トピックス





2016年4月5日,4月6日
愛媛新聞,日本農業新聞に関連記事が掲載されました。
愛媛新聞 2018年4月5日 1面トップ

かんきつ果皮から新素材「CNF」,製造方法 県が特許出願, 化粧品など活用へ
日本農業新聞 2018年4月6日 13面

香りや機能性そのままペーストに,かんきつCNF開発,食品や化粧品で期待
我々の研究グループが共同研究を実施している愛媛県産業技術研究所食品産業技術センターとの成果を基に,産総研,愛媛県,(株)えひめ飲料の3機関で特許出願しました。みかんジュース等を絞った後の果皮に含まれている機能性成分(柑橘の河内晩柑が含んでいるオーラプテン等)を柑橘類が本来持っているセルロースナノファイバーを活用して,さらに機能化する特許です。




2017年6月7日
○第43回(平成28年度)繊維学会論文賞を当研究グループメンバーであった日浅 祥さん(愛媛大学大学院ドクターコース学生として在籍)が受賞されました。当研究グループメンバーも共著者です。
○授賞式は,平成29年6月7日(水)〜9日(金) の会期(タワーホール船堀)で実施された平成29年度繊維学会年次大会で行われました。
論文タイトル:
Prevention of Aggregation of Pectin-Containing Cellulose Nanofibers Prepared from Mandarin Peel
学術誌名: Journal of Fiber Science and Technology
巻・号・ページ: Volume 72 (2016) Issue 1 Pages 17-26
著者: Shou Hiasa, Akio Kumagai, Takashi Endo, Yusuke Edashige




2016年1月29日
2016国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(ナノテク展2016)においてプロジェクト賞(ライフナノテクノロジー部門/テーマ名:セルロースナノファイバー補強軽量シューズ)を頂きました。

・表彰式では岩本伸一朗主任研究員が代表で頂きました!
・展示しましたスポーツシューズは神栄化工(株)様,兵庫県工業技術センター・長谷朝博 博士,(株)アシックス様のご協力により試作しました。感謝申し上げます。
・本プロジェクトは平成27年度採択・戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の一環として実施中です。



2016年3月14〜15日
産業技術連携推進会議 ナノテクノロジー・材料部会 紙パルプ分科会
ナノセルロース研究会 平成27年度見学会・技術交流会


各機関から研究紹介


施設・設備見学
 産技連・ナノセルロース研究会として,年度末ではありましたが,参加可能な3公設研からナノセルロースに関連する研究開発を実施している研究者に集まって頂き,14日は研究開発の成果と今後の展開について意見交換,15日は産総研中国センターのナノセルロースに関連する装置や設備の見学を行い,実際の実験条件や課題についての意見交換をしました。
 参加者は総勢9名でしたが,少人数のおかげで密な意見交換を行うことができました。
○参加者
・産総研 機能化学研究部門 セルロース材料グループ
・岡山県工業技術センター
・静岡県工業技術研究所 富士工業技術支援センター
・広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター
 参加者の皆様におかれましては,年度末のお忙しい中,ご参加頂,有り難うございました。




2015年6月1日
セルロース材料グループのホームページを立ち上げました。