本文へ

機能集積化技術グループ

エネルギー・環境型セラミック電気化学デバイスの実現に向けて、機能材料のナノ構造制御や 複合化などを含む集積化技術開発を進めており,下記の課題等に取り組んでいます。

  1. 次世代の燃料電池や新規デバイスの創出に向けた材料・評価技術の開発
  2. 効率の高いエネルギー貯蔵・輸送を実現する物質変換セル・スタックの創製
  3. 高速充電の可能な全固体電池の実現に向けた材料技術の開発

グループの研究課題

図
図1 プロトン伝導セラミックス等各種電気化学セル部材の製造技術(左)や、水素の大量製造を可能 にする新規酸化物ナノ複合化陽極材料開発(右) など、次世代エネルギーデバイス研究を支援します。 図2 橋渡し研究として移動体やロボットなどへの応用が可能なコンパクトハイパワー燃料電池(左)や全固体蓄電池向けのセラミックス部材開発(右) に取り組んでいます。

グループの構成メンバー

役職 氏名
研究グループ長 藤代 芳伸
主任研究員 野村 勝裕
主任研究員 濱本 孝一
主任研究員 鷲見 裕史
主任研究員 島田 寛之
研究員 山口 祐貴
研究員 浜尾 尚樹
研究グループ付 山口 十志明

研究情報公開データベース


お問合せ

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター
無機機能材料研究部門 機能集積化技術グループ

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
Eメール:webmaster_ifmri-mlaist.go.jp


▲ ページトップへ