の研究開発
  2. 冷却ゲル、ウェアラブルセンサー、分析技術(X線構造解析等)の研究開発
  3. 人間の健康(口腔、肌、美容、食品)を支援する材料や即時診断技術の研究開発
    動的・感覚・診断知能を備えた新規材料の研究開発、および評価・診断装置

化学材料評価グループ(つくば中央第5)

チーム長の顔写真
グループ長
水門  潤治
化学品の高付加価値化に資する先端的な評価・解析手法を開発するとともに、各種の構造-特性評価を行う。
研究テーマ
  1. 劣化による機能低下を的確に表現可能な構造変化指標の構築(耐久性・劣化評価パッケージ)
  2. 複合材料機能の支配要因である異種材料界面の構造−機能相関の解明(界面・高次構造評価パッケージ)
  3. 微燃性材料の燃焼性評価・制御技術の開発
  4. 炭素繊維強化樹脂、高機能複合材料の耐久性評価法の開発