本文へ

粒子機能化技術グループ

無機系粒子の新規な合成・機能化・デバイス化技術の開発を行うことによって、安心安全や 生活環境改善に資する機能性部材を提案します。具体的には、カプセル粒子やDDS素材として応用を目指した新規バイオコアシェルナノ粒子や、選択的吸着特性を持つナノ多孔質無機 粒子の開発を行っています。今後の環境用や医療用部材としての応用が期待されます。 また環境中にやさしい発色部材の新規な合成プロセス開発も進めています。

グループの研究課題

図1 図2
バイオコアシェル粒子の開発
無機シェル-有機コアから構成される新規ナノ粒子の開発。カプセル粒子やDDS部材としての応用を展開
選択的吸着分離剤の開発
様々な粒径や孔サイズを持つ多孔性無機物の 合成とその吸着分離剤としての応用を展開

グループの構成メンバー

役職 氏名
研究グループ長 永田 夫久江
主任研究員 大橋 優喜
主任研究員 堀内 達郎
主任研究員 楠本 慶二
主任研究員 稲垣 雅彦

お問合せ

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター
無機機能材料研究部門 粒子機能化技術グループ

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
Eメール:webmaster_ifmri-mlaist.go.jp


▲ ページトップへ