健康工学研究部門について

ー100歳を健康に生きるための技術開発ー

職員・研究者一覧

研究成果

氏 名 [役 職]

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

達  吉郎 [研究部門長]

四国センター

y-tatsuaist.go.jp

ペプチド、光化学、等の技術相談に応じます。

P

G.S.

鎮西 清行[副研究部門長]
[界面・材料研究グループ長]

つくばセンター
つくば東

k.chinzeiaist.go.jp

院内での作業記録・アノテーションが可能なSCCアプリとSCCToolKitを活用した連携、医療機器支援ネットワークでの連携を行っています。医療機器承認申請の審査経験が豊富です。

P

G.S.

大家 利彦[副研究部門長]
四国センター [所長代理]

四国センター

toshihiko-ooieaist.go.jp

バイオマーカー解析チップ、周辺機器につき、広く連携可能。レーザ微細加工も相談に応じる。その他、フィルムの精密切断装置、金属箔の変形修正技術、樹脂表面の意匠性向上技術等。

P

G.S.

G.S.

黒澤 茂[総括研究主幹]

つくばセンター
つくば中央第六

shigeru-kurosawaaist.go.jp

ResearchGate

機能性材料を基軸にしたコーディネートが可能。

守谷 哲郎 [名誉リサーチャー]
大串 始  [名誉リサーチャー]
田口 隆久 [名誉リサーチャー]
二木 鋭雄 [名誉リサーチャー]
立石 哲也 [名誉リサーチャー]
山根 隆志  [名誉リサーチャー]

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

小関 義彦 研究グループ長

つくばセンター
つくば東

koseki-yaist.go.jp

手術ロボット、ロボット機構学、手術ナビゲーションデバイスの開発、手術ロボットの安全性評価を進めています。医療機器承認申請の審査経験が豊富です。

P

G.S.

永田 可彦  主任研究員

つくばセンター
つくば東

nagata.yaist.go.jp

researchmap

超音波画像装置と超音波を用いた組織性状の同定技術を開発しています。関連応用技術の試作・実用化、公的資金獲得の実績が豊富です。

P

新田 尚隆  主任研究員

つくばセンター
つくば東

n.nittaaist.go.jp

個人Webページ

超音波を用いた組織性状計測、超音波に関する各種物性・生理計測技術、超音波の生体安全性についての開発や研究を行っています。医療機器支援ネットワークでの連携を進めています。

P

三澤 雅樹  主任研究員

つくばセンター
つくば東

m.misawaaist.go.jp

個人Webページ

X線物理学と放射線医学、金ナノ粒子の放射線治療の増感効果の開発・評価を行っています。医療機器承認申請の審査経験が豊富です。医療機器支援ネットワークでの連携を進めています。

P

葭仲 潔   主任研究員

つくばセンター
つくば東

k.yoshinakaaist.go.jp

個人Webページ

集束超音波装置の最適設計・試作と評価技術(音場、温度分布の可視化など)の開発を行っています。集束超音波に関する内外の連携構築実績が豊富です。

P

鷲尾 利克  主任研究員

つくばセンター
つくば東

washio.taist.go.jp

個人Webページ

軟組織・硬組織の力学計測と数値シミュレーション、非線形力学モデルを専門としています。医療機器承認申請の審査経験が豊富です。

P

G.S.

高木 亮   研究員

つくばセンター
つくば東

ryo-takagiaist.go.jp

生体医工学、超音波工学、圧電工学を専門として、超音波を用いた低侵襲治療デバイスの設計・安全性評価技術の開発および、超音波による生体計測・評価技術の開発を行っています。

P

G.S.

橋村 圭亮  研究員

つくばセンター
つくば東

hashimura-kaist.go.jp

生体光学,生体医工学,レーザー応用,計算工学を専門としていて,低侵襲な光医療技術の開発,および機械学習等による医療動作スキルの解析や作業支援技術の開発を行っています。

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

西田 正浩 研究グループ長

つくばセンター
つくば東

masahiro.nishidaaist.go.jp

専門分野に関する種々評価試験について、スポット的な技術相談に対応可能。得られた知見から、最適な流体設計を提案することを目的として、幅広く企業等との共同研究を実施しています。

P

G.S.

山下 樹里  主任研究員

つくばセンター
つくば東

yamashita-juliaist.go.jp

手技研修/医療機器評価用患者モデル・研修プログラム開発の請負実績あり。

P

G.S.

小阪 亮   主任研究員

つくばセンター
つくば東

ryo.kosakaaist.go.jp

循環器系医療機器に関しては、先端的な内容も含めて相談可能です。特に、「血液ポンプの開発」、「循環器系のセンサの開発」、「再生医療の評価」、「医工連携による事業化支援」などを実施しています。

P

G.S.

健康工学

迫田 大輔  主任研究員

つくばセンター
つくば東

sakota.aoaist.go.jp

生体光学、生体医工学、レーザー応用、計算工学を専門としていて、低侵襲な光医療技術の開発および機械学習等による医療動作スキルの解析や作業支援技術の開発を行っています。

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

伊藤 敦夫 研究グループ長

つくばセンター
つくば中央第六

atsuo-itoaist.go.jp

資金提供型共同研究を実施中。

P

G.S.

健康工学

岡崎 義光 上級主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

y-okazakiaist.go.jp

医療機器分野への新規参入する場合に障壁とみえる技術の打開に有用な技術の橋渡しには、製品開発の初期の段階から薬事取得までの積極的な支援を行いたい。

P

廣瀬 志弘 上級主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

motohiro-hiroseaist.go.jp

細胞製造システム技術について、連携希望。専門分野についてはスポット的な技術相談にも対応可能。

P

G.S.

十河 友   主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

yu-sogouaist.go.jp

特定企業との共同研究を実施中。

P

G.S.

王 秀鵬   主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

xp-wangaist.go.jp

ワクチンの免疫活性機能増強用アジュバント、抗血栓材料、骨修復材料 、薬物担体材料について、連携希望。癌免疫アジュバントは特定企業との共同研究を実施中。

P

G.S.

安永 茉由  主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

m-yasunagaaist.go.jp

遺伝子組換え動物や培養細胞を用いたバイオアッセイや評価技術の相談・支援に対応可能。

孫 略  研究員

つくばセンター
つくば中央第六

lue.sunaist.go.jp

生体材料を用いたがん免疫治療の開発を実施中。

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

鎮西 清行 研究グループ長
(兼務)

つくばセンター
つくば東

k.chinzeiaist.go.jp

院内での作業記録・アノテーションが可能なSCCアプリとSCCToolKitを活用した連携、医療機器支援ネットワークでの連携を行っています。医療機器承認申請の審査経験が豊富です。

澤口 隆博  主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

sawaguchi.taist.go.jp

先端的な内容を含めて対応可能。技術相談にも対応可。

P

G.S.

鈴木 祥夫  主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

suzuki-yoshioaist.go.jp

ResearchGate

「プロテオーム解析用の分析試薬の開発」、「血管内皮細胞増殖因子を検出するための分析システムの開発」なども実施してきている。各種分析試薬の技術相談も含めて対応可能。

平田 芳樹  主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

y-hirataaist.go.jp

P

G.S.

小川 昌克  主任研究員

つくばセンター
つくば中央第六

ogawa.yaist.go.jp

リポソームや培養細胞を用いた評価系に関して対応可能。

P

G.S.

岡田 智   研究員

つくばセンター
つくば中央第六

okada-saist.go.jp

ナノ粒子、合成分子、生体分子もしくはそれらのハイブリッド材料を用いた生体解析技術に関して対応可能。

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

山村 昌平 研究グループ長

四国センター

yamamura-saist.go.jp

希少な細胞の探索、評価、診断等、様々な応用研究に随時対応可能。

P

G.S.

伊藤 民武 上級主任研究員

四国センター

tamitake-itouaist.go.jp

個人Webページ

SERS機構解明の研究から、SERS基板やSERS分光器の開発まで実施経験があり、共同研究の対応可能。また、分子分光、金属ナノ粒子についても相談に応じることができる。

P

G.S.

田中 芳夫  主任研究員

四国センター

yo-tanakaaist.go.jp

個人Webページ

研究内容に直結するものであれば、共同研究、技術指導の対応可能(学生の場合は、2年以上の受け入れの場合のみ対応可能)。スポット的技術相談も、適時対応可能。

P

渕脇 雄介  主任研究員

四国センター

yu-fuchiwakiaist.go.jp

研究内容に関しては、先端的な内容も含めて対応可。現在、関西地方の公設研と企業を含め、プロトタイプ装置の作製に向けて地域貢献での連携を模索中。

P

G.S.

重藤 元   研究員

四国センター

m-kataokaaist.go.jp

生細胞応答のイメージング、評価技術に関連する企業、医療機関との連携を希望新規テーマに関しては随時対応可能

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

片岡 正俊  研究グループ長

四国センター

m-kataokaaist.go.jp

特定企業との共同研究を実施中。

P

G.S.

田中 正人 主任研究員

四国センター

mst-tanakaaist.go.jp

バイオマーカー検出デバイス・マイクロチップ・インクジェット・レーザ加工・システム化などについて、ニーズがあれば対応可能。

P

G.S.

橋本 宗明  主任研究員

四国センター

muneaki-hashimotoaist.go.jp

マラリア排除、撲滅に貢献するデバイス開発のための共同研究を希望。

P

G.S.

梶本 和昭  主任研究員

四国センター

k-kajimotoaist.go.jp

ResearchGate

肥満・糖尿病の未病診断に関して共同研究可能 。

P

G.S.

横田 一道  研究員

四国センター

kazumichi-yokotaaist.go.jp

ナノ・マイクロデバイスの設計作製や、それらを用いた溶液中微小検体の1粒子分解能計測に関する共同研究可能。

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

槇田 洋二 研究グループ長

四国センター

y-makitaaist.go.jp

溶存イオンを除去・回収するための吸着技術や無機系抗菌剤の応用に関して、技術相談や共同研究等に対応可能。

P

G.S.

苑田 晃成 上級主任研究員

四国センター

a.sonodaaist.go.jp

研究内容に関しては、先端的内容も対応可能。「NMR測定に関する技術指導」など、化学に関する技術相談にも応じます。

P

小比賀 秀樹 主任研究員

四国センター

hideki-obikaaist.go.jp

X企業との共同研究実施中。

P

G.S.

堀江 祐範  主任研究員

四国センター

masa-horieaist.go.jp

粒子状物質有害性評価および微生物の機能性評価については前向きに対応したい。現在企業と連携中の課題あり。

P

田部井 陽介 主任研究員

四国センター

y-tabeiaist.go.jp

細胞影響評価に関心のある企業と連携を希望。

吉原 久美子 主任研究員

四国センター

kumiko.yoshiharaaist.go.jp

主に歯科材料の研究、開発を行う。接着材料の技術相談、共同研究が可能。

P

杉浦 悠紀  研究員

四国センター

yuki-sugiuraaist.go.jp

製品化研究、実用化研究の経験あり。無機材料に分類される材料ならば、評価技術の相談・支援が可能。

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

P

G.S.

中島 芳浩 研究グループ長

四国センター

y-nakajimaaist.go.jp

特定企業と共同研究実施中。発光培養細胞を用いた各種の細胞応答評価について対応可能。

P

G.S.

安部 博子  主任研究員

四国センター

abe-abeaist.go.jp

研究内容に関しては、先端的な内容を含めて対応可能。その他「ユズおよびオリーブ糖脂質の免疫制御機能についての研究」なども実施。専門分野に関する相談にも前向きに応じる。

P

G.S.

平野 研 主任研究員

四国センター

hirano-kenaist.go.jp

researchmap

光圧力によるマイクロ流体チップ型微粒子ソーターのテーマについては、特定企業と連携中。その他、企業プロジェクト提案にマイクロ流体チップ技術で参画中。

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。

<研究成果の凡例>   [自動検索システムを使用] 検索結果には若干のノイズが入る場合があります。

G.S.

Google Scholar:

P

Publons:

ページトップへ

研究成果

氏 名  役 職

勤務地

メールアドレス

橋渡し

イノベーション推進本部
産学官・国際連携推進部 [審議役]
(兼) 健康工学研究部門 [研究部門付]

矢吹 聡一


P

つくばセンター
つくば中央第一本部

s.yabukiaist.go.jp

イノベーション推進本部 [総括企画主幹]
(兼) 健康工学研究部門[研究部門付]

丸山 修

P

G.S.

つくばセンター
つくば中央第一本部

osamu.maruyamaaist.go.jp

血液凝固反応の簡易分析については、手法を含めた連携を希望。せん断流れ場における血液凝固・溶血量定量評価は、目的基礎研究として連携可能。

四国センター研究業務推進室 [主査]
(兼) 健康工学研究部門[研究部門付]

池田 俊哉

四国センター

t.ikedaaist.go.jp

つくば東事業所研究業務推進室
会計グループ [主査]
(兼) 健康工学研究部門[研究部門付]

成島 良子

つくばセンター
つくば東

narushima-yoshiaist.go.jp

つくば中央第六事業所研究業務推進室
会計グループ [主査]
(兼) 健康工学研究部門[研究部門付]

井上 裕美子

つくばセンター
つくば中央第六

yumiko-inoueaist.go.jp

つくば中央第六事業所研究業務推進室
会計グループ [主査]
(兼) 健康工学研究部門[研究部門付]

関 佳奈江

つくばセンター
つくば中央第六

kanae.sekiaist.go.jp

つくば中央第六事業所研究業務推進室
会計グループ [主査]
(兼) 健康工学研究部門[研究部門付]

青木 真理子

つくばセンター
つくば中央第六

mariko-aokiaist.go.jp

※@マークは画像に変換しておりますので、ご了承ください。