界面・材料研究グループ

界面で起こる現象について分子レベルでの構造観察を行って解析し、センシング素子や分子プローブなどの機能性材料の開発に展開することを目標に研究を進めています。

研究紹介

生体内や界面で起こる分子レベルの相互作用に着目し、分子プローブや界面修飾剤などの機能性有機材料を開発しています。

1. 生体内情報を分光学的情報へ変換する分子プローブの開発

研究紹介

2. 低吸着性・低毒性の界面構築法の開発

抗原抗体反応センシング素子の構築(模式図)
レクチン認識素子の構築(模式図)

3. 界面化学状態の観察

FM-AFMによるバクテリオロドプシンの観察
STMによる化学修飾HOPG表面の観察

メンバーと主な担当課題

研究成果
氏 名    役 職

主な研究テーマ

P

G.S.

鎮西 清行 研究グループ長
(兼務)

医療機器レギュラトリーサイエンス:医療機器プログラム開発支援SCC、医療ロボット安全性、手術の生体力学

澤口 隆博  主任研究員

新規ナノ構造分子膜の構築と原子・分子レベル表面構造解析および機能評価

P

G.S.

鈴木 祥夫  主任研究員

ResearchGate

生体物質を計測するための機能性材料の開発

平田 芳樹  主任研究員

原子間力顕微鏡を用いた界面構造解析と観測手法の開発

P

G.S.

小川 昌克  主任研究員

脂質に関連した細胞内イメージング

蛍光プローブ設計・合成

リポソームを利用した生体分子の機能解析

P

G.S.

岡田 智   研究員

MRI等分子イメージングプローブ、ケミカルバイオロジー、機能性ナノ粒子

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons: