脳機能計測研究グループでは脳機能計測手法の開発を通して脳機能の解明に取り組んでいます。

近赤外脳機能計測手法の高信頼化手法の開発

脳が、外界からの様々な情報を受け、それらを適切に処理した後に出力する過程で、どの部位でどのように活動しているかを見ることは、脳機能の解明や疾病や障害の診断、また機能回復の評価などを行う上で非常に重要であり、今までにfunctional Magnetic Resonance Imaging (fMRI), functional Near Infrared Spectroscopy (fNIRS), Electroencephalogram (EEG) などの様々な計測手法が開発されてきました。本グループでは、特に近赤外脳機能計測技術(fNIRS)について、その計測原理や生理的な機序への考察に基づいて、様々な外乱に対して安定な計測手法の開発を行い、より信頼度の高い脳機能計測技術の実現を目指しています。


国立開発研究法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 脳機能計測研究グループ
TEL: (029)861-7099(代表)