現在位置組織 > イノベーション推進本部 > 知的財産・標準化推進部 > 国際標準化活動

 

ナノテクノロジー国際標準化ワークショップ2018

ナノテクノロジー国際標準化ワークショップ2018
〜ナノテクノロジー国際標準化の広がり〜


開催趣旨

ナノテクノロジーの発展とともに、「ナノ」に関わる国際標準化はナノテクノロジーの標準化を審議する専門委員会ISO/TC229のみならず、様々な専門委員会(TC)で規格の開発が活発に行われており、日本の関係者も活発に活動しています。

今回のワークショップでは、ISO/TC229以外の専門委員会でも進展するナノテク標準化の最新動向とともにリエゾン関係のあるTCや関連団体の活動を紹介します。


開催概要 

ナノテクノロジー国際標準化ワークショップ2018
〜ナノテクノロジー国際標準化の広がり〜
 
日時 2018年2月16日(金)13:10〜16:20 (受付開始 12:30)
会場 東京ビッグサイト 会議棟1階 102会議室(nano tech 2018に併催して開催)
定員 100名(参加費無料、先着順、定員になり次第締切)
   
主催  国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノテクノロジー標準化国内審議委員会

プログラム

  司会:竹歳 尚之(ISO/TC229国内審議委員会 幹事)
   
13:10-13:35 「挨拶」及び「ISO/TC229における日本の標準化戦略」
  一村 信吾 ISO/TC229国内審議委員会 委員長
産業技術総合研究所 特別顧問
名古屋大学教授・イノベーション戦略室長/総長補佐
   
13:35-14:00 「ISO/TC6(紙、板紙及びパルプ)の標準化動向
                −セルロースナノマテリアルの試験規格提案動向−」
  小林 満 ISO/TC6 エキスパート
王子ホールディングス株式会社 イノベーション推進本部
CNF創造センター 上級研究員
   
14:00-14:25 「ISO/TC146(大気の質)/SC2(作業環境)の標準化動向
                −我が国の環境計測技術の普及促進−」
   大野 香代 TC146/SC1及びSC2,SC3,SC4国内審議団体 事務局
一般社団法人産業環境管理協会 環境管理部門
国際協力・技術センター所長
   
14:25-14:50 「ISO/TC61(プラスチック)の標準化動向 −市場の拡大と標準化−」
  宮入 裕夫 TC61技術委員会 (プラスチック)技術委員長
国立大学法人 東京医科歯科大学名誉教授
   
14:50-15:05 <休憩>
   
15:05-15:30 「ISO/TC276(バイオテクノロジー)−新たな潮流を支える標準化−」
  日置 達男 ISO/TC276/WG 4(バイオプロセッシング)コンビーナ
ISO/TC276 国内審議委員会 委員長
一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム(FIRM) 標準化部会 部会長
富士フイルム株式会社 再生医療事業部
   
15:30-15:55 「ISO/TC229/WG5の標準化動向 −ナノテク新規WG"Products & Applications"の活動と日本提案−」
  中江 裕樹 ISO/TC229国内審議委員会用語・製品・応用合同分科会主査
特定非営利活動法人 バイオチップコンソーシアム事務局長
   
15:55-16:20 「ISO/TC229 ナノテクノロジー国際標準化の動きについて(2017年活動報告)」
  竹歳 尚之 ISO/TC229国内審議委員会 幹事
ISO/TC229 JWG2 セクレタリ
産業技術総合研究所
  (敬称略)
※プログラム内容は都合により変更する場合がございます

お申し込み

 参加申込身の際にご提供頂いた個人情報は、取り扱いに注意するとともに、当ワークショップ開催の為のみ使用されるものであり、第三者への開示は致しません。
個人情報は「 国立研究開発法人産業技術総合研究所個人情報保護規程 」に基づき適正な管理を行っております。
http://www.aist.go.jp/aist_j/comp-info/pip/kitei.html
会場内で事務局により講演者を撮影する際に、参加された方々の後ろ姿が写真に撮影される場合があります事を予め御了承ください。

 申し込み締切は2018年2月13日(火)です。

 先着順です。定数となり次第応募受付を締め切らせていただきます。

 お申込みメールの送信後1週間たっても事務局から参加証メールが届かない場合には、
  お手数ですが事務局まで件名を「参加申込み確認」としてメールをお送りください。


【申込み先】
 Eメールに下記情報をご記入のうえ、件名を「ワークショップ参加申込み」として、ワークショップ事務局までお送りください。
 氏名(漢字):
 氏名(カナ):
 会社・組織名:
 所属・役職:
 メールアドレス:

送付先:nanows2018-entry-ml@aist.go.jp (ワークショップ事務局)

≪記入例≫
 件名:ワークショップ参加申込み
 氏名(漢字):産総太郎
 氏名(カナ):サンソウタロウ
 会社・組織名:国立研究開発法人 産業技術総合研究所
 所属・役職:○○センター ○○グループ長
 メールアドレス: ×××@aist.go.jp

お問合せ

 お問合せは事務局 までメールをお送りください。

 なお、問合せメールの件名は「ワークショップへの問合せ」としてください。


問合わせ先 (事務局)

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 知的財産・標準化推進部
ナノテクノロジー国際標準化ワークショップ 事務局

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1
電話 029-862-6234 FAX 029-862-6222
E-mail:nanows2018-entry-ml@aist.go.jp