2017年11月
 渡辺由美子主任研究員 と プトラ大・Nik-Mohd-Afizan の論文「Blood-brain barrier derangement after electrical brain stimulation」が、科学専門誌 Journal of Neurology & Neuromedicine に採択されました。[Abstract]


 2017年8月
 長坂和明君(筑波大学大学院生)と 松田圭司主任研究員・肥後範行主任研究員の論文「Late-onset hypersensitivity after a lesion in the ventral posterolateral nucleus of the thalamus: A macaque model of central post-stroke pain」が、科学専門誌 Scientific Reports に掲載されました。[Abstract] [プレス発表]

 2017年7月
 松田圭司主任研究員の論文「A widely applicable real-time mono/binocular eye tracking system using a high frame-rate digital camera」が、情報科学誌 Lecture Notes in Computer Science に掲載されました。[Abstract]

 2017年7月
 長坂和明君(筑波大学大学院生)と 渡辺由美子主任研究員の論文「Topographical projections from the nucleus basalis magnocellularis (Meynert) to the frontal cortex: A voltage-sensitive dye imaging study in rats」が、科学専門誌 Brain Stimulation に掲載されました。[Abstract]

 2017年7月
 渡辺由美子主任研究員 と プトラ大・Nik-Mohd-Afizan の論文「Safety of anodal transcranial direct current stimulation with respect to blood-brain barrier pearmeability in the rat」が、科学専門誌 Current Neurobiology に掲載されました。[Abstract]

 2017年6月
 長坂和明君(筑波大学大学院生)と 肥後範行主任研究員の論文「Brain activity changes in a macaque model of oxaliplatin-induced neuropathic cold hypersensitivity」が、科学専門誌 Scientific Reports に掲載されました。[Abstract]

 2017年6月
 林隆介主任研究員の論文 「A new analytical method for characterizing nonlinear visual processes with stimuli of arbitrary distribution: Theory and applications」が、科学専門誌 Journal of Vision に掲載されました。[Abstract]

 2017年1月
 竹村文主任研究員の論文 「Neural activity in the dorsal medial superior temporal area of monkeys represents retinal error during adaptive motor learning」が、科学専門誌 Scientific Reports に掲載されました。[Abstract]

 2017年1月
 菅生康子主任研究員と筑波大の共同研究論文「Information accumulation over time in monkey inferior temporal cortex neurons explains pattern recognition reaction time under visual noise」が、科学専門誌 Frontiers in Integrative Neuroscience に掲載されました。[Abstract]

 2016年11月
 つくば国際大・山本竜也助教と肥後範行主任研究員の共同研究論文「Expression of secreted phosphoprotein 1 (osteopontin) in human sensorimotor cortex and spinal cord: Changes in patients with amyotrophic lateral sclerosis」が、科学専門誌 Brain Research に掲載されました。[Abstract]

 2016年10月
 理研・九里信夫研究員と高島GLの共同研究論文「High-order motor cortex in rats receives somatosensory inputs from the primary motor cortex via cortico-cortical pathways」が、科学専門誌 European Journal of Neuroscience に掲載されました。[Abstract]


 2016年8月
 肥後範行主任研究員・村田弓研究員の論文 「Neural Activity during Voluntary Movements in Each Body Representation of the Intracortical Microstimulation-Derived Map in the Macaque Motor Cortex」が、科学専門誌 PLoS ONE に掲載されました。[Abstract]

 2016年5月
 村田弓研究員・肥後範行主任研究員の論文 「Development and Characterization of a Macaque Model of Focal Internal Capsular Infarcts」が、科学専門誌 PLoS ONE に掲載されました。[Abstract]

 2016年2月
 佐藤孝明上級主任研究員と高島GLの共同研究論文「A novel method for quantifying similarities between oscillatory neural responses in wavelet time-frequency power profiles」が、科学専門誌 Brain Research に掲載されました。[Abstract]

 2016年1月
 理研, 明治大と高島GLの共同研究論文「The ventral tegmental area modulates intracortical microstimulation (ICMS)-evoked M1 activity in a time-dependent manner」が、科学専門誌 Neuroscience Letters に掲載されました。[Abstract]

 2015年10月
 菅生康子主任研究員の総説「逆さま顔の認知からみた脳の働き」が、Brain and Nerve に掲載されました。

 2015年6月
 明治大・梶原利一准教授と高島GLの共同研究論文「Early exposure to urethane anesthesia: effects on neuronal activity in the piriform cortex of the developing brain」が、科学専門誌 Neuroscience Letters に掲載されました。 [Abstract]

 2015年6月
 理研・九里信夫研究員と高島GLの共同研究論文「A transparent epidural electrode array for use in conjunction with optical imaging」が、科学専門誌 Journal of Neuroscience Methods に掲載されました。 [Abstract]

 2015年6月
 小高泰主任研究員と大阪大学・北澤茂教授の共同研究論文「Decoding the timing and target locations of saccadic eye movements from neuronal activity in macaque oculomotor areas」が、科学専門誌 Journal of Neural Engineering に掲載されました。 [Abstract]

 2015年5月
 小村豊主任研究員の論文「Cerebral hierarchies: predictive processing, precision and the pulvinar.」が、科学専門誌 Philosophical Transaction of Royal Society B Biological Sciences に掲載されました。 [Abstract]  

 2015年5月
 村田弓研究員・肥後範行主任研究員の論文 「Increased expression of the growth-associated protein-43 gene after primary motor cortex lesion in macaque monkeys.」 が、科学専門誌 Neuroscience Research に掲載されました。 [Abstract]  

 2015年3月
 山本慎也主任研究員の総説「Tactile temporal order」が、Scholarpedia に掲載されました。

2015年1月7日
 村田弓研究員・肥後範行主任研究員の論文 「Temporal Plasticity Involved in Recovery from Manual Dexterity Deficit after Motor Cortex Lesion in Macaque Monkeys.」 が、科学専門誌 Journal of Neuroscience に掲載されました。 [Abstract]  【産総研 研究成果】

 2014年10月
 山本慎也主任研究員が、第24回つくば奨励賞」を受賞しました。

 2014年9月10日
 菅生康子主任研究員の論文 「Face Inversion Decreased Information about Facial Identity and Expression in Face-Responsive Neurons in Macaque Area TE.」 が、科学専門誌 Journal of Neuroscience に掲載されました。 [Abstract]  【産総研 研究成果】

 2014年8月20日
 菅生康子主任研究員の論文 「Small effect of upcoming reward outcomes on visual cue-related neuronal activity in macaque area TE during conditional associations.」 が、科学専門誌 Neuroscience Research に掲載されました。 [Abstract] 

 2014年7月
 山本慎也主任研究員の論文 「Basal Ganglia Circuits for Reward Value–Guided Behavior 」 が、科学専門誌 Annual Review of Neuroscience に掲載されました。 [Abstract] 

 2014年6月25日
 九里信夫君(筑波大学大学院生)の論文 「Voltage-sensitive dye imaging of primary motor cortex activity produced by ventral tegmental area stimulation.」 が、科学専門誌 Journal of Neuroscience に掲載されました。 [Abstract] 【研究成果の解説ページ】

 2014年1月
 小村豊主任研究員の論文が、Faculty of 1000から重要論文として、推薦されました。  [Abstract]

 2013年8月
 小村豊主任研究員の 「わかった!」 そのとき,脳では何がおきている? について科学雑誌 Newton 8月号に掲載されました。

 2013年7月4日
 山本慎也研究員の論文 「Reward Value-Contingent Changes of Visual Responses in the Primate Caudate Tail Associated with a Visuomotor Skill.」 が、科学専門誌 Journal of Neuroscienceに掲載されました。 [Abstract]

 2013年5月31日
 肥後範行主任研究員の論文 「Differential expression of secreted phosphoprotein 1 in the motor cortex among primate species and during postnatal development and functional recovery.」 が、科学専門誌 PLoS ONE に掲載されました。 [Abstract]

 2013年5月13日
 小村豊主任研究員が 「知覚意識を支える神経メカニズムを解明」しました。 発表論文 「Responses of pulvinar neurons reflect a subject's confidence in visual categorization」, Nature Neuroscience [Abstract]

 2013年4月16日
 山本慎也研究員が 「平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞」を受賞しました。 [AIST],  [HTRI]]

 2012年9月18日
 小高泰主任研究員がヒューマンライフテクノロジー研究部門研究成果発表会において研究奨励賞を受賞しました。       

 2012年8月7日
 山本慎也研究員の論文 「What and Where Information in the Caudate Tail Guides Saccades to Visual Objects」 が、科学専門誌 Journal of Neuroscience に掲載されました。 [[Abstract]

 2012年7月
 山本慎也研究員の論文 「Bayesian Calibration of Simultaneity in Audiovisual Temporal Order Judgments」 が、科学専門誌 PLoS ONE に掲載されました。 [[Abstract]

 2012年5月25日
 肥後範行主任研究員と松田圭司主任研究員が特許を取得しました。「侵襲性器具の生体内位置同定システム(特許第4997387号)」

 2011年12月9日
 山本慎也研究員がヒューマンライフテクノロジー研究部門研究成果発表会において研究奨励賞を受賞しました。       

 2010年11月5日
 松田圭司主任研究員が特許を取得しました。「リハビリ装置(特許第4618795号)」

 2010年9月3日日
 日本神経回路学会第20回全国大会総会において、「2010年度日本神経回路学会奨励賞」を受賞しました。 (筑波大学院  連携大学院生 大藤智世)

 2010年8月
 包括脳ネットワーク夏のワークショップにおいて、「2010年度若手優秀発表賞」を受賞しました。(筑波大学院  連携大学院生 大山薫)

 2009年6月
 「大脳皮質へのドーパミン入力」に関する研究が、科学専門誌 Neuroreport に掲載されました。 [詳細]

 2009年6月
 「視床における空間情報処理」に関する研究が、科学専門誌 Cerebral Cortex に掲載されました。 [詳細]

 2009年6月1日
 渡辺由美子研究員が着任しました。

 2009年4月
 小村豊主任研究員が、 「平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)」を受賞しました。