細胞光シグナル研究グループ 業績リスト

主なプロジェクト

  1. 2017年度~ 経済産業省「機能性材料の社会実装を支える高速・高効率な安全性評価技術の開発-毒性関連ビッグデータを用いた人工知能による次世代型安全性予測手法の開発-(リアルタイム発光測定による細胞内シグナル伝達動的変化の定量化及び毒性発現メカニズムの解析)」、中島機関代表
  2. 2017~2018年度 香川県 先端技術活用型研究開発支援事業「米エキスの機能性素材開発」、中島機関代表
  3. 2017~2019年度 科研費若手(B)「糖尿病発症時の膵β細胞に発現するグルタミン酸受容体活性化シグナルの解明」、室冨代表
  4. 2016~2018年度 経済産業省 国際標準化事業「発光株化培養細胞の保存管理法に関する国際標準化」、中島代表
  5. 2016~2018年度 科研費基盤(B)「マイクロRNA機能のダイナミズム可視化システムの開発」、中島代表
  6. 2016~2017年度 厚労科研費「免疫毒性評価試験法Multi-ImmunoToxicity assayの国際validationへ向けての検討」、中島分担
  7. 2016~2017年度 経済産業省 化学物質安全対策「発光レポーターを導入したマウス初代肝細胞を用いたin vitro肝毒性試験法開発に関する調査」、中島代表
  8. 2016~2017年度 香川県 機能性食品開発支援事業「新規生体機能性評価試験法の開発に関する研究」 、中島代表
  9. 2016~2017年度 香川県 先端技術活用型研究開発支援事業「柿茶に含まれる機能性成分の強化と動物試験等による健康機能性評価」、安部機関代表
  10. 2015年度 香川県 機能性食品産業強化事業費補助金「柿茶の食品機能性表示の可能性調査」、安部機関代表
  11. 2013年度 経済産業省 化学物質安全対策「in vitro簡易有害性試験法の利用促進調査」 、中島機関代表
  12. 2013~2015年度 科研費若手(B)「ナノチップによる巨大環状DNA1分子の実時間ダイナミクス解析」、平野代表
  13. 2013~2015年度 科研費若手(B)「時計遺伝子発現変動と糖尿病性血管障害との相互関係の解明」、室冨代表
  14. 2012年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEPシーズ顕在型)「マルチウェルプレート対応生細胞リアルタイム多色発光測定装置の開発」、中島代表
  15. 2012年度 経済産業省 環境対応技術開発等「培養細胞を活用した有害性評価手法のOECDテストガイドライン化に向けた調査研究」 、中島機関代表
  16. 2011~2016年度 経済産業省「石油精製物質等の新たな化学物質規制に必要な国際先導的有害性試験法の開発(肝臓毒性、腎臓毒性及び神経毒性in vitro 試験法の開発)」、中島機関代表
  17. 2011年度 経済産業省 環境対応技術開発等(高機能簡易型有害性評価手法の開発における培養細胞を用いた有害性評価法のOECDテストガイドライン化)「免疫毒性試験バリデーション」 、中島機関代表
  18. 2011~2013年度 科研費若手(B)「新規育種技術による糖鎖改変酵母を利用した糖鎖機能の解析」、安部代表

ページトップへ

研究グループ紹介