界面・材料研究グループ

界面で起こる現象について分子レベルでの構造観察を行って解析し、センシング素子や分子プローブなどの機能性材料の開発に展開することを目標に研究を進めています。

研究紹介

界面では分子レベルでの相互作用による様々な現象が起き、細胞膜機能はその代表的な例として知られています。当グループでは、界面で起こる現象について分子レベルでの構造観察を行って解析し、センシング素子や分子プローブなどの機能性材料の開発に展開することを目標として研究を進めています。

1. 材料開発

界面現象解析で得た様々な知見を基盤に分子設計・合成を行い、機能性材料の開発を行っています。
非特異吸着抑制材料、タンパク質固定化材料、表面解析プローブ材料、レクチン認識材料
タンパク質可視化分子プローブ

2.界面構築法開発

AFMやSTM観察結果を指標に、分子レベルでの配向制御を行い目的とする機能を発現する界面構築法を開発しています。
抗原抗体反応センシング素子の構築(模式図)
レクチン認識素子の構築(模式図)

3.分子構造観察

分子レベルでの構造観察可能なAFMやSTM観察を行って界面現象を解析し、材料開発や界面構築法開発への知見を収集しています。
FM(周波数変調検出型)−AFMによるバクテリオロドプシン三量体の二次元結晶の観察
STMによるフェロセン導入ジアゾニウム塩で修飾したHOPG表面の観察

メンバーと主な担当課題

研究成果 
氏 名    役 職

主な研究テーマ

R

G.S.

G.S.

PAT

AIST

黒澤 茂 研究グループ長

機能性材料合成と界面構築法の開発、
センシング素子を用いた分析技術に関する研究

PAT

AIST

澤口 隆博  主任研究員

新規ナノ構造分子膜の構築と原子・分子レベル表面構造解析および機能評価

R

G.S.

PAT

AIST

鈴木 祥夫  主任研究員

ResearchGate

生体物質を計測するための機能性材料の開発

PAT

AIST

平田 芳樹  主任研究員

原子間力顕微鏡を用いた界面構造解析と観測手法の開発

R

G.S.

岡田 智   研究員

MRI等分子イメージングプローブ、ケミカルバイオロジー、機能性ナノ粒子

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

AIST

産総研データベース:

PAT

産総研特許情報:

G.S.

Google Scholar:

R

ResearchID:

ページトップへ

研究グループ紹介