トピックス

平成24年度次世代バイオナノ研究会のご案内

おかげ様で本シンポジウムは盛況のうちに終了しました。
当日は多数のご参加を頂き有難うございました。




平成24年度次世代バイオナノ研究会
  ~次世代シークエンサーとがん診断の最前線~

【主 催】 産業技術総合研究所
【協 賛】 日本化学会、応用物理学会、日本薬学会、日本分析化学会
【後 援】 日本癌学会
【会 期】 1月18日(金)13時~16時30分
【会 場】 サンポートホール高松5階54会議室(香川県高松市サンポート2-1)
[交通] JR高松駅より徒歩すぐ   サンポートホール高松アクセス


【参加費】 無料
【参加申込締切】  定員(100名)になり次第
【参加申込方法】  ページ下段【参加申込フォーム】より申込み下さい。

【事務局連絡先】
(独)産業技術総合研究所 健康工学研究部門
 次世代バイオナノ研究会事務局
 〒761-0395 香川県高松市林町2217-14
 電話:087-869-3571 FAX:087-869-4113
 E-mail:bionano-ml(の後ろに@aist.go.jp)


【プログラム】
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.開会の挨拶(13:00~13:05)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.特別講演(13:05~14:05)
次世代シークエンサー研究の最前線
 川合 知二 先生(大阪大学 産業科学研究所 特任教授)

 個別医療・予防さらには創薬開発などの基盤技術として、超高速DNA・RNAシークエンサーの開発が急速に進んでいる。世界で活発に研究が行われている次世代および次々世代のシークエンサー開発の現状と将来について、特に、ナノポアを用いた1分子DNA・RNAシークエンサーについて講演する。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.講演2(14:05~14:45)
体液エクソソームによる遺伝子情報の伝達と診断治療への応用
 落谷 孝広 先生(国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野 分野長)

 近年,体液に存在する100ナノメーターの小胞顆粒であるエクソソームと、そこに内包されるマイクロRNAなどの遺伝情報物質の存在に注目が集まっている。特にがんを始めとする疾患の病態やステージなど、ヒトの生理状態によってその分泌量やマイクロRNAの種類が大きく変化するため、血液等の体液を利用した非浸襲的な診断用バイオマーカーとしての開発が急務であり、本講演では体液マイクロRNA診断を可能にするためのプラットホーム技術の最新情報を紹介する。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇休憩(14:45~15:05)◇
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.講演3(15:05~15:45)
エピジェネティクスから迫るがんの診断と治療
 近藤 豊 先生(愛知県がんセンター研究所 分子腫瘍学部 室長)

エピゲノム異常は、ほぼすべてのがん細胞に存在し、がんの発生早期から病態に影響している。エピゲノム異常の検出は新しい診断法として、またエピゲノム治療薬は新しいがん治療戦略の一つとして、応用が期待できる。最新のがんエピジェネティクス研究について述べたい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.講演4(15:45~16:25)
小分子蛍光プローブの開発による新たな細胞機能・疾患イメージング
 浦野 泰照 先生(東京大学大学院 医学系研究科 教授)

 演者らは、蛍光ライブイメージング技法に必須となる蛍光プローブの論理的かつ汎用性の高いデザイン法を世界に先駆けて確立し、様々な細胞応答可視化蛍光プローブの開発に成功してきた。最近では、がん細胞を選択的に検出可能な蛍光プローブの開発にも成功し、生きている動物個体内の微小がん部位を明確に検出することにも成功した 。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6.閉会の挨拶(16:25~16:30)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
参加申込フォーム(受付は終了しました )

※発表会の参加証は発行致しません。
※定員に達した場合にのみご参加いただけない旨ご連絡致します。

※上記に記載いただいた個人情報は、本発表会に関する連絡に使用し、適正な管理に努めます。

 

 

ページのトップへ