イノベーションスクール

現在位置組織  > 総務本部  > イノベーションスクール  > スクール概要  > 講義・演習




目的

企業などで即戦力として活躍する博士人材に必要な、コミュニケーション力向上や研究経営に関する知識などの習得を目的としています。

講義・演習の概要

以下の3つのカテゴリーから成ります。

研究力を育む

研究の事例、研究の管理、知的財産管理の基礎、標準化と研究、及び目的基礎研究の研究方法論などを学び、研究を幅広く継続的に展開する能力とは何かを学んでいく。

連携力を学ぶ

経済産業省の研究政策、企業の研究現場、公設試験所の現状、及びグローバルな視点を学び、社会のさまざまな研究セクターと連携するための基礎知識を習得する。

人間力を磨く

ビジネスマナーの研修、グループワークと交流会によるコミュニケーション研修、プレゼンテーションの研修、及びキャリア開発の講義・演習を学び、コミュニケーションする能力を伸ばしていく。

講義風景       ページの先頭へ 

「科学コミュニケーション」 「インクルーシブデザイン」 「理事長の挨拶」
異分野の人に自分の専門をどう伝えるか学びます。 ユニバーサルでユニークなアイデアを出す演習です。 開校式では産総研理事長からの訓辞・激励の言葉が。
  
    27年度の講義・演習プログラム

受講の感想     ページの先頭へ  

・異分野との言葉・意識の違いを気づくいい機会だったと思います。
・大学では深く学ばないが、研究者として非常に重要なことを学んだ。
・目標の達成のための方法と役割・システムについて非常に多くの気づきがあった。
・モチベーションを高めてくれるような内容だった。