生活環境制御研究グループ

健康を維持するために、健康リスク因子の除去・無害化技術や生体影響評価技術を開発しています。また、健康増進につながる基盤技術として、食品に含まれる健康機能性成分の標準定量分析法を開発しています。

研究紹介

研究紹介
研究紹介
研究紹介
無機系吸着剤の細孔制御技術や抗菌成分の徐放技術を活用し、水環境中に含まれる微量でも有害なイオンや微生物の除去・無害化に取り組んでいます。健康への悪影響が懸念されるナノ物質については、細胞を用いた生体影響の評価系を開発しています。
さらに、食品中の健康機能性成分の定量分析マニュアルを拡充し、地域食品産業の活性化に貢献します。

メンバーと主な担当課題

生活環境制御研究グループのメンバー写真

研究成果
氏 名    役 職

主な研究テーマ

P

G.S.

槇田 洋二  研究グループ長

有害イオン除去技術の開発

水環境の抗菌技術の開発

P

G.S.

苑田 晃成  上級主任研究員

有害イオン除去技術の開発

ファインバブルの応用技術の開発

P

小比賀 秀樹 主任研究員

食品機能性成分の定量分析法の開発

水処理おける微生物評価

P

G.S.

堀江 祐範  主任研究員

ナノ物質の生体影響評価技術の開発

食品機能成分の探索

P

田部井 陽介 主任研究員

ナノ物質の生体影響評価技術の開発

吉原 久美子 主任研究員

接着材料の接着メカニズムの解明

セラミック材料の評価

P

杉浦 悠紀  研究員

無機材料の成型及び物性制御

コンビネーション医療材料の開発

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons: