hydromate

メンバー

ラボ長 杉村 丈一(九州大学)
副ラボ長 山辺 純一郎(福岡大学)
副ラボ長 飯島 高志(産業技術総合研究所)
研究職  1名
招聘研究員 1名
外来研究員 2名
事務職  1名
ポスドク 2名
テクニカルスタッフ 2名
リサーチアシスタント 3名
アシスタント 1名

燃料電池が実用化され、さまざまな場面で水素をエネルギー媒体として利用する未来社会がみえてきました。輸送部門だけでなく、発電やエネルギー貯蔵・輸送の分野でも技術開発が進められています。水素は、いろいろな形で運んだり蓄えたりすることができる点がメリットの一つですが、燃料電池自動車で採用された高圧ガス方式は、今後もさまざまな場面で用いられることになります。   水素を利用する上で重要なことは可燃性ガスとしての安全確保ですが、これと同じく重要な課題は水素脆化です。多くの鉄鋼材料は、水素が入りこむと強度や延性が低下します。そのため、高圧水素インフラの諸機器は、水素脆化を起こしにくい、比較的強度が低く高価な材料を使って作られています。水素の本格普及のためには、低価格で高強度な構造材料を使用し、信頼性と経済性を両立させた水素システムを構築することが必要不可欠です。産総研と九州大学HYDROGENIUSでは、NEDO事業(水素利用技術研究開発事業)において、短期的な実用研究として、高圧水素インフラで使用できる材料種を広げるための強度データの蓄積と、データの裏付けとなる原理探求を行い、企業における製品開発や規制見直しに貢献してきました。しかし、より中長期的な観点で耐水素材料の低コスト化と強度向上を図り、次世代自動車分野やエネルギー分野の水素関連技術において世界をリードしていくためには、いまいちど基礎に立ち返った研究によって、水素脆化対策の新しい考え方を編み出していく必要があります。   HydroMateのねらいは、産総研つくばセンターと九州大学の水素分野の研究者が協力し、人的交流促進等を通じた研究連携の強化を図り、従来研究で欠けていたナノ・メソ・マクロの知見の融合、機械工学的知見と材料科学的知見の融合を行い、最先端の水素材料強度研究に取り組む体制を強化することです。複雑な水素脆化現象を素過程にわけ、材料の強度評価、水素の挙動解明、材料組織と破面の観察などを、ナノ・メソ・マクロのスケールで行い、それらの知見を集約して水素脆化の基本メカニズムの理解を深めていきます。将来的には得られた知見を、革新的耐水素材料開発に展開できることができるような成果を目指して研究に取り組んで参ります。