国立研究開発法人産業技術総合研究所のHPへ
現在位置>産学官連携・知的財産  >Dr'sイノベーション >Dr'sイノベーションとは メニュースキップ
Dr'sイノベーションとは

このサイトでは、2007年10月より若手研究者のキャリア開発に関する様々な情報、特にイノベーション推進に関する情報を広く発信しています。ホームページのタイトル「Dr's イノベーション(ドクターズ イノベーション)」には、博士の高度な技術と知識こそがイノベーションの推進エンジンとなる、またそのための環境整備の一つとしてこのサイトを立ち上げ、発展させていく、という思いを込めています。

このサイトが扱う話題に関し、いくつかのキーワードがありますが、「博士」、「ポスドク」、と「イノベーション」について少し説明いたします。

【 「博士」の現状 】
博士とは、大学院にて博士の学位試験に合格した者であり、学位の中の最高位になります。飛び級で無ければ最短で27歳で博士になります。博士課程修了者は 年間約1.6万人ほどです(文科省学校基本調査より)。日本政府の科学技術政策の指針となる、第三期科学技術基本計画には、『博士号取得者は、社会の多様 な場で、高度な知識基盤社会をリードし、支え、活躍すべき存在であるとの観点から、・・・(中略)・・・、社会の多様な場で活躍しうる博士号取得者の育成 を強化する』との記載があります。博士は高等教育の最高峰まで修了された方であり、その能力を社会のために発揮して頂くことが望まれるのはある意味当然で す。

しかしながら、社会における雇用の中心である民間企業では博士の働き場所は必ずしも明確ではないという意見があります。実際、日本総合研究所の調査では、 博士号取得者で民間企業に就職される方の割合は約17%という結果があります。これはアメリカ合衆国に比べると半分程度になります(文科省、NISTEP の調査)。また、企業のうち、博士課程修了者をほぼ毎年採用する企業は10%程度であり、修士課程修了者に比べると非常に少なくなっています。(文部科学 省調査より)

以上の状況から、第三期科学技術基本計画の記述の通り、今後博士がより活躍出来る環境整備が進められていくことになるでしょう。このホームページの目的は、まさにこの「博士がより活躍出来るための環境整備」の一つに他なりません。

【 「ポスドク」とは? 】
ポスドクという言葉をお聞きになったことはあるでしょうか?ポスドクとは、博士課程修了後に大学や公的研究機関、民間企業等において、任期付雇用の形態でプロジェクト研究等に携わっている方々のことです。

博 士号取得者が高度な知識基盤社会をリードする存在と述べましたが、ポスドクは博士取得後に研究を業務として実施しており、研究能力についてはとりわけ秀で たものを持っています。ポスドクの総数は現在1.5万人程度であり、この10年で大きく増えました。これは、1996年に「ポストドクター等1万人支援計 画」という政策で、積極的に人数を増やす政策を進めたためです。その目的は、大学は公的研究機関の人材流動性を増し、研究競争力を高めることがそのひとつ でした。また、ポスドクが任期終了後民間企業においても活躍して頂くことを期待していました。しかしながら、現在のところポスドクが民間企業に就職するの は大きな流れとなっていないのが現状です。結果として、ポスドクを経験したのちのキャリアパスが不透明であり、それがポスドクというポストの魅力低下につ ながっているという意見もあります。

【 イノベーションと博士 】
「イノベーション」という言葉はしばしば「技術革新」などと訳されます。ただ、様々な付加的な意味を持つケースもしばしばあります。例えば、イノベーショ ンについては、日本政府の長期戦略指針「イノベーション25」に以下の説明があります。 「イノベーションとは、これまでのモノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすこと を指します。 例えば、内燃機関(エンジン)や半導体の技術は、他の技術と組み合わさって自動車やパソコン・インターネットとして世に現れ、我々の生活を 大きく変えました。これらは典型的なイノベーションの例と言えるでしょう。 」。

産 業技術総合研究所(産総研)では、目指すイノベーションとして、技術革新の成果によって経済成長と環境保全を両立できるよう産業構造変革を起こすプロセス と考えています。いずれにせよ、大きな変化を伴う技術の革新によって、人々の暮らしを様々な意味で向上させるということが一致した理解のされ方でしょう。

ま た、平成19年6月に閣議決定された長期戦略指針「イノベーション25」においても、その基本的な考えとして『人材育成が最重要』とあり、社会構造を変え るような技術革新に関しても人材育成によってそれを推進することが謳われています。私たちは、この考えにのっとり、「人材育成」によるイノベーションの推 進を目指します。特に、その貢献が期待されている博士が社会のより多様な場で活躍出来るよう環境整備を行うことで、それを実現したいと考えています。

【 「Dr’s イノベーション」の役割 】
「Dr’s イノベーション」は、その環境整備の一つとして産業技術総合研究所が運営しています。博士の人材育成やキャリア開発は現在非常に注目を集めており、様々な方が、様々な方法で意見や情報を発信しています。 私たちは、それらの情報を集約することにより、よりこの問題に関する議論が進むことを望んでいます。



連絡先

 
独立行政法人 産業技術総合研究所 人事部 人材開発企画室  
  〒305-8560  茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1 つくば本部・情報技術共同研究棟 7階
TEL 029-862-6277  FAX 029-862-6416  MAIL
 
ページの先頭へ
  ご利用条件  |  個人情報保護 ©産総研