本文へ

無機機能材料研究部門イメージ画像

無機機能材料研究部門では、セラミックスや金属等の無機系新素材を主対象として、新機能粉体を創り出し量産化技術開発によりその実用化を図るとともに、 高機能デバイスやモジュールの構成に不可欠なバルク組織化技術の開発を進め、耐環境性と信頼性に優れた各種産業部材の提供を目指します。

更新履歴

2017/10/20
◆イベント(台風21号接近予報により中止)

第18回 五セラミックス研究機関(東工大-名工大-JFCC-AIST-NIMS)合同講演会(2017/10/23)
2017/10/13
◆プレスリリースなど ◆報道情報

原料の反応性を制御して多様なメソポーラス材料を合成
-細孔表面の性質を変えたメソスケールの化学反応場として期待-

(物質変換材料グループ 木村辰雄 グループ長)

2017/10/13 化学工業日報1面
2017/09/28
◆イベント

来訪研究者講演会 (2017/10/24)
Prof. Kevin Kendall (University of Birmingham, Adelan CEO)
Recent Topics on Microtubular Solid Oxide Fuel Cell (mSOFC) System in Mobile Applications
2017/09/07
◆報道情報

「新コスモス電機と共同開発した高速応答ニオイセンサに関して」
(テーラードリキッド集積グループ 伊豆典哉研究グループ長)

2017/09/07 日刊工業新聞、日刊工業新聞電子版(WEB)、ニュースイッチ(WEB)
2017/06/05
◆受賞・表彰

第71回(平成28年度) 日本セラミックス協会賞(学術賞)受賞
「ナノ電極構造制御による電気化学セラミックス技術の研究」
 藤代芳伸 (副研究部門長・機能集積化技術グループ研究グループ長)

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 無機機能材料研究部門

中部センター : 〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
関西センター : 〒563-8577 大阪府池田市緑丘1-8-31
Eメール:webmaster_ifmri-mlaist.go.jp


▲ ページトップへ