本文へ

物質変換材料グループ

革新的な機能発現と耐環境性や信頼性を両立させた産業部材の製造技術開発に向けて、各種ナノ構造制御を駆使した触媒材料或いはその利用技術の高度化を推進しています。研究テーマの方向性や目標は、企業ニーズを意識するとともに、資源制約や需給ギャップ等の社会情勢の変化を反映させながら、適切かつ柔軟に設定し、触媒作用や吸着現象を原子・分子レベルで理解、更にはその場観察技術を組み合わせることで、効果的な機能設計や触媒性能の最大化を実現していきます。

グループの研究課題

図

グループの構成メンバー

役職 氏名
研究グループ長 木村 辰雄
主任研究員 尾崎 利彦
主任研究員 三木 健
主任研究員 大橋 文彦
主任研究員 冨田 衷子
主任研究員 粕谷 亮
研究員 若林 隆太郎

お問合せ

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター
無機機能材料研究部門 物質変換材料グループ

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
Eメール:webmaster_ifmri-mlaist.go.jp


▲ ページトップへ