研究グループ紹介

組織・再生工学研究グループ(H26年度まで)

グループ技術シーズ お問い合わせ

再生医療の早期実用化を目指して、医療技術に資する幹細胞の増殖分化誘導技術の開発から、それを支える再生医学を含む基礎医学生物学まで幅広い研究を展開中です。

研究紹介

私たちは、骨髄間葉系幹細胞を用いて、これまで国内屈指の100症例もの再生医療の臨床研究を行ってきました。 そのほとんどが自家細胞の局所移植でしたが、現在は先天的に骨形成障害を持つ患者さんに他家細胞を全身移植しています。 その結果、これまでと同様、副作用も無いどころか、大変目覚ましい効果を上げています。このように安全かつ有効な間葉系幹細胞治療法をさらに別の疾患に対する再生医療にも拡げようとしています。また、この再生医療用細胞は、現在、非常に高い清浄度を保つセルプロセッシングセンターで製造しています。しかし、それは大型製造施設ならではのコスト等の問題も抱えていて、これに将来代替する新しい製造システムも開発しています。

こうした臨床指向の応用研究の一方で、私たちは基礎研究にも積極的に取り組んでいます。一つが、細胞表面形態-細胞接着の相互制御機構に関する研究で、さまざまな病態解明と治療法開発を目指しています。もう一つが、新しい実験動物として、高分解能in vivoイメージングに適したメダカを用いたリンパ管再生機構の解明や疾患モデルを開発する試みです。

 

研究内容

ページのトップへ

メンバーと主な担当課題

氏名 役職 主な研究テーマ
弓場 俊輔 研究グループ長 間葉系幹細胞治療法の開発
再生医療用アイソレータの開発
メダカを用いた組織再生促進因子等の探索
疾患モデルメダカの開発
立花 宏一 主任研究員 細胞表面微細構造による接着制御機構の解明
大串 始 招聘研究員 間葉系幹細胞治療法の開発
骨再生医療における臨床評価

業績リストへ

ページのトップへ