研究グループ紹介

生体分子創製研究グループ

グループ技術シーズ お問い合わせ

生体分子を知り、生体分子を操ると言う視点から生体分子の機能構造基盤の解明や生体または細胞に適合する新規機能性バイオ材料の創製とその機能化技術の開発を行っています。

研究紹介

1)生分解性材料と生体機能分子との複合化により、再生医療における新たな治療法に結びつく機能性生体適合性材料の開発研究を行っています。また、材料の生体吸収性をin vitroで評価する技術開発を進めています。

2)健康創薬技術開発に利用可能なシグナル分子・代謝系酵素・転写因子等の有用タンパク質を題材にして物性・構造・機能の解明に取り組み、安定性・溶解性・機能の改良を試み新規高機能蛋白質・産業用酵素の設計・開発を行っています。

3)また、産総研バイオ材料コンソーシアム活動を通じて、バイオ材料分野における基礎研究から応用研究までの情報発信・情報交換と人的交流、同分野のネットワーク構築を進めていきます。

産総研バイオ材料コンソーシアム

研究内容

メンバーと主な担当課題

氏名 役職 主な研究テーマ
上垣 浩一 研究グループ長 生体分子の集積化・高機能化の研究
中山 敦好 主任研究員 生分解性材料の機能化
山野 尚子 主任研究員 生体適合性材料の機能評価法の開発
河田 悦和 主任研究員 応用微生物学
中村 努 主任研究員 酸化ストレス反応の分子メカニズム解明
川崎 典起 主任研究員 生体適合性材料の合成と物性評価

業績リストへ

ページのトップへ