本文へ

受賞・表彰

2019年度

第18回(2019年度)APEX/JJAP 編集貢献賞 (応用物理学会) 受賞日 : 2020年03月12日

公益社団法人応用物理学会 第18回(2019年度)APEX/JJAP 編集貢献賞

【受賞者】
安井久一(テーラードリキッド集積グループ

【受賞理由】
Japanese Journal of Applied Physics (JJAP)の編集と査読への貢献のため。

第37回永井学術賞 楯 受賞者三上祐史 受賞日 : 2020年03月03日

第37回永井学術賞

【題名】
粉末冶金技術を用いた熱電変換材料の実用化研究

【受賞者】
三上祐史(電子セラミックスグループ

【受賞理由】
粉末冶金技術を用いた熱電変換材料に関する研究成果が認められ受賞に至った。

永井研究奨励金 楯 受賞者赤松貴文 受賞日 : 2020年03月03日

永井研究奨励金

【題名】
セラミックスを用いたガスセンサに関する研究

【受賞者】
赤松貴文(電子セラミックスグループ

【受賞理由】
セラミックスを用いたガスセンサの研究成果が認められ受贈に至った。

日本熱電学会 2019年 技術功績賞楯 受賞者申ウソク 受賞日 : 2019年09月04日

日本熱電学会 2019年 技術功績賞

【題名】
新規熱電デバイス開発及び評価技術の普及

【受賞者】
申ウソク 無機機能材料研究部門 研究部門付

【受賞理由】
高機能センサ等の熱電デバイスに関する研究及び熱電特性評価技術と装置開発の功績が認められ受賞に至った。

一般社団法人粉体粉末冶金協会 平成30年度 研究進歩賞賞状 受賞者増田佳丈 受賞日 : 2019年06月04日

一般社団法人粉体粉末冶金協会
平成30年度研究進歩賞

【題名】
セラミックスナノ構造粒子の液相合成に関する研究

【受賞者】
増田佳丈(電子セラミックスグループ

【受賞理由】
セラミックスナノ構造粒子の液相合成に関する研究が認められ受賞に至った。

2018年度

第32回エレクトロニクス実装学会春季講演大会 講演大会優秀賞賞状 受賞者金高健二 受賞日 : 2019年03月12日

第32回エレクトロニクス実装学会春季講演大会 
講演大会優秀賞

【題名】
共振器集積導波モード共鳴ミラーにおける導波路チャネル閉じ込めの影響

【受賞者】滝下直人1, 柳田謙一1, 井上純一1, 金高健二2, 裏升吾1
(1:京都工芸繊維大学、2:産総研 無機機能材料研究部門 高機能ガラスグループ

【受賞理由】
光回路表面実装のための共振器集積導波モード共鳴素子に関する研究成果が認められ受賞に至った。

第36回永井学術賞楯 受賞者増田佳丈 受賞日 : 2019年03月06日

第36回永井学術賞

【題名】
液相結晶成長による微細構造セラミックス素形材の開発

【受賞者】
増田佳丈 (電子セラミックスグループ

【受賞理由】
微細構造セラミックスの液相結晶成長に関する研究成果が認められ受賞に至った。

第22回 化学センサ研究会 清山賞 楯 受賞者申ウソク 受賞日 : 2019年01月25日

第22回 化学センサ研究会 清山賞

【題名】
触媒燃焼熱の精密計測を実現した集積化ガスセンサデバイス技術の開発とガスセンサのヘルスケアへの応用展開

【受賞者】
申ウソク (イノベーション推進本部大型連携推進室 室長/無機機能材料研究部門付)

【受賞理由】
熱電式ガスセンサの技術の開発とガスセンサのヘルスケアへの応用展開の研究成果が認められ受賞に至った。

日本セラミックス協会第38回エレクトロセラミックス研究討論会 奨励賞賞状 受賞者山口祐貴 受賞日 : 2018年11月16日

日本セラミックス協会第38回エレクトロセラミックス研究討論会 奨励賞

【題名】
「反応焼結法を用いた(Ba, Sr)(Co, Fe)O3空気極材料の低温作製」

【受賞者】
山口祐貴 (機能集積化技術グループ

【受賞理由】
固体酸化物形燃料電池の空気極を低温で作製する技術についての研究成果発表を行い、若手の発表の中で優秀と認められたため受賞に至った。

日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム グリ-ン・プロセッシングセッション 最優秀賞賞状 受賞者山口祐貴 受賞日 : 2018年09月06日

日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム グリーン・プロセッシングセッション 最優秀賞

【題名】
「複合酸化物微粒子粉体の合成温度にあたえる結晶構造の影響」

【受賞者】
山口祐貴 (機能集積化技術グループ

【受賞理由】
酸化物微粒子の革新的合成手法についての基礎的な研究成果発表を行い、若手の発表の中で最も優秀と認められたため受賞に至った。

日本セラミックス協会関西支部学術講演会 学術講演奨励賞賞状  受賞者篠崎健二 受賞日 : 2018年07月27日

日本セラミックス協会関西支部学術講演会 学術講演奨励賞

【題名】
ガラス構造制御に基づく新規フッ化物ナノ結晶化ガラスの創製

【受賞者】
篠崎健二 (高機能ガラスグループ

【受賞理由】
ガラス構造制御による結晶化挙動の制御と新規フッ化物ナノ結晶化ガラスの合成についての研究成果発表を行い、優秀と認められたため受賞に至った。

WORLD ACADEMY OF CERAMICS賞状 受賞者加藤一実 受賞日 : 2018年06月05日

WORLD ACADEMY OF CERAMICS

【題名】
The Title of Academician

【受賞者】
加藤一実 ((元)部門首席研究員)

【受賞理由】
溶液化学を基軸とした、強誘電体薄膜、多孔質光触媒膜、単結晶ナノキューブ等のナノサイズ機能性酸化物の集積に関する一連の研究成果と学際的活動に対して高く評価され、受賞に至った。

受賞日 : 2018年06月01日

第72回(2017年度)日本セラミックス協会賞 学術賞

【題名】
導電性材料と触媒材料を集積化したセラミックセンサ技術の研究

【受賞者】
申ウソク (無機機能材料研究部門)

【受賞理由】
導電性材料と触媒材料を集積化したセラミックセンサ技術に関する研究成果が認められ受賞に至った。

第72回 日本セラミックス協会 学術賞メダル 受賞者申ウソク 第72回 日本セラミックス協会 学術賞賞状 受賞者申ウソク
受賞日:2018年06月01日

第72回 (平成29年度) 日本セラミックス協会 進歩賞

【題名】
「ガラス構造と結合性に基づき設計された新規光機能ガラスおよび結晶化ガラスの創製」

【受賞者】
篠崎健二高機能ガラスグループ

【受賞理由】
ガラス構造と結合性に着目して材料設計された新規光機能ガラスおよび結晶化ガラスに関する研究成果が認められ受賞に至った。

第72回 (平成29年度) 日本セラミックス協会 進歩賞メダル 受賞者 篠崎健二 第72回 (平成29年度) 日本セラミックス協会 進歩賞賞状 受賞者 篠崎健二
日本セラミックス協会2018年年会 優秀ポスター発表賞 優秀賞賞状 受賞者篠崎健二 受賞日:2018年05月15日

日本セラミックス協会2018年年会 優秀ポスター発表賞 優秀賞

【題名】
「ZnO添加が及ぼすBaF2-B2O3ガラスのガラス構造および結晶化挙動への効果とアップコンバージョン特性」

【受賞者】
篠崎健二 (高機能ガラスグループ

【受賞理由】
新規透明BaF2ナノ結晶化ガラスの合成とそのアップコンバージョン発光特性に関する発表を行い、優秀と認められたため受賞に至った。

応用物理学会  2018年春季学術講演会PosterAward受賞 受賞者正井博和 受賞日:2018年04月01日

応用物理学会
2018年春季学術講演会PosterAward

【題名】
酸化物ガラスにドープされたスズのXAFS解析

【受賞者】
正井博和(高機能ガラスグループ

【連名者】
伊奈 稔哲1、壬生 攻2 (1. JASRI/SPring-8、2.名工大)

【受賞理由】
ガラスにおけるXAFS解析の妥当性に対する研究成果が認められ受賞に至った。

受賞日:2018年04月01日

応用物理学会2018年春季学術講演会PosterAward

【題名】
Ce添加BaF2-Al2O3-B2O5 ガラスの放射線誘起発光特性

【受賞者】
佐溝 隼大 (奈良先端大)

【連名者】
加藤 匠1、岡田 豪1、河口 範明1、篠崎 健二2、正井 博和2、柳田 健之1 (1.奈良先端大、2.産総研無機機能材料研究部門 高機能ガラスグループ))

【受賞理由】
酸フッ化物ガラスの放射線誘起発光特性に対する研究成果が認められ受賞に至った。

▲ ページトップへ

2017年度

第35回永井科学技術財団賞(奨励賞)楯 受賞者木村辰雄 受賞日:2018年03月06日

第35回永井科学技術財団賞(奨励賞)

【題名】
超分子鋳型法と酸化物縮合制御を融合させた遷移金属酸化物の高表面積化技術の開発

【受賞者】
木村辰雄 (物質変換材料グループ

【受賞理由】
酸化物材料の収縮現象をナノメートルレベルの多孔化技術に取り入れた新しい素形材開発に関する研究成果が認められ受賞に至った。

Outstanding Reviewer for Photochemical & Photobiological Sciences in 2017  受賞者 鎌田賢司 受賞日:2018年02月28日

Outstanding Reviewer for Photochemical & Photobiological Sciences in 2017

【受賞者】
鎌田賢司 上級主任研究員(機能調和材料グループ

【受賞理由】
英国王立化学会(RSC)発行の学術誌Photochemical and Photobiological Sciencesでの過去12ヶ月の査読の数、迅速性、そして査読の質において、2017年度のトップ10のOutstanding Reviewer(卓越査読者)の一人として、認知する。

つくばサイエンス・アカデミー テクノロジー・ショーケース2018 ベスト新分野開拓賞賞状 受賞者川田友紀 受賞日:2018年02月08日

つくばサイエンス・アカデミー テクノロジー・ショーケース2018 ベスト新分野開拓賞

【題名】
動きを生みだすゲル ─液晶の刺激応答性を利用した材料開発─

【受賞者】
川田友紀 産総研特別研究員(ハイブリッドアクチュエータグループ

【受賞理由】
テクノロジー・ショーケース2018におけるポスター発表プレゼンテーションが認められ受賞に至った。

【参考URL】
SAT テクノロジー・ショーケース 2018
http://www.science-academy.jp/showcase/17/

第12回 わかしゃち奨励賞(応用研究部門)優秀賞賞状 受賞者島田寛之 受賞日:2018年01月30日

第12回わかしゃち奨励賞
(応用研究部門)優秀賞

【題名】
水素の高効率電解製造を加速する新規ナノ複合化電極の研究開発

【受賞者】
島田寛之(機能集積化技術グループ

【受賞理由】
電気分解による水素の高効率高速製造を可能とするナノ複合化電極材料の研究が認められ受賞に至った。

【参考URL】
愛知県産業労働部 産業科学技術課ページ
http://www.pref.aichi.jp/san-kagi/kagaku/nurture/pd/29fy.html

受賞日:2017年11月16日

ET/IoT Technologyアワード 特別賞
(一般社団法人 組込みシステム技術協会主催の展示会において受賞)

【題名】
「ポータブル空冷式熱電発電装置」

【受賞者】
舟橋良次機能調和材料グループ

【受賞理由】
排熱や焚き火といった多様な熱源を利用して発電する熱電発電装置。
高温耐久性に優れた独自開発の酸化物材料を主成分とした熱電モジュールを使っており空冷が可能。審査委員会は、水冷用配管が不要で設置場所を選ばないためIoT用途に向いていることや、焚き火でも発電できるBCP的なメリット、材料をきっちりと押さえている点などを高く評価した。

ET/IoT Technologyアワード 特別賞賞状 受賞者 舟橋良次 ET/IoT Technologyアワード 特別賞楯 受賞者 舟橋良次
受賞日:2017年06月02日

第71回(平成28年度) 日本セラミックス協会賞(学術賞)

【題名】
「ナノ電極構造制御による電気化学セラミックス技術の研究」

【受賞者】
藤代芳伸(副研究部門長・機能集積化技術グループ

【受賞理由】
イオン伝導性セラミックスの微細構造制御技術及びデバイス化に向けた高度集積化プロセス技術の研究に基づき、次世代燃料電池技術に重要な機能性電気化学セラミックスの研究に大きな貢献を果たしたと認められ受賞に至った。

第71回(平成28年度) 日本セラミックス協会賞(学術賞)メダル 受賞者 藤代芳伸 第71回(平成28年度) 日本セラミックス協会賞(学術賞)賞状 受賞者 藤代芳伸
写真_日本セラミックス協会 2017年年会優秀ポスター発表賞 優秀賞賞状(山口祐貴) 受賞日:2017年05月17日

日本セラミックス協会
2017年年会優秀ポスター発表賞 優秀賞

【題名】
「含水ゲル原料を用いたYドープBaZrO3の合成」

【受賞者】
山口祐貴(機能集積化技術グループ

【受賞理由】
含水ゲルを原料に用いた新たな酸化物ナノ粒子合成技術についてのポスター発表を行い、優秀と認められたため受賞に至った。

▲ ページトップへ

2016年度

第34回 永井科学技術財団賞 学術賞 楯画像 受賞者申ウソク 受賞日:2017年03月02日

第34回 永井科学技術財団賞 学術賞

【題名】
セラミックス触媒を集積化したセンサデバイスの研究開発

【受賞者】
申ウソク(電子セラミックスグループ

【受賞理由】
熱電材料の開発から触媒材料の集積化とガスセンサデバイス、さらには医療機器の開発に関する研究成果が認められ受賞に至った。

平成28年度永井科学技術財団「素形材融合分野奨励金」の楯の画像 受贈者永田夫久江 受贈日:2017年03月02日

平成28年度永井科学技術財団「素形材融合分野奨励金」

【題名】
薬物送達システムに用いる有機/無機コアシェル型複合粒子の開発

【受賞者】
永田夫久江(粒子機能化技術グループ

【受贈理由】
生体に安全な材料で得られる無機/有機ナノハイブリッド粒子に関する研究が認められ受贈に至った。

平成28年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 優秀講演賞賞状の画像 山口祐貴受賞 受賞日:2016年12月10日

平成28年度日本セラミックス協会
東海支部学術研究発表会 優秀講演賞

【題名】
ペロブスカイト複合酸化物材料の新規低温合成法の開発

【受賞者】
山口祐貴(機能集積化技術グループ

【受賞理由】
ペロブスカイト酸化物の新たな合成法開発についての研究成果発表を行い、優秀と認められたため受賞に至った。

受賞日:2016年11月17日

the 33rd International Korea-Japan Seminar on Ceramics, Young Ceramist Best Presentation Award

【題名】
Highly Efficient Photoluminescence and Glass Structure in RE-doped Oxyfluoroborate Glass with High Fluorine Content

【受賞者】
篠崎健二(高機能ガラスグループ

【受賞理由】
第32回日韓セラミックス国際セミナーにおける新規高効率蛍光ガラスの開発と構造解析に関する講演が優秀と認められ、受賞に至った。

受賞日:2016年11月16日

第64回電気科学技術奨励賞

【題名】
マイクロ固体酸化物形燃料電池を用いた小型発電機の開発

【受賞者】
鷲見裕史(機能集積化技術グループ

【受賞理由】
LPG等の炭化水素を直接供給しても劣化しない燃料極を開発し、市 販のLPGカセットボンベで駆動かつ持ち運びが可能な高効率小型発電機を実証したため。

【参考URL】
公益財団法人 電気科学技術奨励会ホームページ
http://shoureikai.or.jp/awards/ceremony/64-notice.html
http://shoureikai.or.jp/img/awards/ceremony/64th_award.pdf

第64回電気科学技術奨励賞楯 受賞者鷲見裕史 第64回電気科学技術奨励賞賞状 受賞者鷲見裕史
受賞日:2016年10月24日

The Title of Fellow of The Society In Recognition of Notable Contributions to The Ceramic Arts and Science, The American Ceramic Society

【受賞者】
Kazumi Kato((元)部門首席研究員 加藤一実)

【受賞理由】
テーラードリキッド法の創始者として、オプトエレクトロニクス、強誘電体メモリ、 キャパシタ等の応用に向けたLiNbO3, SrBi2Ta2O9, BaTiO3等の強誘電体薄膜の低温プロセスの研究、 高性能光触媒応用に向けたTiO2等の半導体酸化物薄膜のナノ構造制御技術の研究、 最近では、BaTiO3ナノキューブ等のナノメーターサイズの単結晶をナノブロックとしてマイクロメーターサイズに高次構造制御し、 高品質なナノ単結晶と特異界面の性質を相乗することにより跳躍的性能を導いたナノクリスタル研究など、 未来型セラミック素子を先導する技術に関する研究開発の実績が評価されたため。

The American Ceramic Society フェロー受賞式写真 受賞者加藤一実 The American Ceramic Society フェロー受賞楯 受賞者加藤一実
受賞日:2016年09月05日

日本熱電学会 2016年学会賞

【受賞者】
舟橋良次機能調和材料グループ

【受賞理由】
酸化物熱電材料の研究と発電システムの開発成果が認められ受賞に至った。

>照明学会関西支部賞 賞状 受賞者 赤井智子 受賞日:2016年06月24日

照明学会関西支部賞

【題名】
光機能性ガラス材料、及びその光源ディスプレイへの応用

【受賞者】
赤井智子(高機能ガラスグループ

【受賞理由】
光機能性ガラス材料及びその光源ディスプレイへの応用の開発、蛍光体リサイクル技術の研究成果、及び学会支部活動への貢献

日本セラミックス協会フェロー楯 受賞者 加藤一実 受賞日:2016年06月03日

日本セラミックス協会フェロー

【受賞者】
(元)部門首席研究員 加藤一実

【受賞理由】
集積化エレクトロニクスのための溶液化学を一貫して追求し、前駆体構造制御による強誘電体薄膜の低温結晶化、 非鉛系圧電体の配向集積による特性向上、 多孔質酸化物膜のその場構造形成と光触媒活性の向上に関する研究を展開し、 関連分野の発展に寄与した。近年はナノクリスタル科学へ視野を広げ、 ナノメーターで均一サイズの立方体状単結晶(ナノキューブ)の合成、 それを配列集積したスーパー結晶膜の形成、 ナノキューブと三次元界面が誘発する特異性質に関する先導的結果を創出した。これらの研究成果は、 従来セラミックス技術の延長線上にない非連続な技術開発の扉を開く鍵となった。

受賞日:2016年06月03日

第70回 (平成27年度) 日本セラミックス協会 進歩賞

【題名】
未来型素子に向けた誘電体ナノキューブ規則配列体のプロセス開発

【受賞者】
三村憲一(テーラードリキッド集積グループ

【受賞理由】
誘電体ナノキューブの規則配列体の作製プロセス開発及びそれらの高い誘電特性に関する研究成果が認められ受賞に至った

>第70回 (平成27年度) 日本セラミックス協会 進歩賞楯 受賞者 三村憲一 >第70回 (平成27年度) 日本セラミックス協会 進歩賞 賞状 受賞者 三村憲一
受賞日:2016年04月20日

平成28年度科学技術分野 文部科学大臣表彰 科学技術賞

【題名】
溶液化学を基にしたナノクリスタル創製とデバイス化研究

【受賞者】
首席研究員 加藤一実

【受賞理由】
電子セラミック素子、触媒部材をはじめとする広い産業分野において既存技術の延長線上にない跳躍を導き、我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性が高い独創的な研究を行ったため。

【産総研ニュース】
 http://www.aist.go.jp/aist_j/news/prize/pr20160412_3.html

平成28年度科学技術分野 文部科学大臣表彰 科学技術賞 賞状 受賞者 加藤一実 平成28年度科学技術分野 文部科学大臣表彰 科学技術賞 楯 受賞者 加藤一実

▲ ページトップへ

2015年

第33回 永井科学技術財団賞 学術賞楯 受賞者 藤田麻哉 受賞日:2016年03月14日

第33回 永井科学技術財団賞 学術賞

【題名】
新規高効率固体ヒートポンプ・冷凍のためのエントロピクス材料開発

【受賞者】
藤田 麻哉 (機能磁性材料グループ)

【受賞理由】
磁気冷凍用の高効率磁気熱量効果材料の発見と開発を始めとするエントロピクス材料に関する研究成果が認められ受賞に至った。

平成27年度永井科学技術財団「素形材融合分野奨励金」楯 受贈者 伊豆典哉 受贈日:2016年03月14日

平成27年度永井科学技術財団「素形材融合分野奨励金」

【題名】
粒径の揃ったコアシェル型セラミックス/ポリマーナノ粒子のシェルへの光硬化性付与技術の開発

【受贈者】
伊豆典哉(テーラードリキッド集積グループ

【受贈理由】
コアシェル型セラミックス/ポリマーナノ粒子の研究成果が認められ受贈に至った。

▲ ページトップへ