次回研究会

次世代バイオナノ研究会平成26年度第1回研究会
- 健康長寿社会を目指したMEMSものづくり -

主催:産業技術総合研究所
共催:健幸支援産業創出ネットワーク会議
協賛:日本化学会、応用物理学会、日本薬学会、日本分析化学会(予定)
会期:平成27年2月10日(火)、13:00~16:30
会場:高松サンポート合同庁舎アイホール
   (JR高松駅より徒歩すぐ、合同庁舎低層棟2階)
参加費:無料
交流会:17:00~18:00(会費1500円)
参加申込み:ホームページより       こちらから >>>  お申込み


※ 参加申込みボタンをクリック頂いても参加受付画面が表示されない場合は、恐縮ですが、bionano-ml (at) aist.go.jp までお名前、ご所属、部署、メールアドレスをご連絡下さい。


プログラム:
健康ライフコンパス(株) 社長 斎藤健一 氏
 「自己採血による健康セルフチェックの現状と課題(仮)」

産業技術総合研究所 健康工学研究部門 研究グループ長 萩原義久 氏
 「未病計測システム実現へ向けた三位一体開発~バイオマーカー、抗体、機器」

香川大学 工学部 知能機械システム工学科 准教授 鈴木孝明 氏
 「細胞・染色体解析技術を目指したMEMSものづくり」

パナソニックヘルスケア(株) 顧問 南海史朗 氏
 「バイオ電池の研究から血糖センサの事業化へ」