地質調査総合センター 地質情報研究部門

現在位置組織 > 地質情報研究部門 > 部門紹介 > ミッション

ミッション

  地質調査に関する我が国における責任機関として、国の知的基盤整備計画に沿って地質情報の整備と高度化を実施し、我が国の産業基盤を引き続き強化します。
  地質情報研究部門のミッションは、日本の国土および周辺海域を対象として地質学的な実態を明らかにし、陸域・海域地質情報を国の知的基盤として整備することにあります。日本は、四方を海に囲まれ、大地震や火山噴火が頻発する変動帯に位置します。このような地質条件の中、防災・資源・環境に関わる社会的な課題を解決し、社会の安全・安心で持続的発展を支える地質情報が求められています。そこで、最新の地質情報を整備し、その科学的根拠に基づいて地球の過去・現在を知り、地球環境の健全性の評価および自然災害発生リスクに関する科学的理解と将来予測を社会に発信します。これにより、@産業立地評価、自然災害軽減、資源の利用と地球環境保全、地下利用などに関する科学的根拠の提示、A地球を良く知り、地球と共生するための国民の科学的理解の増進、B国際貢献、C地質情報や調査技術による地質ビジネスの支援を目指します。

中長期目標・計画を達成するための方策

  地質調査のナショナルセンターとしての地質情報の整備を実施します。我が国の知的基盤整備計画に基づいて、国土およびその周辺海域の地質図、地球科学基本図のための地質調査を系統的に実施し、地質情報を整備します。具体的には下記になります。

  • 知的基盤整備計画に沿った地質図幅・地球科学図等の系統的な整備、及び1/20万シームレス地質図の改訂を行います。日本の陸域の地質情報を整備するとともに、地質情報としての衛星データの整備と活用を行います。
  • 南西諸島周辺地域の地質調査を着実に実施し、日本周辺海域の海洋地質情報の整備を行います。
  • 沿岸域の海陸シームレス地質情報の整備を行う。ボーリングデータを活用した都市域の地質・地盤情報を整備します。
  • 地質調査の人材育成を行います。