生体材料研究グループ

再生医療と高機能性生体材料に関する、基礎研究、製造技術、安全性評価、有効性評価、臨床橋渡し、標準化活動、ガイドライン作成を通じ、整形外科、歯科、がん、心疾患の治療に貢献します。

研究紹介

再生医療と高機能生体材料の開発、標準化、ガイドライン化、臨床橋渡しを通じ、整形外科、歯科、がん等に対する身体に優しい治療、迅速な治療、個々の患者に合った治療の構築と高度化に取り組んでいます。

研究紹介

メンバーと主な担当課題

研究成果 
氏 名    役 職

主な研究テーマ

R

G.S.

PAT

AIST

伊藤 敦夫  研究グループ長

成長因子コンビネーション医療機器の臨床応用

がん免疫療法用アジュバントの開発と臨床橋渡し

コンビネーション製品レギュラトリーサイエンス

R

G.S.

PAT

AIST

小沼 一雄  上級主任研究員

人体硬組織の迅速再生

タンパク質結晶化の物理解明と応用

発癌と転移の化学機構

R

G.S.

PAT

AIST

岡崎 義光  上級主任研究員

インプラント用金属材料の創製

患者に最適なインプラントの設計・開発

評価方法、ガイドライン、高生体適合化

R

PAT

AIST

廣瀬 志弘  上級主任研究員

幹細胞機能予測技術

細胞製造システム

開発ガイドライン・国際標準策定

R

G.S.

PAT

AIST

十河 友   主任研究員

生体活性物質‐リン酸カルシウム複合層の形成

シグナル分子複合化による生体材料の高機能化

リン酸カルシウムを利用したDDS

R

G.S.

PAT

AIST

王 秀鵬   主任研究員

アジュバント

抗腫瘍免疫賦活材料

人工骨材料

R

G.S.

PAT

AIST

安永 茉由  研究員

成長因子コンビネーション製品等の品質管理

高機能性生体材料の分子細胞生物学的評価

環境因子による幹細胞多能性維持への影響解析

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

AIST

産総研データベース:

PAT

産総研特許情報:

G.S.

Google Scholar:

R

ResearchID: