細胞光シグナル研究グループ

生物時計や免疫応答などの生体メカニズムを生物発光技術を用いて可視化するとともに、機能性成分や高機能化した有用タンパク質により生体機能を制御するための技術を開発しています。

研究紹介

研究紹介
私達は健康な生き方の創出に貢献するために「生体の機能を可視化し、制御する技術」の開発を目指しています。健康を支え、守るためには生体の状態を正確に理解することが重要です。そこで当グループでは、多種多彩な発光レポーター遺伝子および発光計測法の開発、さらには発光細胞を用いた新規セルベースアッセイ系の開発を進めています。これらの成果は「細胞内シグナル伝達の時系列変動の可視化」、「薬剤スクリーニングデバイスの開発」、「化学物質の細胞毒性評価系の確立」「生体時計や免疫機能を調節する物質の発見」に結実するとともに、企業による製品化の支援にも役立ちます。さらには、これらの技術開発によって見つかった機能性物質の生産・高機能化を行い、生体機能を制御する技術開発にも積極的に取り組んで行きます。

メンバーと主な担当課題

研究成果 
氏 名    役 職

主な研究テーマ

R

G.S.

PAT

AIST

中島 芳浩  研究グループ長

生体機能の可視化及び制御技術開発

R

G.S.

PAT

AIST

安部 博子  主任研究員

生体制御物質生産のための宿主開発及び制御物質の探索

R

G.S.

PAT

PAT

AIST

平野 研   主任研究員

researchmap

生体分子・細胞の光計測技術開発と1分子生物物理学

R

G.S.

PAT

AIST

室冨 和俊  主任研究員

中枢神経系疾患及び生活習慣病の予防・早期診断技術開発

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

AIST

産総研データベース:

PAT

産総研特許情報:

G.S.

Google Scholar:

PAT

H5~の公開特許公報: