TECH Meets BUSINESS
産業技術総合研究所が創出・支援するベンチャービジネス

Event主催イベント

平成29年度産総研発ベンチャーTODAY
~AIST・NEDO発の技術をビジネスへ~(2017.11.21開催)

産総研発ベンチャーTODAY ~AIST・NEDO発の技術をビジネスへ~(2017.11.21開催)

  • 日本経済新聞電子版ニュース「技術で作る未来」に、メスキュージェナシス(株)、フリッカーヘルスマネジメント(株)、ソシウム(株)の登壇の様子が掲載されました。>メディア紹介(2017.12.02)

開催概要

主 催 国立研究開発法人産業技術総合研究所
日本を元気にする産業技術会議
後 援 日本経済新聞社、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
協 力 一般社団法人エコッツェリア協会
日 時 平成29年11月21日(火)10:30~17:00(開場10:00)(途中入場、退場が可能です)
会  場 3×3 Lab Future サロン
所在地:東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階
【アクセス】
東京メトロ東西線・千代田線・半蔵門線・丸ノ内線、都営三田線
「大手町駅」(C10出口)より徒歩約2分
定 員 300名
参加費 無料
   

メッセージ

産業技術総合研究所(以下、産総研)は、先端的な研究成果をスピーディーに社会へ出していくため、ベンチャー企業の創出・支援に取り組んでおります。
このたび、産総研、NEDO発の技術をもとに事業を行うベンチャー企業と、事業会社、ベンチャーキャピタル等が集い、事業提携や投資に結び付けることを目的としたビジネスマッチングイベント「平成29年度産総研発ベンチャーTODAY」を開催します。
ベンチャー企業が「今」求めているものをピッチ形式でプレゼンし、製品等を展示で紹介することで、新規ビジネスのタネや投資の機会を探す企業とのマッチングに繋げます。

プログラム

10:00 開場、受付開始
10:30-10:35 開会挨拶
産業技術総合研究所イノベーション推進本部長
渡利 広司
10:35-10:50 【講演】産総研発ベンチャーの現状について
産業技術総合研究所イノベーション推進本部ベンチャー開発・技術移転センター
センター長 高井 一也
10:50-11:05 【講演】NEDO事業紹介と産総研との連携について
新エネルギー・産業技術総合開発機構イノベーション推進部主幹
吉岡 恒
ピッチ会ステージ1:カテゴリー “ライフサイエンス”
11:10-11:25 メスキュージェナシス株式会社 代表取締役 鍵山 直人
「間葉系幹細胞(MSC)利用プラットフォームの構築」
メッセージ:iPS細胞は進行した病期での組織・臓器の置換え等で有望、一方、間葉系幹細胞(MSC)は炎症抑制・組織修復など初期治療に効果的で、両細胞は補完的です。当社は、同種MSC利用プラットフォームを構築します。
11:25-11:40 フリッカーヘルスマネジメント株式会社 代表取締役 原田 暢善
「FHMシステムの新たなマーケットへの展開:課題は何か・対策は何か」
メッセージ:交通分野から調剤薬局およびドラッグストア分野に販路を拡大準備中。これまでの交通分野の活動が安全管理者の教本に掲載。次の分野への拡大に向けて、技術開発の基盤構築を終了し、提携先との接触の準備を開始。
11:40-11:55 ソシウム株式会社 代表取締役社長 高橋 学
「イノベイティブな創薬加速へ」
メッセージ:当社は医薬品等の共同開発事業を行います。計測・探索・評価をパッケージ化し、特に、層別化マーカー探索、ドラッグ・レスキュー/・リポジショニング、リン酸化解析を通じて創薬の加速を実現します。
ピッチ会ステージ2:カテゴリー “ものづくり/エレクトロニクス”
13:30-13:45 株式会社ナノルクス 代表取締役 祖父江 基史
「“真っ暗闇でもカラー撮影で安心安全” 赤外線カラー暗視技術の事業化 
~『カラー暗視カメラ』 ソリューション ~」
メッセージ:産総研で開発されたユニークな光学技術を利用して、独自の「赤外線カラー暗視撮影」により、真っ暗闇でも、近赤外線のみでカラー画像撮影を実現可能。ニーズに合わせた最適なソリューションを提供します。
13:45-14:00 株式会社トリマティス 取締役 白鳥 陽介
「新たなIoT向けセンサ、水中LIDARへの取り組み」
メッセージ:自動運転向けのセンサとして脚光を浴びているLIDARを、新たなIoT領域発展のため水中へ展開!ハードウェアベンチャーとして技術を培う当社の新たな取り組みをご紹介します。
14:00-14:15 つくばテクノロジー株式会社 執行役員経営企画室室長 齊藤 典生
「つくばテクノロジー株式会社 産総研発の革新的非破壊検査装置のご提供」
メッセージ:弊社は産総研発ベンチャーで革新的非破壊検査装置のご提供について発表し、弊社製品の販路を拡大いただける企業様を募集します。当日は検査業界、または将来的に参入希望の企業様のご来場をお待ちしております。
14:15-14:30 株式会社Photo electron Soul※ 代表取締役 鈴木 孝征
「光電子ビームでナノの世界を自在に操る」
メッセージ:40年ぶりの技術革新により創造される価値をご紹介します。 パートナー候補との接点を探しています。特に微細観測、微細加工分野に関連、ご関心をお持ちの企業様を想定しています。 また投資家さまとの出会いも期待しています。
14:30-14:45 宮島・名倉タスクフォース スタートアップ・アドバイザー 名倉 義幸
「マテリアルゲノム時代の材料設計支援事業」
メッセージ:新素材、新規加工法などの開発を加速させ、さらに蓄積した知(データ)を集結させる「マテリアルゲノムのハブ」となるようなイノベーションプラットフォームを構築し、新たな価値を社会に提供したい。
関連イベント:平成29年11月16日(木)新たな材料開発のための研究会発足記念講演会
公式サイト(参加申込フォームあり) ・ポスター(pdf)
ピッチ会ステージ3:カテゴリー “AI/IoT”
15:30-15:45 サイトセンシング株式会社 代表取締役 平林 隆
「PDRplus System〜自律航法をベースとした屋内外トラッキングシステム〜」
メッセージ:当社のPDRplus Systemは、(1)人・車両の屋内外測位をリアルタイムで実施 (2)GPSが届かない屋内・地下での測位 が特徴です。更にV-SLAMとの融合で、Fリフトの自動運転を目指しています。
15:45-16:00 Hmcomm株式会社 代表取締役 三本 幸司
「社会課題を解決するHmcommの音声認識技術。応用とその未来」
メッセージ: Hmcomm音声AIプラットフォーム"The Voice JP" は、社会的課題を音声認識によって解決するための基盤技術です。当社の世界最先端AI技術は、御社事業に全く新しい価値を生み出します。
16:00-16:15 株式会社クァンタリオン※ 代表取締役社長 露崎 典平
「世界初非決定論的(原子核自然崩壊応用)乱数生成器」
メッセージ:IoTでの認証は生命・財産に直接係わる問題である。原子核自然崩壊を応用した非決定論的真正乱数生成器を世界に先駆けて開発した。この重要無比の認証基盤を用いた機器やサービスを共同で開発し世界に発信したい。
16:55-17:00 閉会挨拶
産業技術総合研究所 フェロー
瀬戸 政宏
  • ご案内
  • 10:35-16:55の間、ピッチ会登壇企業による展示ブースをオープンしています。
  • 13:00-17:00の間、会場横のカフェスペースでコーヒーを無料で提供しています。
  • ピッチ会登壇企業中、※表示はNEDOベンチャー。

お問合せ

〒305-8560茨城県つくば市梅園1-1-1中央第一
産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 ベンチャー開発・技術移転センター
E-mail:dsu-koho-ml@aist.go.jp
TEL:029-862-6655