国立研究開発法人産業技術総合研究所のHPへ
現在位置> 組織 > 研究部門 > 知能システム研究部門 メニュースキップ> 産学官連携

知能システム研究部門

産学官連携

 知能システム研究部門では、知能システム技術に関わる研究課題について産業界・企業・大学との連携を推進しています。主な制度についてご紹介します。

産総研公式HP:連携と技術相談

受託研究・共同研究

 知能システム研究部門では、産総研および部門のミッションの達成を目標に、産総研に経済産業省から交付される運営費交付金に基づく研究のほかに、各省庁が推進するナショナルプロジェクトや産業界・企業との共同研究、産業界・企業からの受託研究を推進します。

産総研公式HP:共同研究受託研究
ページの先頭へ

研究者の受け入れ

 知能システム部門では、共同研究者、ポスドク研究者、外来研究員、研修員、学生など各種制度による研究者を各制度の規定にしたがって受け入れます。

産総研公式HP:外来研究員技術研修
ページの先頭へ

連携大学院生の受け入れ

 知能システム研究部門には、筑波大学大学院等との連携大学院協定に基づき、大学院教官を併任する研究者がいます。この制度のもとで、当部門に所属し、大学院生として博士・修士号を取得するための研究を行うことができます。
 連携大学院生となるためには、事前に指導を受けたい併任教官の承諾を得るとともに、各大学が実施する入学試験に合格することが必要です。詳細は各大学にお問い合わせください。

産総研公式HP:連携大学院
ページの先頭へ

産総研リサーチアシスタント

 産総研は、優れた研究開発能力を持つ大学院生を産総研リサーチアシスタント(契約職員)として雇用します。雇用された大学院生は、産総研が実施している社会ニーズの高い研究開発プロジェクトに参画するとともに、その研究成果を学位論文に活用できます。

ページの先頭へ

委員等の委嘱

 産総研の職員を「外部委員会委員等就任規程」に基づき、委員会の委員等に就任させることができます。ただし、謝金・報酬は受け取れません。

 委嘱承諾依頼書の様式、事務手続きにつきましては産総研公式HPをご覧ください。

産総研公式HP:委員等の委嘱
ページの先頭へ
  ご利用条件  |  個人情報保護 ©産総研