生体材料研究グループ 業績リスト

誌上発表 国際誌

  1. S. Pang, X. Li, D. Wu, H. Li and X. Wang, “Tuning inflammation response via adjusting microstructure of hydroxyapatite and biomolecules modification,” Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 177, 496-505 (2019)
  2. T. Karakida, K. Onuma, Mari M. Saito, R. Yamamoto, T. Chiba, R. Chiba, Y. Hidaka, K. Fujii-Abe, H. Kawahara, Y. Yamakoshi, “Potential for drug repositioning of midazolam for dentin regeneration,” Int. J. Mol. Sci., 20, 670, (2019)
  3. X. Wang, S.  Ihara, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, Y. Watanabe, N. M. Tsuji, A. Yamazaki, “Si-doping increases the adjuvant activity of hydroxyapatite nanorod,” Colloids Surf B Biointerfaces, 174, 300-317 (2019)
  4. Y. Okazai, E. Goto, A. Mori, “Strength-durability correlation of osteosynthesis devices made by 3D layer manufacturing,” Materials, 12, 436-453 (2019)
  5. G. Qian, X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, J. Ye, “Immuno-potentiating vehicle made of mesoporous silica-zinc oxide micro-rosettes with enhanced doxorubicin loading for combined chemoimmunotherapy,” Chem Commun 55, 961-964 (2019)
  6. Y. Yanagisawa, A. Ito, Y. Hara, H. Mutsuzaki, S. Murai, K. Fujii, Y. Sogo, M. Hirose, A. Oyane, F. Kobayashi, M. Yamazaki, “Initial clinical trial of pins coated with fibroblast growth factor 2-apatite composite layer in external fixation of distal radius fractures,” Journal of Orthopaedics, 16, 69-73 (2018)
  7. Y. Okazaki, M. Hosoba, S. Miura, T. Mochizuki, “Effects of knee simulator control method and radiation dose on UHMWPE wear rate, and relationship between wear rate and clinical revision rate in National Joint Registry,” J Mech Behav Biomed Mater 90, 182-190 (2018)
  8. X. Li, X. Wang, A. Ito, “Tailoring inorganic nanoadjuvants towards next-generation vaccines,” Chem Soc Rev, 47, 4954-4980 (2018)
  9. M. Iijima, K. Onuma, “Particle-size-dependent octacalcium phosphate overgrowth on β-tricalcium phosphate substrate in calcium phosphate solution,” Ceram Int, 44, 2146-2157 (2018)
  10. M. Iijima, K. Onuma, “Roles of fluoride on octacalcium phosphate and apatite formation on amorphous calcium phosphate substrate,” Cryst Growth Des, 18, 2279-2288 (2018)
  11. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, Y. Watanabe, K. Hashimoto, A. Yamazaki, T. Ohno, N. M. Tsuji, “Synergistic effects of stellated fibrous mesoporous silica and synthetic dsRNA analogues for cancer immunotherapy,” Chem Commun, 54, 1057-1060 (2018)
  12. X. Li, M. A. Shenashen, X. Wang, A. Ito, A. Taniguchi, S. A. EI-Safty, “Mesoporous caged-γ-AlOOH-double-stranded RNA analog complexes for cancer immunotherapy,” Advanced Biosystems, 2, 1700114 (2018)
  13. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, Y. Watanabe, N. M. Tsuji, T. Ohno, “Biodegradable metal ion-doped mesoporous silica nanospheres stimulate anticancer Th1 immune response in vivo,” ACS Appl Mater Interfaces 9, 43538-43544 (2017)
  14. X. Li, M. A. Shenashen, X. Wang, A. Ito, A. Taniguchi, S. A. EI-Safty, “Hierarchically porous, and Cu- and Zn-containing gamma-AlOOH mesostrands as adjuvants for cancer immunotherapy,” Scientific Reports, 7, 16749 (2017)
  15. K. Onuma, M. Iijima, “Nanoparticles in beta-tricalcium phosphate substrate enhance modulation of structure and composition of an octacalcium phosphate grown layer,” CrystEngComm, 19, 6660-6672 (2017)
  16. J. Makiishi, T. Matsuno, A. Ito, Y. Sogo, T. Satoh, “In vitro/in vivo evaluation of the efficacy of gatifloxacine-loaded PLGA and hydroxyapatite composite for treating osteomyelitis,” Dent Mater J, 36, 714-723 (2017)
  17. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, Y. Watanabe, N. M. Tsuji, “Hollow ZnO nanospheres enhance anticancer immunity by promoting CD4+ and CD8+ T cell populations in vivo,” Small, 13, 1701816 (2017)
  18. Y. Okazaki, D. Ishii, A. Ogawa, “Spatial stress distribution analysis by thermoelastic stress measurement and evaluation of effect of stress concentration on durability of various orthopedic implant devices,” Mater Sci Eng C-Mater for Biol Appl, 75, 34-42 (2017)
  19. K. Onuma, M. Iijima, “Artificial enamel induced by phase transformation of amorphous nanoparticles,” Scientific Reports, 7, 2711 (2017)
  20. X. Li, X. Wang, J. Zhang, N. Hanagata, X. Wang, Q. Weng, A. Ito, Y. Bando, D. Golberg, “Hollow boron nitride nanospheres as boron reservoir for prostate cancer treatment,” Nature Comm., 7, 13936 (2017)
  21. K. Fujii, A. Ito, H. Mutsuzaki, S. Murai, Y. Sogo, Y. Hara, M. Yamazaki, “Reducing the risk of impaired bone apposition to titanium screws with the use of fibroblast growth factor-2-apatite composite layer coating,” J. Ortop. Sur. Res., 12, 1 (2017)
  22. Y. Okazaki, D. Ishii, A. Ogawa, “Spatial stress distribution analysis by thermoelastic stress measurement and evaluation of effect of stress concentration on durability of various orthopedic implant devices,” Mater Sci Eng C, 75, 34-42 (2017)
  23. S. K. Kinoshita, Y. Yamakoshi, K. Onuma, R. Yamamoto, Y. Asada, “TGF-β1 autocrine signalling and enamel matrix components,” Sci Rep, 6, 33644 (2016)
  24. Y. Sugiura, K. Onuma, A. Yamazaki, “Enhancement of HPO4–OH layered structure in octacalcium phosphate and its morphological evolution by acetic acid,” J Ceram Soc Jap, 124, 1178-1184 (2016)
  25. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Watanabe, N. M. Tsuji, “Rod-shaped and fluorine-substituted hydroxyapatite free of molecular immunopotentiators stimulates anti-cancer immunity in vivo,” Chem Commun, 52, 7078-7081 (2016)
  26. X. Wang, X. Li, K. Yoshiyuki, Y. Watanabe, Y. Sogo, T. Ohno, N. M. Tsuji, A. Ito, “Comprehensive Mechanism Analysis of Mesoporous Silica Nanoparticle Induced Cancer Immunotherapy” Adv Healthc Mater, 5, 1169-1176 (2016)
  27. X. Wang, X. Li, A. Ito, K. Yoshiyuki, Y. Sogo, Y. Watanabe, A. Yamazaki, T. Ohno, N. M. Tsuji, “Hollow structure improved anti-cancer immunity of mesoporous silica nanospheres in vivo,” Small, 12, 3510-3515 (2016)
  28. A. Oyane, M. Kakehata, I. Sakamaki, A. Pyatenko, H. Yashiro, A. Ito, K. Torizuka, “Biomimetic apatite coating on yttria-stabilized tetragonal zirconia utilizing femtosecond lasersurface processing,” Surf. Coating Tech., 296, 88-95 (2016)
  29. A. Oyane, Y. Araki, M. Nakamura, Y. Shimizu, Q.T.H. Shubhra, A. Ito, H. Tsurushima, “Controlled superficial assembly of DNA-amorphous calcium phosphate nanocomposite spheres for surface-mediated gene delivery,” Colloids Surf B Biointerfaces, 141, 519-527 (2016)
  30. X. Wang, X. Li, N. M. Tsuji, A. Ito, Y. Sogo, Y. Watanabe, T. Ohno, “Stimulation of in vivo antitumor immunity with hollow mesoporous silica nanospheres,” Angew Chem Int Ed., 55, 1899-1903 (2016)
  31. X. Li, X. Wang, X. Jiang, M. Yamaguchi, A. Ito, Y. Bando, D. Golberg, “Boron nitride nanotube-enhanced osteogenic differentiation of mesenchymal stem cells,” J. Biomed Mater Res B Appl Biomater, 104B, 323-329 (2016)
  32. K. Kimishima, T. Matsuno, J. Makiishi, G. Tamazawa, Y. Sogo, A. Ito, T. Satoh, “Effects of gatifloxaine content in gatifloxacine-loaded PLGA and b-tricalcium phosphate composites on efficacy in treating osteomyelitis,” Odontology, 104, 105-113 (2016)
  33. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Watanabe, Y. Sogo, M. Hirose, T. Ohno, N. M. Tsuji, “Rod-shaped and Substituted Hydroxyapatite Nanoparticles Stimulating Type 1 and 2 Cytokine Secretions,” Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 139, 10-16(2016)
  34. Y. Sugiura, K. Onuma, A. Yamazaki, “Growth dynamics of vaterite in relation to the physico-chemical properties of its precursor, amorphous calcium carbonate, in the Ca-CO3-PO4 system,” American Mineralogist, 101, 289-296 (2016)
  35. A. Ito, Y. Sogo, A. Yamazaki, M. Aizawa, A. Osaka, S. Hayakawa, M. Kikuchi, K. Yamashita, Y. Tanaka, M. Tadokoro, Lídia Ágata de Sena, F. Buchanan, H. Ohgushi, M. Bohner, “Interlaboratory studies on in vitro test methods for estimating in vivo resorption of calcium phosphate ceramics,” Acta Biomater, 25, 347-355 (2015)
  36. Y. Yazaki, A. Oyane, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki and H. Tsurushima, “Area-specific cell stimulation via surface-mediated gene transfer using apatite-based composite layers,” Int. J. Mol. Sci., 16, 8294-8309 (2015)
  37. A. Oyane, N. Matsuoka, K. Koga, Y. Shimizu, M. Nakamura, K. Kawaguchi, N. Koshizaki, Y. Sogo, A. Ito and H. Unuma, “Laser-assisted biomimetic process for surface functionalization of titanium metal,” Colloid and Interface Science Communications, 4, 5-9 (2015)
  38. K. Onuma, M. Iijima, “In situ atomic force microscopy observation of octacalcium phosphate (100) face dissolution in weak acidic solutions,” Journal of Crystallization Process and Technology, 5,1-8 (2015)
  39. Y. Sugiura, K. Onuma, A. Yamazaki, “Solution chemical synthesis of hollow vaterite polycrystalline particles for advanced biomaterial applications,” Chemistry Letters, 44, 20-22 (2015)
  40. Y. Sugiura, K. Onuma, M. Nagao, A. Yamazaki, “The effects of immobilized carboxylic-functional groups on the dynamics of phase transformation from amorphous to octacalcium phosphate,” American Mineralogist, 100, 1624-1632 (2015)
  41. K. Onuma, Y. Sugiura, “Metastable intermediate phase during phase transformation of calcium phosphates,” J. Biotech. Biomater., 5, 1000214 (2015)
  42. T. Takito, M. Bessho, M. Hirose, H. Ohgushi, H. Mori, M. Hara, “Gamma-cross-linked nonfibrillar collagen gel as a scaffold for osteogenic differentiation of mesenchymal stem cells,” Journal of Bioscience and Bioengineering, 119-02, 217-225 (2015)
  43. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, T. Ohno, “Pore size-dependent immunogenic activity of mesoporous silica-based adjuvants in cancer immunotherapy, J Biomed Mater Res., 102, 967-974 (2014)
  44. H. Mutsuzaki, A. Oyane, Y. Sogo, M. Sakane, A. Ito, “Cefazolin-containing poly(epsilon-caprolactone) sponge pad to reduce the pin tract infection rate in rabbits,” Asia-Pacific J Sports Med. Arthr. Rehab. Tech., 1, 54-61 (2014)
  45. H. Mutsuzaki, A. Ito, Y. Sogo, M. Sakane, A. Oyane, M. Yamazaki, “The calcium phosphate matrix of FGF-2-apatite composite layers contributes to their biological effects,” Int J Mol Sci, 15, 10252-10270 (2014)
  46. Y. Yazaki, A. Oyane, H. Tsurushima, H. Araki, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki, “Coprecipitation of DNA-lipid complexes with apatite and comparison with superficial adsorption for gene transfer applications,” J. Biomater. Appl., 28, 937-945 (2014)
  47. Y. Yazaki, A. Oyane, H. Tsurushima, H. Araki, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki, “Improved gene transfer efficiency of a DNA-lipid-apatite composite layer by controlling the layer molecular composition,” Colloids Surf B Biointerfaces, 122, 465-471 (2014)
  48. Y. Sugiura, K. Onuma, M. Nagao, K. Momma, Y. Kimura, A.Yamazaki, “Dissolution behavior of vaterite spherulite in solutions containing phosphate ions,” Journal of the Ceramic Society of Japan, 122-8, 679-687 (2014)
  49. K. Onuma, N. Furubayashi, F. Shibata ,Y. Kobayashi, S. Kaito, Y. Ohnishi, K. Inaka, “Crystallization of cellobiohydrolase in the presence of cellulose-degraded cellobiose: Analysis of intermolecular interactions and association dynamics,” Journal of Crystallization Process and Technology, 4, 1-13 (2014)

誌上発表 国内誌

  1. 廣瀬志弘、伊藤弓弦、”再生医療実用化に資するガイドラインと国際標準の動向”、生物工学会誌、96、320-323 (2018)
  2. 廣瀬志弘、”THE COMMENTARY 再生医療分野の国際標準化動向”、日本再生医療学会雑誌 再生医療、17、48-52 (2018)

解説・総説

  1. 六崎裕高、伊藤 敦夫、原 友紀、藤井 賢吾、柳澤 洋平、十河 友、大矢根 綾子、山崎正志、“FGF-2担持チタンデバイスの開発と整形外科治療への応用関節外科”、36、18-23 (2017)
  2. 伊藤敦夫、王秀鵬、李霞、十河友、辻典子、“がん免疫療法のためのセラミックナノ粒子アジュバント‐イムノバイオアクティブセラミック‐”、セラミックス、52、142-145 (2017)
  3. 欠端雅之、大矢根綾子、屋代英彦、伊藤敦夫、鳥塚健二、“フェムト秒レーザーによるジルコニアセラミックスの表面修飾、” O plus E、38、1034-1039(2016)
  4. 王秀鵬、伊藤敦夫、“がん免疫療法用のセラミック系アジュバント、”バイオマテリアル -生体材料-、33、154-161  (2015)
  5. 廣瀬志弘、菊池正紀、堤定美、“政府戦略分野に係る再生医療用途機器の国際標準化活動の現状と展望”、バイオマテリアル -生体材料-、33、64-72(2015)
  6. 岡崎義光、“人工骨・関節テーラメイドへ”、日本機械学会誌、118-1155、2-5(2015)
  7. 大矢根綾子、中村真紀、王秀鵬、伊藤敦夫、鶴嶋英夫、六崎裕高、“バイオミネラリゼーションのバイオメディカル応用”、研究開発リーダー、技術情報協会、10、3-7(2014)
  8. K. Onuma, “Nucleation and association kinetics of biomaterials,” Recent Reseach Developments in Crystal Growth, 7, 1-12 (2014)
  9. 廣瀬志弘、“ものづくり細胞エンジニア10銃士 「社会基盤整備」X「産業化橋渡し」”、日経バイオテク、日経BP社、762号、36-38(2014)
  10. 岡崎義光、“「金属インプラント材料」~骨接合材料および人工関節などへの可能性~”、MATERIAL STAGE、14-6、12-15(2014)
  11. 岡崎義光、“医療を支える試験と評価”、材料試験&環境試験の技術情報誌TEST、33、3-5(2014)

著書・刊行物・調査報告

  1. Y. Okazaki, “Chapter 2, Selection of metals for biomedical devices,” M. Niinomi ed., Metals for Biomedical Devices 2nd Edition, Woodhead Publishing Ltd, UK (2019)  
  2. 伊藤敦夫、王 秀鵬、“がん免疫療法用無機ナノ粒子アジュバント”、ヴィジュアルでわかるバイオマテリアル、学研メディカル秀潤社 (2018) pp. 120, 122
  3. 岡崎 義光、“カスタムメイドインプラント”、人工股関節のバイオマテリアル、メジカルビュー社 (2017) pp. 124-139
  4. 岡崎 義光、“まえがき”、医療用チタンガイドブック、日本チタン協会 (2018)  まえがき
  5. 廣瀬志弘、” 国際標準化の状況“、「再生医療・細胞治療のための細胞加工物評価技術」、シーエムシー出版(2016)pp.183-192
  6. 廣瀬志弘、“医療機器開発ガイドライン策定事業および国際標準化活動の現状”、「再生医療規制の動向と製品開発および産業化の注意点」、株式会社情報機構(2015)pp.141-154
  7. X. Wang, A. Oyane, A. Ito, “Chapter 18, Signal molecule-calcium phosphate composites: Novel approaches to controlling cellular and/or biological reactions and functions,” B. Ben-Nissan ed., Advances in Calcium Phosphate Biomaterials, Springer, Germany (2014) pp.171-197
  8. 廣瀬志弘、“標準化(ISO)動向”、「再生医療の細胞培養技術と産業展開」、シーエムシー出版(2014)pp.37-44
  9. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資するガイドライン策定および標準化活動の動向”、「PHARM STAGE」、技術情報協会(2014) pp.6-10
  10. 岡崎義光、“~審査に不可欠なデータ・情報の取得の仕方~人工関節における留意点”、「医薬品/医療機器の承認申請書の上手な書き方・まとめ方」、技術情報協会(2014)pp.363-369

工業標準化への貢献(JIS,TR,ISO,IEC等)

  1. T. Ushida, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products — Quantification of sulfated glycosaminoglycans (sGAG) for evaluation of chondrogenesis, ISO 13019 (2018)
  2. M. Kikuchi, M. Hirose, R. Nakaoka, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products– Bioactive ceramics – Method to measure cell migration in porous materials,ISO 19090 (2018)
  3. M. Kino-oka, M. Hirose, K. Tanimoto (drafted): Aseptic processing– Isolator systems, ISO/CD 13408-6 (2018)
  4. T. Ushida, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products — Quantification of sulfated glycosaminoglycans (sGAG) for evaluation of chondrogenesis, ISO/FDIS 13019 (2018)
  5. T. Ushida, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products - Quantification of sulphated glycosaminoglycans (sGAG) for evaluation of chondrogenesis, ISO/CD13019  (2016)
  6. M. Kikuchi, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products– Bioactive ceramics – A method to measure cell migration in porous materials, DIS19090 (2016)
  7. M. Kino-oka, M. Hirose, K. Tanimoto, M. Kokubo (drafted): Aseptic processing of health care products - Part 6: Isolator systems, ISO/WD 13408-6 (2016)
  8. T. Ushida, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products - Quantification of sulphated glycosaminoglycans (sGAG) for evaluation of chondrogenesis, ISO/NP13019  (2015)
  9. M. Kikuchi, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products– Bioactive ceramics – Cell migration ability test for porous body, CD19090 (2015) 
  10. M. Kikuchi, M. Hirose (drafted): Tissue-engineered medical products - Bioactive ceramics - Cell migration ability test for porous body, NP19090 (2014)
  11. M. Hirose, H. Ohgushi, S. Tsutsumi (drafted): Tissue engineered medical products – Evaluation of anisotropic structure of articular cartilage using diffusion tensor MRI, ISO/TR 16379 (2014)

再生医療・医療機器等ガイドラインへの貢献

  1. マグネシウム合金を用いたスーチャーアンカー及び骨接合材料等の整形インプラントに関する開発ガイドライン2018(手引き)、経済産業省/日本医療研究開発機構(2018)、報告書事務局:岡崎義光
  2. 三次元積層造形技術を用いた椎体間固定デバイスの開発ガイドライン2018(手引き)、経済産業省/日本医療研究開発機構(2018)、報告書事務局:岡崎義光
  3. 厚生労働省通知、“歯科・整形外科分野で用いられる医療機器たるコンビネーション製品(植え込み型の機械器具と、抗菌系薬物又は組織形成系薬物)の評価指標”、薬生機審発0313第2号、平成31年3月13日、貢献内容:ガイドライン素案原案作成:伊藤敦夫、柳健一、橋本幸一、坂根正孝、野口裕史、澤田賢則、伊藤祐太朗; 日本バイオマテリアル学会第2期コンビネーション製品ガイドライン素案検討WG事務局:伊藤敦夫、中村真紀
  4. 三次元積層造形技術を用いたコバルトクロム合金製人工関節用部材の開発ガイドライン2017、経済産業省/日本医療研究開発機構(2017)、報告書事務局:岡崎義光
  5. マグネシウム合金の医療応用に関する開発ガイドライン(総論)、経済産業省/日本医療研究開発機構(2017)、報告書事務局:岡崎義光
  6. 三次元積層造形技術を用いた歯科補綴装置の開発ガイドライン2017、経済産業省/日本医療研究開発機構(2017)、報告書事務局:岡崎義光
  7. 再生医療等製品の製造所における顕微鏡の設置と維持管理に関するガイドライン2017、経済産業省/日本医療研究開発機構(2017)、報告書事務局:廣瀬志弘、伊藤弓弦、弓場俊輔
  8. 細胞加工に特化した工程資材の要求事項に関するガイドライン2017、経済産業省/日本医療研究開発機構(2017)、報告書事務局:廣瀬志弘、伊藤弓弦、弓場俊輔
  9. ヒト細胞自動培養加工装置についての設計ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構 (2015) 、報告書事務局:廣瀬志弘、伊藤弓弦、弓場俊輔
  10. ヒト細胞自動培養加工装置についての設計ガイドライン[改訂]開発ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構 (2015) 、報告書事務局:廣瀬志弘、伊藤弓弦、弓場俊輔
  11. 自己由来細胞操作のチェンジオーバーに関するガイドライン2015、経済産業省(2015)、報告書事務局:廣瀬志弘、弓場俊輔
  12. ヒト細胞培養工程の操作手順変更における互換性確認に関するガイドライン2015、経済産業省(2015)、報告書事務局:廣瀬志弘、弓場俊輔
  13. 積層造形医療機器開発ガイドライン2015(総論)、経済産業省/日本医療研究開発機構(2015)、報告書事務局:岡崎義光
  14. 高生体適合性(カスタムメイド)脊椎インプラント 開発ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構(2015)、報告書事務局:岡崎義光
  15. 高生体適合性(カスタムメイド)上肢人工関節 開発ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構(2015)、報告書事務局:岡崎義光
  16. 高生体適合性(カスタムメイド)人工足関節 開発ガイドライン 2015、経済産業省(2015)、報告書事務局:岡崎義光

国際招待講演

  1. X. Wang, “Tailoring inorganic adjuvants towards cancer immunotherapy,” Regenerative Medicine and Stem Cells 2018 (RMSC-2018), Xi’an, China, Dec 8 (2018)
  2. X. Li, X. Wang, J. Zhang, A. Ito, Y. Bando, D. Golberg, “Inorganic nanoporous materials for cancer therapy,” The 3rd International Symposium on Advanced Inorganic Materials, Tsukuba, Japan, August 3 (2017)
  3. A. Ito, X. Wang, Y. Sogo, N. M. Tsuji, “Ceramic adjuvants for cancer immunotherapy,” The 2nd Asian Symposium on Biofunctional Materials and Regenerative Medicine, Hangzhou, China, Sept 22 (2017)
  4. X. Wang, “Development of biomolecules loaded biomaterials,” Jinan University Forum,Jinan University, Guangzhou, China, Dec 21 (2016)
  5. A. Ito, Keynote Lecture “Calcium phosphate as a vehicle of biologically active molecules and non-molecules,” Asian BioCeramics Symposium 2014, Shanghai, China, Oct 30 (2014)
  6. A. Ito, Y. Sogo, X. Wang, A. Oyane, H. Mutsuzaki, H. Tsurushima, M. Yamazaki, T. Ohno, K. Tsuboi, Keynote Lecture “From osseous to nonosseous applications: a road to bioceramic evolution,” The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), Fukuoka, Japan, August 26 (2014)
  7. X. Wang, X. Li, K. Onuma, Y. Sogo, T. Ohno, A.Ito, “Calcium phosphate-based adjuvants for cancer immunotherapy,” The 1st East Asian Forun on Biofunctional Materials and Regenerative Medicine, Hangzhou, China, April 20 (2014)

国内招待・依頼講演

  1. 岡崎義光、“3Dプリンティング技術でつくるメタルフレームが義歯の未来を変える”、第27回茨城県歯科医学会、茨城県 水戸、2月3日(2019)
  2. 岡崎義光、“人工股関節の材料特性に関する医工学上の課題と将来像 ”、第49回日本人工関節学会、東京、2月15日(2019)
  3. 岡崎義光、“三次元積層造形インプラント開発・評価・標準化の最前線”、人工関節研究会、名古屋、2月7日(2019)
  4. 伊藤敦夫、“アパタイトFGFコーティングピンの開発”、第38回整形外科バイオマテリアル研究会、つくば、12月1日(2018)
  5. 岡崎義光、“超高齢社会を迎え、異業種分野から医療機器分野への新規参入への期待”、長野県茅野商工会議所工業委員会・茅野市精密工業連合会、つくば、11月9日(2018)
  6. 岡崎義光、“工業標準の医療分野の製品開発から薬機法取得までの活用例”、産総研標準化セミナー、つくば、11月9日(2018)
  7. 岡崎義光、“三次元積層造形品の薬事取得の現状とポイント”、マテリアライズメディカルコングレス、横浜、9月15日(2018)
  8. 岡崎義光、“インプラント分野における技術革新とレギュラトリーサイエンスの最新動向”、岡山県医用工学研究会、岡山、7月6日(2018)
  9. 岡崎義光、“整形インプラント用素材・製造・評価技術の現状”、第38回テクニスト研究会、東京、6月15日(2018)
  10. 伊藤敦夫、“生体材料としてのセラミック及びチタンの基礎と組織再生促進技術”、バイオインテグレーション学会第8回学術大会、東京、5月19日(2018)
  11. 廣瀬志弘、“性能評価・用語:組織工学および用語に関する国際標準化”、第17回 日本再生医療学会総会、3月23日 (2018)
  12. 日置達男、紀ノ岡正博、伊藤弓弦、廣瀬志弘、中江裕樹、柳田豊、“ISO国際標準化-産学官民の知を結集した再生医療の(新たな)推進力ーパネルディスカッション (再生医療の産業化に貢献する標準)”、第17回日本再生医療学会総会、3月23日 (2018)
  13. 廣瀬志弘、“再生医療分野の規制と標準化動向”、JQA ステークホルダーダイアログ、2月22日 (2018)
  14. 廣瀬志弘、“再生医療(ヒト細胞製造システム)分野 ISO/TC198/WG9, ISO/TC276/WG4”、医療機器等ガイドライン・活用セミナー 開発ガイドライン・評価指標から国際標準化、2月21日 (2018)
  15. 廣瀬志弘、“国際標準化の取り組み”、AMED再生医療産業化プロジェクト ユーザーフォーラム、2月6日 (2018)
  16. 欠端雅之、屋代英彦、大矢根綾子、伊藤敦夫、西川正、鳥塚健二、“医療応用を想定したジルコニアセラミックスへのレーザー誘起表面周期構造形成,,非筆頭,レーザー学会学術講演会第38回年次大会、1月25日 (2018)
  17. 岡崎義光、“中小企業・中堅企業の医療分野への新規参入について”、産業技術総合研究所 技術セミナー in 富士吉田、11月17日 (2017)
  18. 岡崎義光、“人工関節デザインの進歩と未来への展望”、第44回日本股関節学会学術集会、10月20日 (2017)
  19. 岡崎義光、“整形外科用インプラント開発への新規参入の期待”、第5回例会次世代医療システム産業化フォーラム2017、11月10日 (2017)
  20. 伊藤敦夫、“医療機器たるコンビネーション製品の薬事承認を目指す研究開発”、再生医療分野の産業化を目指した実用セミナー、11月9日 (2017)
  21. 岡崎義光、“三次元積層造形技術を用いた医療機器開発の最新動向”、第8回インプラント解析研究会、8月4日 (2017)
  22. 伊藤敦夫、“レギュラトリーサイエンスに立脚した成長因子コンビネーション体内固定ネジの開発と臨床橋渡し”、第33回日本DDS学会学術集会、7月/7日 (2017)
  23. 伊藤敦夫、“医療機器たるコンビネーション製品の薬事承認を目指す研究開発”、第127回医工学フォーラム、5月9日 (2017)
  24. 岡崎義光、“金属製歯科補綴装置開発への積層造形技術の応用と薬事製造認可の動向”、日本デンタル歯科学会第8回学術大会、4月23日 (2017)
  25. 岡崎義光、“整形インプラントの力学的適合性評価~医療機器開発・審査迅速化を目指したISO 17025への取り組み~”、第3回医療機器開発支援ネットワーク・公設試験研究機関の連絡会議、2月17日(2017)
  26. 廣瀬志弘、“国際標準化の取り組み”、 AMED再生医療産業化プロジェクトユーザーフォーラム、2月3日 (2017)
  27. 廣瀬志弘、“再生医療分野開発ガイドラインの策定動向”、 FIRM サポーティングインダストリー部会 講演会、1月17日(2017)
  28. 岡崎義光、“整形インプラントの開発ガイドラインの活用のポイント”、 医療機器ガイドライン活用セミナー 整形インプラントガイドライン解説Ⅲ、12月16日 (2016)
  29. 廣瀬志弘、“生医療分野-国際標準化活動と開発ガイドライン策定動向-”、 HS財団規制動向調査班講演会、11月16日(2016)
  30. 岡崎義光、“歯科分野の積層造形技術の薬事製造認可に関する動向”、金属光造形複合加工医療機器フォーラム第10回記念シンポジウム、10月29日 (2016)
  31. 岡崎義光、“医療機器開発への期待及び政策動向”、医療介護ものづくり研究会、8月30日(2016)
  32. 岡崎義光、“整形インプラントの新製造技術の動向および課題と対策”、第6回インプラント解析研究会、7月29日(2016)
  33. 廣瀬志弘、“市場獲得戦略の構築-ガイドライン策定事業および国際標準化活動との連携-”、AMED細胞製造システムプロジェクト分科会、7月4日(2016)
  34. 岡崎義光、“整形インプラントの新製造技術の動向および課題と対策”、第89回日本整形外科学会学術集会、5月15日(2016)
  35. 伊藤敦夫、”医療機器たる薬物-機械器具コンビネーション製品の薬事承認を目指した研究開発手法”、第37回日本バイオマテリアル学会大会、11月9日(2015)
  36. 伊藤敦夫、柳健一、橋本幸一、坂根正孝“薬物-機械器具コンビネーション製品の体系的ガイドライン素案作成”、MEDTEC Japan、BIOMEDevice セミナー、4月24日(2015)
  37. 伊藤敦夫、“臨床応用と薬事承認を目指すバイオマテリアル研究開発手法”、「次世代バイオマテリアル」を考える会、12月17日(2014)
  38. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化を支援する標準およびガイドラインの策定動向 – 新規法規制動向を踏まえて -、情報機構講演会、12月16日(2014)
  39. 伊藤敦夫、“アパタイト-FGF複合層被覆チタンピンの開発”、第4回DDS再生医療研究会、12月6日(2014)
  40. 伊藤敦夫、“薬物-機械器具コンビネーション製品に関する体系的ガイドライン素案作成”、革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業フォーラム、11月19日(2014)
  41. 岡崎義光、“カスタムメイド関節部材の承認条件”、第4回次世代ものづくり基盤技術産業展技術講演会、10月23日(2014)
  42. 廣瀬志弘、“再生医療分野 国際標準化活動およびガイドライン策定動向”、FIRM サポーティングインダストリー部会 講演会、10月16日(2014)
  43. 岡崎義光、“積層造形技術のインプラント分野への応用と薬事認可”、3Dプリンティングフォーラム2014、9月30日(2014)
  44. 柳健一、伊藤敦夫、吉田靖弘、石川邦夫、橋本幸一、山崎正志、坂根正孝、“整形外科・歯科領域におけるコンビネーションプロダクトの開発とガイドライン素案の検討”、第12回医療機器フォーラム、9月19日(2014)
  45. 岡崎義光、“患者に最適な脊椎インストゥルメンツを開発するためのガイドライン策定に向けた取り組み”、第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会、8月30日(2014)
  46. 岡崎義光、“医療分野における3Dプリンティング等の革新的製造技術および政策動向”、第5回インプラント解析研究会、8月26日(2014)
  47. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資する規制整備と標準化”、第5回医用実学研究会講演会、8月7日 (2014)
  48. 岡崎義光、“人工骨・関節インプラント開発の経緯・現状・未来(3Dプリンターでの取り組みと期待も含めて) ”、NBCIテクノロジー委員会ライフ分科会、7月25日(2014)
  49. 岡崎義光、“医療用チタンの薬事申請について”、平成26年度夏季賛助会員総会、7月24日(2014)
  50. 廣瀬志弘、“再生医療の実用化・産業化を支援する標準およびガイドラインの策定動向 –薬事承認審査動向を踏まえて –”、情報機構講演会、7月18 日(2014)
  51. 岡崎義光、“力学的試験結果の不確かさ評価に関する考え方の紹介”、第103回人工関節の機能高度化研究会、7月12日(2014)
  52. 岡崎義光、“測定の不確かさ評価手法検証のための共同実験”、国際標準化セミナー、7月9日(2014)
  53. 岡崎義光、“積層造形技術の政策動向”、金属光造形複合加工医療機器フォーラム第6回シンポジウム、6月28日(2014)
  54. 伊藤敦夫、“薬物・機器組合せ製品に関する体系的ガイドライン素案作成の試み”、第9回医療機器レギュラトリーサイエンス研究会、6月6日(2014)
  55. 岡崎義光、“生体適合材料の基礎と早期薬事製造承認審査取得のポイント”、日本テクノセンターセミナー、4月26日(2014)
  56. 廣瀬志弘、“再生医療/細胞・組織加工製品 薬事承認審査と産業化に資する国内外標準化活動およびガイドラインの動向”、技術情報協会講演会、4月18日(2014)
  57. 岡崎義光、“人工関節分野における3次元積層造形技術動向”、第44回日本人工関節学会、2月22日 (2014)
  58. 岡崎義光、“積層造形技術の動向”、第101回人工関節の機能高度化研究会、1月25日 (2014)
  59. 岡崎義光、“医療認証について”、第4回AMシンポジウム、1月17日 (2014)