研究グループ紹介

くらし情報工学研究グループ(H26年度まで)

グループ技術シーズ お問い合わせ

安全で安心できる快適な生活の実現を目指し、日常生活の暮らしぶりを理解して必要な時に必要な生活サービスを提供する技術や、人間の認知・生理・行動特性の理解に基づく人間との適合性の高い機器や生活空間を創りだす技術開発を推進しています。

研究紹介

当グループでは、

  • 非侵襲計測を用いて高精度に脳活動を計測・可視化する技術を基盤にヒトの認知・行動言語記憶の神経基盤と脳機能障害の病因の解明を目指した研究を推進しています。
  • 骨導超音波知覚を用いた重度感音性難聴者も使用可能な新しいタイプの補聴器を開発し明瞭度や快適性の向上のための研究を行っています。
  • バーチャルリアリティ・システムを用いて動的な3次元知覚のモデル化や3次元映像の不快性の定量的に評価し低減させる技術の開発を行っています。
  • 心拍変動などの生理信号を計測することにより、日常生活中の様々な気分状態や疲労度の変化を推定する技術の開発を行っています。

当グループの独自技術・装置として 脳波・脳磁界計測システムおよび脳活動可視化技術、防音室・無響室、骨導超音波補聴技術、味覚・嗅覚刺激システム、CAVEバーチャルリアリティシステム、生活見守り技術実験住宅、MRI装置 などがあります.

研究内容

メンバーと主な担当課題

氏名 役職 主な研究テーマ
達 吉郎 副研究部門長
(兼)研究グループ長
 
中川 誠司 上級主任研究員 聴覚メカニズムの解明と医用・福祉・人間工学への応用
渡邊 洋 主任研究員 VRを用いた映像酔い,立体視覚疲労低減技術の開発と,映像の生体安全性に関する国際標準化活動
吉野 公三 主任研究員 生活中の生理行動計測に基づく心理・生活パターン評価と応用
添田 喜治 主任研究員 ヒトの知覚・認知機構に基づく音環境評価・デザイン手法の開発
梅村 浩之 主任研究員 人間の認知機能の理解を通した臨場感・操作感の解明
岩木 直 (兼)グループ付
脳機能計測・解析技術の開発と認知・行動評価・脳機能診断への応用
岡本 洋輔 テクニカルスタッフ 心理的・生理的評価に基づく快適光環境設計手法の開発
大塚 明香 産学官制度来所者 脳磁界計測によるヒト聴覚中枢処理機能の解明

業績リストへ

ページのトップへ