トップページへ戻る

固体酸化物エネルギー変換先端技術コンソーシアム(ASEC)公開シンポジウム

―固体酸化物形燃料電池(SOFC)の社会実装加速と革新技術の開拓を目指して―

主催: 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 固体酸化物エネルギー変換先端技術コンソーシアム(ASEC)


協賛: 一般社団法人 燃料電池開発情報センター(FCDIC)、SOFC研究会

とき:2016年11月17日(木)13:30−17:30

ところ:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター 別館ホール5A (会場ホール変更いたしました)
(〒104-0031 東京都中央区 京橋1-7-1 戸田ビルディング)会場のホームページ
参加費:無料



固体酸化物エネルギー変換先端技術コンソーシアム(ASEC)は、固体酸化物形燃料電池(SOFC)や固体酸化物電解セル(SOEC)を 研究・開発している企業・大学・研究機関と産総研が共同研究契約を結び、10年後に実用化するような革新的なエネルギー変換技術を研究開発するとともに、 技術開発シナリオを討論する戦略的な集団として2016年6月に発足しました。 本シンポジウムでは、その概要をご紹介するとともに、産総研でおこなっている当該分野研究・開発をご紹介いたします。 また、最新の開発トレンドについて招待講演をいただき、研究開発方向性について議論いたします。


☆プログラム

12:40 受付開始
13:30-13:40 主催者挨拶  産総研 担当理事(エネルギー・環境領域長)         小林哲彦
13:40-13:50 来賓挨拶   新エネルギー・産業技術総合開発機構 新エネルギー部 大平英二様

【産総研におけるSOFC-SOEC研究の取り組みご紹介】
13:50-14:10 固体酸化物エネルギー変換先端技術ラボ(ALSEC)
およびイノベーションコンソーシアム(ASEC)の設立について   ASEC事務局長     堀田照久
14:10-14:30 SOFC耐久性向上に関する取り組み        省エネルギー研究部門 山地克彦
14:30-14:50 再生可能エネルギーからのエネルギーキャリアとSOFC/SOEC 省エネルギー研究部門 嘉藤 徹
14:50-15:10 新規電気化学デバイス設計に関する基盤技術開発の取り組み 無機機能材料研究部門 藤代芳伸
                   15:10-15:30 休憩(コーヒーブレーク)
【招待講演】
15:30-16:00 最新家庭用SOFCの開発と今後の展望
                                    大阪ガス株式会社    鈴木 稔 様
16:00-16:30 再生可能エネルギー導入時の電力システムにおける燃料電池の役割
                               一般財団法人電力中央研究所  森田 寛 様
   
【パネルディスカッション】
16:40-17:20 SOFCの社会実装加速と今後のさらなる進展への期待と課題
東京大学生産技術研究所 鹿園直毅 教授(コーディネータ)、
パネラー:東北大学 川田達也 教授、大阪ガス 鈴木様、電中研 森田様 ほか
17:20-17:30 閉会挨拶 ASEC組織長 (省エネルギー研究部門長)             宗像鉄雄
 
17:40-19:15 意見交換会 (同館 ホール5Aにて) 参加費:5,000円

☆公開シンポジウムパンフレットはこちらからもダウンロードできます


◎参加申込締切(期間延長!まだお席はあります):2016年11月9日(水)

下記事項をご記入の上、下記メールアドレスにご送付ください。
1.氏 名:
2.ふりがな:
3.ご所属機関:
4.所属部署:
5.役職:
6.所属機関ご住所:〒
7.電話番号
8.E-mail:
9.意見交換会ご参加: 参加    不参加   (○をお付けください)
参加費は当日 受付時に直接 現金でお支払いください (参加費:5,000円)。

◎参加申込メール: asec-sec-ml@aist.go.jp

◎お問い合わせ
〒305-8565茨城県つくば市東1-1-1 つくば中央第5
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
固体酸化物エネルギー変換先端技術コンソーシアム(ASEC) 事務局
tel. 029-861-9362または029-861-3453


トップページへ戻る