生体ナノ計測研究グループ

健康状態を可視化するバイオセンシング技術の産業技術化を目指して、高感度生体分子検出、バイオチップ、1細胞解析技術などを中心に、基礎から応用まで幅広い研究開発を進めています。

研究紹介

研究紹介
健康状態の可視化を実現するため、最先端のバイオセンシング技術を駆使し、
  1)分子診断技術の確立と実用化を目指した高感度生体分子検出
  2)生体試料中のマーカー物質や細胞などを解析するバイオチップ
  3)新しい研究ツールや診断などを目指した1細胞解析技術
以上の目的基礎研究と産業界への橋渡しを推進します。

メンバーと主な担当課題

生体ナノ計測研究グループのメンバー写真

研究成果 
氏 名    役 職

主な研究テーマ

G.S.

PAT

AIST

山村 昌平  研究グループ長

1細胞解析および診断を目指した細胞チップ

G.S.

PAT

AIST

伊藤 民武  上級主任研究員

個人Webページ

金属ナノ粒子の量子光学と分光学

G.S.

PAT

AIST

田中 芳夫  主任研究員

個人Webページ

光ピンセットの高機能・汎用化と健康工学への応用

PAT

AIST

渕脇 雄介  主任研究員

分子診断用マイクロ流体デバイス

G.S.

宮島 久美子 研究員

浮遊病原体計測システムの開発

G.S.

重藤 元   研究員

バイオセンシングプローブを用いた単一細胞モニタリング

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

AIST

産総研データベース:

PAT

産総研特許情報:

G.S.

Google Scholar:

ページトップへ

研究グループ紹介