イノベーションスクール

  > 組織  > 総務本部  > イノベーションスクール  > 企業の皆様へ



企業の協力を得て若手博士人材を育成

産総研イノベーションスクール制度の趣旨を多くの企業の方々に理解いただき、博士人材の育成に協力いただいております。現在も、 スクール生(ポスドク研究員)の企業研修にご協力いただけそうな企業の皆様からのご連絡をお待ちしています。

研修協力企業として掲載させてください

協力企業一覧 に掲載させていただきますので、どのような分野での研修生を受け入れ可能か (どのような人材を期待されているのか)を 簡単にご連絡ください。
スクールへの入学を検討している応募者にとって有用な情報になると共に、スクール生(イノベーション人材育成コース生)とのキャリア面談の際に情報を活用させていただきます。

研修実施のための事務的作業  ページの先頭へ

企業研修の候補者 博士号取得者で、産総研の 「イノベーション人材育成コース生」として採用された者。
受入企業による面談 産総研イノベーションスクールが受入企業の希望に沿った「スクール生」を候補者として推薦。
受入企業が「スクール生」との面談により受け入れの可否を決定。
実施期間 原則として、2〜4ヶ月程度。受入企業の希望に沿って時期と期間を調整。
覚書の締結等 研修のテーマ・実施内容等の申し合わせ、守秘義務等の遵守事項に関する契約(覚書)を締結。
費用負担 産総研契約職員の研修として実施するため、研修に係る交通費・滞在費は産総研側が負担。
保険 研修期間中の事故等については労働基準法及び労働者災害補償保険法に基づき産総研が補償。
終了報告等 研修終了後、「企業研修受け入れ担当者による評価表」のご提出をお願いします。
その他 産総研ホームページ・広報誌等にイノベーションスクール企業研修への協力企業として社名を掲載させていただける企業様は、 お知らせください。


問い合わせ先                               ページ先頭へ


国立研究開発法人 産業技術総合研究所 総務本部 イノベーションスクール
〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1
電話:029-849-1600 (内線: 222-41600), FAX:029-862-6130 
Eメール:school-jimukyoku-ml@aist.go.jp