top

ABOUT US

カーボンニュートラルを実現するためには、再生可能エネルギーの大量導入と共に、低価格で高性能かつ安全性の高いエネルギー 貯蔵システムの開発が不可 欠です。当グループでは、レドックスフロー電池(RFB)やリチウムイオン電池(LiB)、全固体電池等の次世代二次電池に加えて、電気化学反応に基 づいた水素やCO2を利用した新規な貯蔵技術の開発など、エネルギー貯蔵システムを構成する各種要素技術 (材料・セル開発、安定性・性能評価、反応システム開発)の研究に取り組んでいます。高効率なエネルギー貯蔵技術の開発を推進し、 温室効果ガス削減・エネルギー資源の有効利用に貢献します。

NEWS & TOPICS

  • 佐藤 縁 総括研究主幹が電気化学会フェローを受賞しました。new
  • 兼賀 量一 研究員が触媒学会奨励賞を受賞しました。(2022.1.1)
  • 新たにエネルギー貯蔵システムグループが発足しました。(2021.6.1)