生体材料研究グループ 業績リスト

誌上発表 国際誌

  1. X. Li, X. Wang, J. Zhang, N. Hanagata, X. Wang, Q. Weng, A. Ito, Y. Bando, D. Golberg, “Hollow boron nitride nanospheres as boron reservoir for prostate cancer treatment,” Nature Comm., 7, 13936 (2017)
  2. K. Fujii, A. Ito, H. Mutsuzaki, S. Murai, Y. Sogo, Y. Hara, M. Yamazaki, “Reducing the risk of impaired bone apposition to titanium screws with the use of fibroblast growth factor-2-apatite composite layer coating,” J. Ortop. Sur. Res., 12, 1 (2017)
  3. Y. Okazaki, D. Ishii, A. Ogawa, “Spatial stress distribution analysis by thermoelastic stress measurement and evaluation of effect of stress concentration on durability of various orthopedic implant devices,” Mater Sci Eng C, 75, 34-42 (2017)
  4. S. K. Kinoshita, Y. Yamakoshi, K. Onuma, R. Yamamoto, Y. Asada, “TGF-β1 autocrine signalling and enamel matrix components,” Sci Rep, 6, 33644 (2016)
  5. Y. Sugiura, K. Onuma, A. Yamazaki, “Enhancement of HPO4–OH layered structure in octacalcium phosphate and its morphological evolution by acetic acid,” J Ceram Soc Jap, 124, 1178-1184 (2016)
  6. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Watanabe, N. M. Tsuji, “Rod-shaped and fluorine-substituted hydroxyapatite free of molecular immunopotentiators stimulates anti-cancer immunity in vivo,” Chem Commun, 52, 7078-7081 (2016)
  7. X. Wang, X. Li, K. Yoshiyuki, Y. Watanabe, Y. Sogo, T. Ohno, N. M. Tsuji, A. Ito, “Comprehensive Mechanism Analysis of Mesoporous Silica Nanoparticle Induced Cancer Immunotherapy” Adv Healthc Mater, 5, 1169-1176 (2016)
  8. X. Wang, X. Li, A. Ito, K. Yoshiyuki, Y. Sogo, Y. Watanabe, A. Yamazaki, T. Ohno, N. M. Tsuji, “Hollow structure improved anti-cancer immunity of mesoporous silica nanospheres in vivo,” Small, 12, 3510-3515 (2016)
  9. A. Oyane, M. Kakehata, I. Sakamaki, A. Pyatenko, H. Yashiro, A. Ito, K. Torizuka, “Biomimetic apatite coating on yttria-stabilized tetragonal zirconia utilizing femtosecond lasersurface processing,” Surf. Coating Tech., 296, 88-95 (2016)
  10. A. Oyane, Y. Araki, M. Nakamura, Y. Shimizu, Q.T.H. Shubhra, A. Ito, H. Tsurushima, “Controlled superficial assembly of DNA-amorphous calcium phosphate nanocomposite spheres for surface-mediated gene delivery,” Colloids Surf B Biointerfaces, 141, 519-527 (2016)
  11. X. Wang, X. Li, N. M. Tsuji, A. Ito, Y. Sogo, Y. Watanabe, T. Ohno, “Stimulation of in vivo antitumor immunity with hollow mesoporous silica nanospheres,” Angew Chem Int Ed., 55, 1899-1903 (2016)
  12. X. Li, X. Wang, X. Jiang, M. Yamaguchi, A. Ito, Y. Bando, D. Golberg, “Boron nitride nanotube-enhanced osteogenic differentiation of mesenchymal stem cells,” J. Biomed Mater Res B Appl Biomater, 104B, 323-329 (2016)
  13. K. Kimishima, T. Matsuno, J. Makiishi, G. Tamazawa, Y. Sogo, A. Ito, T. Satoh, “Effects of gatifloxaine content in gatifloxacine-loaded PLGA and b-tricalcium phosphate composites on efficacy in treating osteomyelitis,” Odontology, 104, 105-113 (2016)
  14. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Watanabe, Y. Sogo, M. Hirose, T. Ohno, N. M. Tsuji, “Rod-shaped and Substituted Hydroxyapatite Nanoparticles Stimulating Type 1 and 2 Cytokine Secretions,” Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 139, 10-16(2016)
  15. Y. Sugiura, K. Onuma, A. Yamazaki, “Growth dynamics of vaterite in relation to the physico-chemical properties of its precursor, amorphous calcium carbonate, in the Ca-CO3-PO4 system,” American Mineralogist, 101, 289-296 (2016)
  16. A. Ito, Y. Sogo, A. Yamazaki, M. Aizawa, A. Osaka, S. Hayakawa, M. Kikuchi, K. Yamashita, Y. Tanaka, M. Tadokoro, Lídia Ágata de Sena, F. Buchanan, H. Ohgushi, M. Bohner, “Interlaboratory studies on in vitro test methods for estimating in vivo resorption of calcium phosphate ceramics,” Acta Biomater, 25, 347-355 (2015)
  17. Y. Yazaki, A. Oyane, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki and H. Tsurushima, “Area-specific cell stimulation via surface-mediated gene transfer using apatite-based composite layers,” Int. J. Mol. Sci., 16, 8294-8309 (2015)
  18. A. Oyane, N. Matsuoka, K. Koga, Y. Shimizu, M. Nakamura, K. Kawaguchi, N. Koshizaki, Y. Sogo, A. Ito and H. Unuma, “Laser-assisted biomimetic process for surface functionalization of titanium metal,” Colloid and Interface Science Communications, 4, 5-9 (2015)
  19. K. Onuma, M. Iijima, “In situ atomic force microscopy observation of octacalcium phosphate (100) face dissolution in weak acidic solutions,” Journal of Crystallization Process and Technology, 5,1-8 (2015)
  20. Y. Sugiura, K. Onuma, A. Yamazaki, “Solution chemical synthesis of hollow vaterite polycrystalline particles for advanced biomaterial applications,” Chemistry Letters, 44, 20-22 (2015)
  21. Y. Sugiura, K. Onuma, M. Nagao, A. Yamazaki, “The effects of immobilized carboxylic-functional groups on the dynamics of phase transformation from amorphous to octacalcium phosphate,” American Mineralogist, 100, 1624-1632 (2015)
  22. K. Onuma, Y. Sugiura, “Metastable intermediate phase during phase transformation of calcium phosphates,” J. Biotech. Biomater., 5, 1000214 (2015)
  23. T. Takito, M. Bessho, M. Hirose, H. Ohgushi, H. Mori, M. Hara, “Gamma-cross-linked nonfibrillar collagen gel as a scaffold for osteogenic differentiation of mesenchymal stem cells,” Journal of Bioscience and Bioengineering, 119-02, 217-225 (2015)
  24. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, T. Ohno, “Pore size-dependent immunogenic activity of mesoporous silica-based adjuvants in cancer immunotherapy, J Biomed Mater Res., 102, 967-974 (2014)
  25. H. Mutsuzaki, A. Oyane, Y. Sogo, M. Sakane, A. Ito, “Cefazolin-containing poly(epsilon-caprolactone) sponge pad to reduce the pin tract infection rate in rabbits,” Asia-Pacific J Sports Med. Arthr. Rehab. Tech., 1, 54-61 (2014)
  26. H. Mutsuzaki, A. Ito, Y. Sogo, M. Sakane, A. Oyane, M. Yamazaki, “The calcium phosphate matrix of FGF-2-apatite composite layers contributes to their biological effects,” Int J Mol Sci, 15, 10252-10270 (2014)
  27. Y. Yazaki, A. Oyane, H. Tsurushima, H. Araki, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki, “Coprecipitation of DNA-lipid complexes with apatite and comparison with superficial adsorption for gene transfer applications,” J. Biomater. Appl., 28, 937-945 (2014)
  28. Y. Yazaki, A. Oyane, H. Tsurushima, H. Araki, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki, “Improved gene transfer efficiency of a DNA-lipid-apatite composite layer by controlling the layer molecular composition,” Colloids Surf B Biointerfaces, 122, 465-471 (2014)
  29. Y. Sugiura, K. Onuma, M. Nagao, K. Momma, Y. Kimura, A.Yamazaki, “Dissolution behavior of vaterite spherulite in solutions containing phosphate ions,” Journal of the Ceramic Society of Japan, 122-8, 679-687 (2014)
  30. K. Onuma, N. Furubayashi, F. Shibata ,Y. Kobayashi, S. Kaito, Y. Ohnishi, K. Inaka, “Crystallization of cellobiohydrolase in the presence of cellulose-degraded cellobiose: Analysis of intermolecular interactions and association dynamics,” Journal of Crystallization Process and Technology, 4, 1-13 (2014)
  31. H. Mutsuzaki, Y. Sogo, A. Oyane, A. Ito “Improved bonding of partially osteomyelitic bone to titanium pins owing to biomimetic coating of apatite,” Int J Mol Sci, 14, 24366-24379 (2013)
  32. X. Wang, X. Li, K. Onuma, Y. Sogo, T. Ohno, A. Ito, “Zn- and Mg-containing tricalcium phsoophate-based adjuvants for cancer immunotherapy,” Scientific Reports, 3, 2203 (2013) | doi: 10.1038/srep02203
  33. M. Abei, T. Okumura, K. Fukuda, T. Hashimoto, M. Araki, K. Ishige, I. Hyodo, A. Kanemoto, H. H. Numajiri, M. Mizumoto, T. Sakae, H. Sakurai, J. Zenkoh, G. Ariungerel, Y. Sogo, A. Ito, T. Ohno, K. Tsuboi, “A phase I study on combined therapy with proton-beam radiotherapy and in situ tumor vaccination for locally advanced recurrent hepatocellular carcinoma,” Radiation Oncology, 8, 239 (2013)
  34. H. Mutsuzaki, Y. Yokoyama, A. Ito, A. Oyane, “Formation of apatite coatings on an artificial ligament using a plasma- and precursor-assisted biomimetic process,” Inter. J. Mol. Sci., 14, 19155-19168 (2013)
  35. S. Bodhak, M. Kikuchi, Y. Sogo, H. Tsurushima, A. Ito, A. Oyane, “Calcium phosphate coating on a bioresorbable hydroxyapatite/collagen nanocomposite for surface functionalization,” Chemistry Letters, 42, 1029-1031 (2013)
  36. A. Oyane, H. Araki, Y. Sogo, A. Ito, H. Tsurushima,”Spontaneous assembly of DNA-amorphous calcium phosphate nanocomposite spheres for surface-mediated gene transfer,” CrystEngComm, 15, 4994-4997 (2013)
  37. Y. Ito, H. Tsurushima, M. Sato, A. Ito, A. Oyane, Y. Sogo, A. Matsumura, ”Angiogenesis therapy for brain infarction using a slow-releasing drug delivery system for fibroblast growth factor 2,” Biochem Biophys Res Commun., 432, 182-187 (2013)
  38. M. Otsuka, M. Shikamura, K. Otsuka, Y. Sogo, A. Ito, “Therapeuitic effect of zinc-containing calcium phosphate suspension injection in thermal burn-rats,” J Biomed Mater Res, Part A, 101A, 1518-1524 (2013)
  39. X. Wang, X. Li, Y. Sogo, A. Ito, “Simple synthesis route of mesoporous AlOOH nanofibers to enhance immune responses,” RSC Advances, 3, 8164-8167 (2013)
  40. X. Wang, F. He, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, O. Maruyama, R. Kosaka, J. Ye, “Tissue-engineered endothelial cell layers on surface-modified Ti for inhibiting in vitro platelet adhesion,” Sci Tech Adv Mater, 14, 035002 (2013)
  41. X. Wang, X. Li, A. Ito, Y. Sogo, T. Ohno, “Particle-size-dependent toxicity and immunogenic activity of mesoporous silica-based adjuvants for tumor immunotherapy,” Acta Biomater, 9, 7480-7489 (2013)
  42. X. Li, X. Wang, Y. Sogo, T. Ohno, K. Onuma, A. Ito, “Mesoporous silica-calcium phosphate-tuberculin purified protein derivative composites as an effective adjuvant for cancer immunotherapy,” Adv Healthc Mater, 2, 863-871 (2013)
  43. F. He, X.Wang, O. Maruyama, R. Kosaka, Y. Sogo, A. Ito, J. Ye, “Improvement in endothelial cell adhesion and retention under physiological shear stress using a laminin-apatite composite layer on titanium,” J R Soc Interface April 6, 2013 10 81 20130014;1742-5662 (2013)
  44. M. Otsuka, H. Nakagawa, K. Otsuka, A. Ito, W.I. Higuchi, “Effect of geometrical structure on the in vivo quality change of a three-dimensionally perforated porous bone cell scaffold made of apatite/collagen composite,” J Biomed Mater Res, Part B, 101B, 338-345 (2013)
  45. K. Cheng, M. Hirose, X. Wang, Y. Sogo, A. Yamazaki, A. Ito, “Correlation between cell attachment areas after 2 h of culture and osteogenic differentiation activity of rat mesenchymal stem cells on hydroxyapatite substrates with various surface properties,” Biochem Biophys Res Comm, 430, 156-160 (2013)
  46. X. Wang, A. Ito, X. Li, Y. Sogo, M. Hirose, A. Oyane, H. Tsurushima, “DNA-lipid-apatite composite layers enhance gene expression of mesenchymal stem cells,” Materials Science and Engineering C, 33, 512-518 (2013)
  47. Y. Sugiura, K. Onuma, Y. Kimura, K.Tsukamoto, “Acceleration and inhibition effects of phosphate on phase transformation of amorphous calcium carbonate into vaterite,” American Mineralogist, 98, 262-270 (2013)
  48. Y. Okazaki, “Effect of head size on wear properties of metal-on-metal bearings of hip prostheses, and comparison with wear properties of metal-on-polyethylene bearings using hip simulator,” Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials,31-3, 152-163(2013)
  49. Y. Okazaki, E. Goto, “Metal ion effects on different types of cell line, metal ion incorporation into L929 and MC3T3-E1cells, and activation of macrophage-like J774.1 cells,” Materials Science & Engineering C-Materials for Biological Applications, 10.1016/j.msec.2013.01.015,1-13 (2013)
  50. A, Oyane, Y. Yazaki, H. Araki, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki, H. Tsurushima, “Fabrication of a DNA-lipid-apatite composite layer for efficient and area-specific gene transfer,” J Mater Sci Mater Med, 23, 1011-9 (2012)
  51. K. Cheng, M. Hirose, X. Wang, Y. Sogo, A. Yamazaki, A. Ito, “Development of an early estimation method for predicting later osteogenic differentiation activity of rat mesenchymal stromal cells from their attachment areas,” Science and technology of advanced materials, 13,064209 (2012)
  52. A. Oyane, X. Wang, Y. Sogo, A. Ito, H. Tsurushima, “Calcium phosphate composite layers for surface-mediated gene transfer,” Acta Biomater, 8, 2034-46 (2012), Review paper
  53. H. Mutsuzaki, A. Ito, Y. Sogo, M. Sakane, A. Oyane, N. Ochiai, “Enhanced wound healing associated with Sharpey’s fiber-like tissue formation around FGF-2-apatite composite layers on percutaneous titanium screws in rabbits,” Arch Orthop Trauma Surg., 132, 113-121 (2012)
  54. Y. Yazaki, A. Oyane, H. Araki, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki, H. Tsurushima, “Fabrication of DNA-antibody–apatite composite layers for cell-targeted gene transfer,” Sci. Technol. Adv. Mater. 13, 064204 (2012)
  55. Y. Okazaki, “ On the effects of hot forging and hot rolling on microstructural development and mechanical response of a biocompatible Ti alloy,” Materials, 5, 1439-1461 (2012)
  56. Y. Okazaki, H. Nagata, “Comparisons of immersion and electrochemical properties of highly biocompatible Ti-15Zr-4Nb-4Ta alloy and other implantable metals for orthopaedic implants,” Science and Technology of Advanced Materials, 13, 1-13 (2012)

誌上発表 国内誌

  1. 岡崎義光、“整形外科用インプラントのミクロ組織と機械的性質”、材料試験技術、58-1、19-26  (2013)
  2. 岡崎 義光、石井大輔、“コンプレッションヒップスクリューの耐久性試験における熱弾性応力解析の応用”、臨床バイオニクス、33、223-226 (2012)
  3. 福田英次、中野貴由、高橋広幸、蔵本、岡崎 義光、吉川、“生体為外性を示さないTi-15Zr-4Nb-4Ta合金の電子ビーム積層造形による造形体作製法の確立と疲労特性の解明”、臨床バイオメカニクス、33、257-263 (2012)
  4. 石井大輔、岡崎 義光、“生体用金属材料の熱弾性応力解析”、臨床バイオメカニクス、33、227-230 (2012)
  5. 岡崎義光、“メタルオンメタル摺動部の摩耗量に及ぼす骨頭径の影響”、日本人工関節学会誌、41、112-113 (2012)
  6. 岡崎義光、“Co-Cr-Mo合金及びオキサイドジルコニウム製人工膝関節の摩耗量の比較”、日本人工関節学会誌、41、162-163 (2012)

解説・総説

  1. 伊藤敦夫、王秀鵬、李霞、十河友、辻典子、“がん免疫療法のためのセラミックナノ粒子アジュバント‐イムノバイオアクティブセラミック‐”、セラミックス、52、142-145 (2017)
  2. 欠端雅之、大矢根綾子、屋代英彦、伊藤敦夫、鳥塚健二、“フェムト秒レーザーによるジルコニアセラミックスの表面修飾、” O plus E、38、1034-1039(2016)
  3. 王秀鵬、伊藤敦夫、“がん免疫療法用のセラミック系アジュバント、”バイオマテリアル -生体材料-、33、154-161  (2015)
  4. 廣瀬志弘、菊池正紀、堤定美、“政府戦略分野に係る再生医療用途機器の国際標準化活動の現状と展望”、バイオマテリアル -生体材料-、33、64-72(2015)
  5. 岡崎義光、“人工骨・関節テーラメイドへ”、日本機械学会誌、118-1155、2-5(2015)
  6. 大矢根綾子、中村真紀、王秀鵬、伊藤敦夫、鶴嶋英夫、六崎裕高、“バイオミネラリゼーションのバイオメディカル応用”、研究開発リーダー、技術情報協会、10、3-7(2014)
  7. K. Onuma, “Nucleation and association kinetics of biomaterials,” Recent Reseach Developments in Crystal Growth, 7, 1-12 (2014)
  8. 廣瀬志弘、“ものづくり細胞エンジニア10銃士 「社会基盤整備」X「産業化橋渡し」”、日経バイオテク、日経BP社、762号、36-38(2014)
  9. 岡崎義光、“「金属インプラント材料」~骨接合材料および人工関節などへの可能性~”、MATERIAL STAGE、14-6、12-15(2014)
  10. 岡崎義光、“医療を支える試験と評価”、材料試験&環境試験の技術情報誌TEST、33、3-5(2014)
  11. K. Onuma, T. Tsuji, M. Iijima, “Biomineralization: Mechanisms of hydroxyapatite crystal growth,” Bioinspiration: From Nano to Micro Scales, 1-1, 107-134 (2013)
  12. M. Iijima, K. Onuma, T. Tsuji, “Biomineralization: Tooth enamel formation,” Bioinspiration: From Nano to Micro Scales, 1-1, 161-188 (2013)
  13. T. Tsuji, M. Iijima, K. Onuma , “Biomineralization: Apatite protein interaction,” Bioinspiration: From Nano to Micro Scales, 1-1, 135-160 (2013)
  14. 廣瀬志弘、紀ノ岡正博、“ASTM internationalにおける再生医療分野の標準化動向”、標準化と品質管理、日本規格協会、66、35-36(2013)
  15. 伊藤敦夫、“リン酸カルシウムの溶解性の基礎と生体内吸収、”Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan, 19, 406-413 (2012)
  16. K. Onuma, “Crystal growth of calcium phosphates: Development of observation technique and understanding growth mechanism,” Recent Reseach Developments in Crystal Growth, 6, 1-25 (2012)
  17. 廣瀬志弘、“審査報告書を読む-ヒト自家移植組織・ジャック-”、日経バイオテク、日経BP社、760号、34-36(2012)
  18. 岡崎義光、“カスタムメイドインプラントの現状”、レギュラトリーサイエンス学会誌、2-3、251-258 (2012)
  19. Y. Okazaki, “Development Trends of Custom-made Orthopedic Implants. ,” Journal of Artificial Organs, 15-1, 20-25 (2012)

著書・刊行物・調査報告

  1. 廣瀬志弘、” 国際標準化の状況“、「再生医療・細胞治療のための細胞加工物評価技術」、シーエムシー出版(2016)pp.183-192
  2. 廣瀬志弘、“医療機器開発ガイドライン策定事業および国際標準化活動の現状”、「再生医療規制の動向と製品開発および産業化の注意点」、株式会社情報機構(2015)pp.141-154
  3. X. Wang, A. Oyane, A. Ito, “Chapter 18, Signal molecule-calcium phosphate composites: Novel approaches to controlling cellular and/or biological reactions and functions,” B. Ben-Nissan ed., Advances in Calcium Phosphate Biomaterials, Springer, Germany (2014) pp.171-197
  4. 廣瀬志弘、“標準化(ISO)動向”、「再生医療の細胞培養技術と産業展開」、シーエムシー出版(2014)pp.37-44
  5. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資するガイドライン策定および標準化活動の動向”、「PHARM STAGE」、技術情報協会(2014) pp.6-10
  6. 岡崎義光、“~審査に不可欠なデータ・情報の取得の仕方~人工関節における留意点”、「医薬品/医療機器の承認申請書の上手な書き方・まとめ方」、技術情報協会(2014)pp.363-369
  7. 岡崎義光、“標準化のための経済産業省の取り組み”、「未来型人工関節を目指してーその歴史から将来展望までー」、日本医学館(2013) pp.372-377
  8. 岡崎義光、“インプラント産業の活性化に向けた標準化研究”、「骨研究最前線」、株式会社エヌ・ティー・エス(2013)pp.173-180
  9. 六崎裕高、伊藤敦夫、坂根正孝、十河友、大矢根綾子、山崎正志、“挿入路感染を防止する創外固定用ピンの開発”、「体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの要件」、技術情報協会、NTS出版(2013)pp.42-46
  10. 大矢根綾子、伊藤敦夫、“リン酸カルシウム研究の骨組織再生への応用”、「再生医療における臨床研究と製品開発」、技術情報協会(2013)pp.287-292
  11. 伊藤敦夫、“スキャフォード無機系材料”、「再生医療技術の最前線 普及版」、シーエムシー出版(2013)pp.10-16
  12. 廣瀬志弘、“医療機器開発ガイドライン事業におけるヒト細胞・組織の搬送に関するガイドライン”、「幹細胞医療の実用化技術と産業展望」、シーエムシー出版(2013)pp.206-212
  13. 廣瀬志弘、“ISO/TC 150における取り組み –経緯、現状および将来展望-”、「幹細胞技術の標準化-再生医療への期待」、日本規格協会(2012)pp.126-133
  14. 岡崎義光、“「生体との不適合を解決するための高生体適合性(カスタムメイド)インプラントの開発」報告書”、三菱UFJリサーチ&コンサルコンサルティング株式会社 (2012)

工業標準化への貢献(JIS,TR,ISO,IEC等)

  1. T. Ushida, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products - Quantification of sulphated glycosaminoglycans (sGAG) for evaluation of chondrogenesis, ISO/CD13019  (2016)
  2. M. Kikuchi, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products– Bioactive ceramics – A method to measure cell migration in porous materials, DIS19090 (2016)
  3. M. Kino-oka, M. Hirose, K. Tanimoto, M. Kokubo (drafted): Aseptic processing of health care products - Part 6: Isolator systems, ISO/WD 13408-6 (2016)
  4. T. Ushida, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products - Quantification of sulphated glycosaminoglycans (sGAG) for evaluation of chondrogenesis, ISO/NP13019  (2015)
  5. M. Kikuchi, M. Hirose, S. Tsutsumi (drafted): Tissue-engineered medical products– Bioactive ceramics – Cell migration ability test for porous body, CD19090 (2015) 
  6. M. Kikuchi, M. Hirose (drafted): Tissue-engineered medical products - Bioactive ceramics - Cell migration ability test for porous body, NP19090 (2014)
  7. M. Hirose, H. Ohgushi, S. Tsutsumi (drafted): Tissue engineered medical products – Evaluation of anisotropic structure of articular cartilage using diffusion tensor MRI, ISO/TR 16379 (2014)
  8. 岡崎義光(原案作成)、ステントグラフトの機械的試験方法,JIS T 0401:2013,(2013)
  9. 岡崎義光(原案作成)、インプラント用チタン-ニッケル(Ti-Ni)合金,JIS T 7404:2013,(2013)
  10. 戸口田淳也、廣瀬志弘、大串始(原案作成)、間葉系幹細胞p16遺伝子メチル化の解析方法,TR T0016:2012 (2012)
  11. 堤定美、廣瀬志弘、大串始(原案作成)、拡散テンソル磁気共鳴画像による関節軟骨のin vivo構造評価方法,TR T0015:2012 (2012)
  12. 伊藤敦夫(原案作成)、生体活性バイオセラミックス-第3部:溶解速度試験方法, JIS T 0330-3:2012,(2012)

再生医療・医療機器等ガイドライン報告書 事務局

  1. ヒト細胞自動培養加工装置についての設計ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構 (2015) 、報告書事務局:廣瀬志弘、伊藤弓弦、弓場俊輔
  2. ヒト細胞自動培養加工装置についての設計ガイドライン[改訂]開発ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構 (2015) 、報告書事務局:廣瀬志弘、伊藤弓弦、弓場俊輔
  3. 自己由来細胞操作のチェンジオーバーに関するガイドライン2015、経済産業省(2015)、報告書事務局:廣瀬志弘、弓場俊輔
  4. ヒト細胞培養工程の操作手順変更における互換性確認に関するガイドライン2015、経済産業省(2015)、報告書事務局:廣瀬志弘、弓場俊輔
  5. 積層造形医療機器開発ガイドライン2015(総論)、経済産業省/日本医療研究開発機構(2015)、報告書事務局:岡崎義光
  6. 高生体適合性(カスタムメイド)脊椎インプラント 開発ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構(2015)、報告書事務局:岡崎義光
  7. 高生体適合性(カスタムメイド)上肢人工関節 開発ガイドライン2015、経済産業省/日本医療研究開発機構(2015)、報告書事務局:岡崎義光
  8. 高生体適合性(カスタムメイド)人工足関節 開発ガイドライン 2015、経済産業省(2015)、報告書事務局:岡崎義光
  9. 細胞・組織加工品の研究・開発におけるヒト細胞・組織の搬送に関するガイドライン2012、経済産業省(2013)、報告書事務局:廣瀬志弘、田口隆久
  10. 高生体適合性(カスタムメイド)人工膝関節 開発ガイドライン 2012、経済産業省(2013)、報告書事務局:岡崎義光
  11. 無菌接続インターフェース設計ガイドライン2012、経済産業省(2012)、報告書事務局:廣瀬志弘、田口隆久
  12. 高生体適合性(カスタムメイド)人工股関節 開発ガイドライン 2012、経済産業省(2012)、報告書事務局:岡崎義光

国際招待講演

  1. X. Wang, “Development of biomolecules loaded biomaterials,” Jinan University Forum,Jinan University, Guangzhou, China, Dec 21 (2016)
  2. A. Ito, Keynote Lecture “Calcium phosphate as a vehicle of biologically active molecules and non-molecules,” Asian BioCeramics Symposium 2014, Shanghai, China, Oct 30 (2014)
  3. A. Ito, Y. Sogo, X. Wang, A. Oyane, H. Mutsuzaki, H. Tsurushima, M. Yamazaki, T. Ohno, K. Tsuboi, Keynote Lecture “From osseous to nonosseous applications: a road to bioceramic evolution,” The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), Fukuoka, Japan, August 26 (2014)
  4. X. Wang, X. Li, K. Onuma, Y. Sogo, T. Ohno, A.Ito, “Calcium phosphate-based adjuvants for cancer immunotherapy,” The 1st East Asian Forun on Biofunctional Materials and Regenerative Medicine, Hangzhou, China, April 20 (2014)
  5. M. Hirose, H. Ohgushi, S. Tsutsumi, “Test method of in vivo bone formation in porous materials toward international standardization,” TERMIS-AP 2013 Annual Conference,Shanghai and Wuzhen, China, Oct 25(2013)
  6. A. Ito, X. Wang, X. Li, Y. Sogo, T. Ohno, “Ceramic-based adjuvant loaded with immunogenic molecules for cancer immunotherapy,” International Cnference on Regenerative Biomedical Materials, Wuhan, China, June 3 (2013)
  7. A. Ito, H. Mutsuzaki, H. Tsurushima, Y. Ito, X. Wang, X. Li, Y. Sogo, A. Oyane, T. Ohno, “Signal molecules-apatite composites for soft tissue regeneration and cancer immunotherapy,” The 4th Asian Biomaterials Congress, Hong kong, June 28 (2013)
  8. A. Oyane, Y. Yazaki, Wei Zhang, X.P. Wang, Y. Sogo, A. Ito, A. Yamazaki, and H. Tsurushima, “Biomimetic Calcium phosphate coating and application to gene delivery,” The 4th Asian Biomaterials Congress, Hong Kong, June 28 (2013)
  9. M. Kikuchi, A. Kochi, S. Bodhak, Y. Shirosaki, S. Hayakawa, A. Osaka, A. Oyane, Y. Sogo, H. Tsurushima, and A. Ito, “Hydroxyapatite/collagen bone-like nanocomposite for injectable bone filler and gene transfer substrate,” Second International Workshop on Advanced Functional Nanomaterials (SIWAN-2013), Anna University , India, January 28 (2013)
  10. A. Ito, Y. Sogo, A. Oyane, X. Wang, X. Li, H. Tsurushima, H. Mutsuzaki Keynote Lecture “Signal molecule-apatite composite layers; from enhanced tissue regeneration to cancer immunotherapy,” Asian BioCeramics Symaposium 2012, Tainan, Taiwan, Nov 19 (2012)
  11. S. Bodhak, M. Kikuchi, A. Oyane, Y. Sogo, H. Tsurushima, A. Ito, “Calcium phosphate composite coatings for surface-mediated non-viral gene transfer,” Materials Science & Technology 2012 Conference & Exhibition, Pittsburgh, Pennsylvania, US, Oct 10 (2012)
  12. A. Ito, Keynote Lecture “Chemistry, structure and biological relevance of calcium phosphate clusters,” The 9th World Biomaterials Congress, Chengdu, China, June 3 (2012)

国内招待・依頼講演

  1. 岡崎義光、“整形インプラントの力学的適合性評価~医療機器開発・審査迅速化を目指したISO 17025への取り組み~”、第3回医療機器開発支援ネットワーク・公設試験研究機関の連絡会議、2月17日(2017)
  2. 廣瀬志弘、“国際標準化の取り組み”、 AMED再生医療産業化プロジェクトユーザーフォーラム、2月3日 (2017)
  3. 廣瀬志弘、“再生医療分野開発ガイドラインの策定動向”、 FIRM サポーティングインダストリー部会 講演会、1月17日(2017)
  4. 岡崎義光、“整形インプラントの開発ガイドラインの活用のポイント”、 医療機器ガイドライン活用セミナー 整形インプラントガイドライン解説Ⅲ、12月16日 (2016)
  5. 廣瀬志弘、“生医療分野-国際標準化活動と開発ガイドライン策定動向-”、 HS財団規制動向調査班講演会、11月16日(2016)
  6. 岡崎義光、“歯科分野の積層造形技術の薬事製造認可に関する動向”、金属光造形複合加工医療機器フォーラム第10回記念シンポジウム、10月29日 (2016)
  7. 岡崎義光、“医療機器開発への期待及び政策動向”、医療介護ものづくり研究会、8月30日(2016)
  8. 岡崎義光、“整形インプラントの新製造技術の動向および課題と対策”、第6回インプラント解析研究会、7月29日(2016)
  9. 廣瀬志弘、“市場獲得戦略の構築-ガイドライン策定事業および国際標準化活動との連携-”、AMED細胞製造システムプロジェクト分科会、7月4日(2016)
  10. 岡崎義光、“整形インプラントの新製造技術の動向および課題と対策”、第89回日本整形外科学会学術集会、5月15日(2016)
  11. 伊藤敦夫、”医療機器たる薬物-機械器具コンビネーション製品の薬事承認を目指した研究開発手法”、第37回日本バイオマテリアル学会大会、11月9日(2015)
  12. 伊藤敦夫、柳健一、橋本幸一、坂根正孝“薬物-機械器具コンビネーション製品の体系的ガイドライン素案作成”、MEDTEC Japan、BIOMEDevice セミナー、4月24日(2015)
  13. 伊藤敦夫、“臨床応用と薬事承認を目指すバイオマテリアル研究開発手法”、「次世代バイオマテリアル」を考える会、12月17日(2014)
  14. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化を支援する標準およびガイドラインの策定動向 – 新規法規制動向を踏まえて -、情報機構講演会、12月16日(2014)
  15. 伊藤敦夫、“アパタイト-FGF複合層被覆チタンピンの開発”、第4回DDS再生医療研究会、12月6日(2014)
  16. 伊藤敦夫、“薬物-機械器具コンビネーション製品に関する体系的ガイドライン素案作成”、革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業フォーラム、11月19日(2014)
  17. 岡崎義光、“カスタムメイド関節部材の承認条件”、第4回次世代ものづくり基盤技術産業展技術講演会、10月23日(2014)
  18. 廣瀬志弘、“再生医療分野 国際標準化活動およびガイドライン策定動向”、FIRM サポーティングインダストリー部会 講演会、10月16日(2014)
  19. 岡崎義光、“積層造形技術のインプラント分野への応用と薬事認可”、3Dプリンティングフォーラム2014、9月30日(2014)
  20. 柳健一、伊藤敦夫、吉田靖弘、石川邦夫、橋本幸一、山崎正志、坂根正孝、“整形外科・歯科領域におけるコンビネーションプロダクトの開発とガイドライン素案の検討”、第12回医療機器フォーラム、9月19日(2014)
  21. 岡崎義光、“患者に最適な脊椎インストゥルメンツを開発するためのガイドライン策定に向けた取り組み”、第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会、8月30日(2014)
  22. 岡崎義光、“医療分野における3Dプリンティング等の革新的製造技術および政策動向”、第5回インプラント解析研究会、8月26日(2014)
  23. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資する規制整備と標準化”、第5回医用実学研究会講演会、8月7日 (2014)
  24. 岡崎義光、“人工骨・関節インプラント開発の経緯・現状・未来(3Dプリンターでの取り組みと期待も含めて) ”、NBCIテクノロジー委員会ライフ分科会、7月25日(2014)
  25. 岡崎義光、“医療用チタンの薬事申請について”、平成26年度夏季賛助会員総会、7月24日(2014)
  26. 廣瀬志弘、“再生医療の実用化・産業化を支援する標準およびガイドラインの策定動向 –薬事承認審査動向を踏まえて –”、情報機構講演会、7月18 日(2014)
  27. 岡崎義光、“力学的試験結果の不確かさ評価に関する考え方の紹介”、第103回人工関節の機能高度化研究会、7月12日(2014)
  28. 岡崎義光、“測定の不確かさ評価手法検証のための共同実験”、国際標準化セミナー、7月9日(2014)
  29. 岡崎義光、“積層造形技術の政策動向”、金属光造形複合加工医療機器フォーラム第6回シンポジウム、6月28日(2014)
  30. 伊藤敦夫、“薬物・機器組合せ製品に関する体系的ガイドライン素案作成の試み”、第9回医療機器レギュラトリーサイエンス研究会、6月6日(2014)
  31. 岡崎義光、“生体適合材料の基礎と早期薬事製造承認審査取得のポイント”、日本テクノセンターセミナー、4月26日(2014)
  32. 廣瀬志弘、“再生医療/細胞・組織加工製品 薬事承認審査と産業化に資する国内外標準化活動およびガイドラインの動向”、技術情報協会講演会、4月18日(2014)
  33. 岡崎義光、“人工関節分野における3次元積層造形技術動向”、第44回日本人工関節学会、2月22日 (2014)
  34. 岡崎義光、“積層造形技術の動向”、第101回人工関節の機能高度化研究会、1月25日 (2014)
  35. 岡崎義光、“医療認証について”、第4回AMシンポジウム、1月17日 (2014)
  36. 岡崎義光、“医療用形状記憶合金のJIS化”、SMAシンポジウム2013、11月15日 (2013)
  37. 伊藤敦夫、“セラミック材料の医療応用と研究最前線”、日本学術振興会加工プロセスによる材料新機能発現第176委員会第24回研究会、11月1日(2013)
  38. 廣瀬志弘、“再生医療分野におけるガイドラインおよび標準の策定動向”、ファインセラミックス標準化連絡協議会、9月27日(2013)
  39. 岡崎義光、“医療機器の薬事法改正について”、チタン協会医療材料部会、9月20日 (2013)
  40. 伊藤敦夫、“医療機器、薬物組み合わせ医療機器の薬事承認を目指した研究開発”、日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム、9月5日(2013)
  41. 岡崎義光、“インプラントに関する政策動向”、第4回インプラント解析研究会、8月30日 (2013)
  42. 廣瀬志弘、“再生医療の実用化・産業化を支援する標準およびガイドラインの策定動向-薬事承認審査動向を踏まえて-”、情報機構講演会、7月19日(2013)
  43. 岡崎義光、“金属系バイオマテリアルに求められる特性と生体機能化技術動向”、バイオマテリアルの研究開発動向と今後の展開に関するセミナー、7月17日(2013)
  44. 廣瀬志弘、“再生医療/細胞・組織加工製品の国内外標準およびガイドライン策定動向と展望”、R&D支援センター 講演会、6月24日(2013)
  45. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資する国内外の標準およびガイドラインの策定動向”、新化学技術推進協会(JACI)ライフサイエンス技術部会、6月11日(2013)
  46. 廣瀬志弘、“再生医療/細胞・組織加工製品・実用化/産業化のための国内外標準およびガイドラインの策定動向”、サイエンス&テクノロジー講演会、5月31日(2013)
  47. 岡崎義光、“人工関節の評価方法・審査基準の現状と今後求められる人工関節像”、バイオ関連セラミックス分科会第41回研究会、5月31日 (2013)
  48. 岡崎義光、“高生体適合性金属材料の製造プロセスの最新動向”、第98回人工関節の機能高度化研究会、4月27日(2013)
  49. 岡崎義光、“薬事審査のしくみ-外科系インプラントを中心に-”、震災復興技術推進シンポジウム、3月11日 (2013)
  50. 岡崎義光、“カスタムメイドインプラントの設計・製造技術の動向”、第43回日本人工関節学会、2月23日 (2013)
  51. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資する国際標準化活動”、つくば医工連携フォーラム2013、1月29日(2013)
  52. 岡崎義光、“整形外科用インプラントのミクロ組織と機械的性質”、第254回材料試験技術シンポジウム、1月22日 (2013)
  53. 岡崎義光、“整形外科用インプラントの評価の現状”、第25回バイオエンジニアリング講演会、1月9日 (2013)
  54. 岡崎義光、“整形インプラントに関する最新政策動向”、チタン協会医療材料部会、12月18日 (2012)
  55. 廣瀬志弘、“再生・細胞医療技術に関する標準化の動向-国内外における規格化及びガイドライン化の取組み-”、再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)セミナー、11月30日(2012)
  56. 大矢根綾子、矢崎侑振、王秀鵬、十河友、伊藤敦夫、山崎淳司、鶴嶋英夫、“遺伝子導入機能を有すアパタイト複合層の設計と応用”、日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012、仙台国際センター、11月27日 (2012)
  57. 廣瀬志弘、“幹細胞技術及び再生医療分野の用語と定義の標準化”、再生医療イノベーションフォーラム(FIRM) 標準化WG、11月21日(2012)
  58. 伊藤敦夫、“再生医療と医療機器の開発状況と将来への展望”、日本電子材料技術協会第49回秋期講演大会、11月9日(2012)
  59. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資するガイドライン策定と国際標準化活動”、第64回日本生物工学会大会、10月26日(2012)
  60. 岡崎義光、“カスタムメイド医療機器について”、産総研オープンラボ講演会、10月25日 (2012)
  61. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化に資するガイドラインと国際標準の策定”、日本技術士会 生物工学部会、10月6日(2012)
  62. 伊藤敦夫、“PMDAの概要と医療機器開発における企業、大学・公的機関への期待”、第14回医療福祉技術シンポジウム、9月27日(2012)
  63. 岡崎義光、“人工関節の評価方法・審査基準の現状と今後求められる人工関節像”、次世代型人工関節開発に向けた摩耗防止技術と規制対応、9月20日 (2012)
  64. 岡崎義光、“インプラントに関する政策動向 ”、第3回力学解析研究会、8月31日 (2012)
  65. 岡崎義光、“インプラント材料の動向について”、日本ねじ研究協会第43回定時総会、”、6月12日 (2012)
  66. 廣瀬志弘、“再生医療分野における国際標準化活動”、日本工業標準調査会 標準部会 医療用具技術専門委員会 第2回医療安全ワーキンググループ、4月26日(2012)
  67. 廣瀬志弘、“再生医療関連の国際標準化動向”、日本工業標準調査会 医療用具専門部会 医療安全ワーキンググループ、4月26日(2012)
  68. 廣瀬志弘、“再生医療の産業化を指向した再生医療技術の標準化”、日本生物工学会 セルプロセッシング計測評価研究部会主催 第2回先端技術ワークショップ、3月15日(2012)
  69. 岡崎義光、“生体医療材料”、日本材料学会関東支部フォーラム、3月15日 (2012)
  70. 岡崎義光、“ 生体との不適合を解決するための高生体適合性(カスタムメイド)インプラントの開発”、課題解決型医療機器の開発・改良に向けた病院・企業間の連携支援事業成果報告シンポジウム、3月14日 (2012)
  71. 廣瀬志弘、“ ISO/TC150における取り組み経緯、現状及び将来展望”、「幹細胞技術の標準化:再生医療への期待」公開シンポジウム、2月25日(2012)
  72. 岡崎義光、“材料工学が活きる医療機器技術~カスタムメイドインプラント~”、「食と健康」医農工連携人材育成事業講座、2月3日 (2012)

ページトップへ

研究グループ紹介