研究グループ紹介

生体分光解析研究グループ(H26年度まで)

グループ技術シーズ お問い合わせ

先進的な光科学を用いて、生体分子測定技術の開発、生体ナノ構造・機能の解析、生体への光の影響解明に取り組んでいます。

研究紹介

  具体的な研究テーマは

  • 金属ナノ構造(プラズモニックチップ)を用いた増強蛍光法による高感度バイオセンシングやイメージング技術の開発
  • 高エネルギー放射光X線顕微鏡の開発
  • 照明技術の生体への影響に関する研究
  • 膜たんぱく質等の電子顕微鏡によるナノ計測技術の開発
  • ナノ材料等の機能材料を用いた光学式健康阻害ガスセンサの研究と、蛍光試薬用量子ドット系材料の細胞毒性評価

   

メンバーと主な担当課題

氏名 役職 主な研究テーマ
田和 圭子 研究グループ長 ・金属ナノ構造(プラズモニックチップ)を用いた増強蛍光法による高感度バイ オセンシングやイメージング技術の開発
安藤 昌儀 上級主任研究員 ・ナノ材料等の機能材料を用いた光学式健康阻害ガスセンサの研究と、蛍光試薬用量子ドット系材料の細胞毒性評価
田村 繁治 主任研究員 ・高エネルギー放射光X線顕微鏡の開発
・照明技術の生体への影響に関する研究
川崎 一則 主任研究員 ・膜たんぱく質等の電子顕微鏡によるナノ計測技術の開発

 

業績リストへ 

ページのトップへ