What's New
イベント:
ジェロンテクノロジーフォーラム2016 特別講演会と研究発表会のお知らせ
テーマ: 高齢者に寄り添うロボティクスの未来
日時: 2016年12月9日(金) 10:00〜17:30
場所: 彩都バイオヒルズセンター会議室 (茨木市彩都あさぎ7丁目7-18)
12月5日
日経情報ストラテジー, Vol.25, No.297, p.15, pp.26-27(2017年1月号)
特集「ゲームだけじゃない ビジネスVR本格始動」 で、産総研の研究(VR酔い, 東大、がんこフードサービス社との産学連携によるDollhouse VR(マルチステー クホルダー参加型レイアウトシミュレーション)実証)が紹介されています。
11月2日
ポスター発表 優秀賞:
細野美奈子、島田茂伸、土井幸輝、榊浩司、近井学、井野秀一:
"水素吸蔵合金アクチュエータを用いた家庭用防災支援ツールの提案",
第3回「公益社団法人日本金属学会研究会 水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会」
9月30日
日経情報ストラテジー, Vol.25, No.295, p.40(2016年11月号)
特集「オープンイノベーションへの道」 で、産総研とがんこフードサービス社との産学連携(行動分析、需要予測、レイアウトシミュレーション)の事例が紹介されています。
イベント:
Symposium on Human Informatics (SHI) 2016
テーマ: R&Dとお客様をつなぐ人間計測技術
日時: 2016年9月29日(木) 10:00-18:00
場所: 日本科学未来館 未来館ホール、ならびに産総研臨海センター
9月23日
ポスターアワード:
近井学, 小澤恵美, 高橋紀代, 布川清彦, 井野秀一:
"触覚機能検査に用いられるモノフィラメントによる発生力の一考察",
生体医工学シンポジウム2016
9月16日
2016年 09月14日
貢献賞:
蔵田武志
特定非営利活動法人日本バーチャルリアリティ学会
9月16日
韓国KBS明見萬里「超 連結社会 ! あなたのプライバシーを共有しますか?」
(2016年 7月15日 (金)22:00~放映)で、城崎温泉でのサービス工学の実証事例が紹介されました。
9月16日
"Co-creative Garment Making for Physically Impaired Persons",
The Fashion MACHINE NEWS, p.39, No. 684, August, 2016, JASMA
9月13日
2016年9月8日
日本ロボット学会 研究奨励賞:
村井昭彦,遠藤維,多田充徳:
"アナトモグラフィックな ボリューメトリック皮膚筋骨格モデルの構築",
9月12日
2016年9月8日
優秀プレゼンテーション賞:
遠藤博史、金子秀和、井野秀一、藤崎和香:
"擬似咀嚼音提示による食感改善技術の開発-咀嚼音生成方法の検討-",
ヒューマンインターフェースシンポジウム2016
9月6日
2016年9月5日
情報処理学会 国際規格開発賞
関喜一:
ISO/IEC 30122-1:2016
Information technology--User interfaces--
Voice commands--
Part 1:Framework and general guidance

ISO/IEC 30122-4:2016
Information technology--User interfaces--
Voice commands--
Part 4:Management of voice command registration
6月19日
日本経済新聞「日曜に考えるヘルス」に 血管年齢の研究成果が掲載されました。
イベント:
産総研ニューロリハビリシンポジウム キックオフ2016 「脳と情報」
日時: 2016年6月18日(土)13:00〜
場所: 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館11階
6月10日
2016年6月9日
Internet Watch イベントレポート Interop Tokkyo 2016で、産総研による視覚障害者移動支援の取り組みである「バーチャルマッピングパーティ」が紹介されました。
6月7日
「海女さんの血管年齢」に関する記事が、産経新聞に掲載されました。
6月4日
第16回臨床血圧脈波研究会において、下記の演題が高得点演題として表彰されました。 「近位大動脈スティフネスの臨床医学的意義」菅原順、東本翼、田中弘文
5月31日
「海女さんの血管年齢」に関する研究が、NHK「おはよう日本」茨城県のニュースで取り上げられました。
5月24日
2016年5月22日:
公明新聞 5面
VRの可能性は無限大 日本バーチャルリアリティ学会蔵田武志理事に聞く で、サービスフィールドシミュレーターが紹介されました。
5月19日
「海女さんの血管年齢」に関する記事が、朝日新聞「ユリイカ!」に掲載されました。
ユリイカ! 海女さん 若さの秘密
5月7日
海女さんの血管年齢」に関する記事が、毎日新聞に掲載されました。
4月20日
「海女さんの血管年齢」に関する記事が、読売新聞に掲載されました。
4月20日
2016年4月5日:
近代縫製新聞 1面において、科研費基盤A「データ同化手法を用いた身体障害者の共創的衣服作製に関する研究」 (代表: 蔵田武志) に関する取り組みが紹介されました。
4月20日
2016年4月1日:
日本ミシンタイムス 4面において、科研費基盤A「データ同化手法を用いた身体障害者の共創的衣服作製に関する研究」 (代表: 蔵田武志) に関する取り組みが紹介されました。
4月20日
2016年3月27日:
Dollhouse VR,“超”仮想現実にようこそ! ~バーチャルリアリティ開発最前線~,サイエンスZERO,NHK Eテレ
4月20日
2015年11月12日:
Dollhouse VR,朝コレカルチャー,す・またん,読売テレビ
3月25日
2016年3月24日:
日本科学未来館科学コミュニケーターブログで、「ともにつくる サイセンタン! 「部屋にいながらマッピングパーティ ~視覚障害者移動支援システムの開発~」」 の様子が紹介されました。
3月23日
2016年3月21日(月) 22:54~23:00:
テレビ東京「未来シティ研究所」にて ニューロコミュニケーターが紹介されました。
ワークショップ:
ともにつくる サイセンタン! 「部屋にいながらマッピングパーティ 〜視覚障害者移動支援システムの開発〜」
開催日時: 2016年3月18日(金)、3月19日(土)
各日11:00〜12:00、13:00〜14:00、15:30〜16:30
各回事前申し込み
開催場所: 日本科学未来館 3階ロビー
3月9日
2016年3月4日:
インタラクション2016 インタラクティブ発表賞(PC推薦)
" Dollhouse VR:複数人が空間を多角的に見ながら協調してレイアウトを検討できるシステム",
著者:杉浦 裕太,尉林 暉,チョン トビー,坂本 大介,宮田 なつき,多田 充徳, 大隈 隆史,蔵田 武志,新村 猛,持丸 正明,五十嵐 健夫
3月9日
2016年3月4日:
インタラクション2016 インタラクティブ発表賞(PC推薦)
"Wrap and Sense:バンド型センサによる把持データ収集システム",
著者:宮田 なつき,杉浦 裕太,朴木 健裕,前田 雄介,遠藤 維,多田 充徳
2月8日
空間の設計士が顧客や従業員と協力してレイアウトを検討できるシステム「Dollhouse VR」,一枚の写真,OplusE,pp.90, 2016年2月号.
2月8日
設計者と利用者がリアルタイムで協働,日経アーキテクチュア 新春特別号,pp.38-39, 日経BP社,2016年1月.
2月8日
Dollhouse VR,共創イノベーション,深層断面,日刊工業新聞,2016年1月20日 36面.
1月28日
イベント:
サービス工学ワークショップ in おおいた
ホルトホール大分(大分県大分市)
1月19日
日本経済新聞  1月18日 朝刊 15面
未来技術2020#3、風景に重ね情報写す、車やメガネに「拡張現実」で、道路メ ンテナンスMRシステムについて紹介がありました。
過去のニュース
イベント:
Symposium on Human Informatics (SHI) 2015
テーマ: 人間機能ディープデータ駆動型の研究とその社会実装
日時: 2015年12月15日(火) 10:00〜
場所: 日本科学未来館 未来館ホール、ならびに産総研臨海センター

イベント:

ジェロンテクノロジーフォーラム2015 特別講演会と研究発表会のお知らせ

「高齢者の自立と尊厳に必要なもの-テクノロジーは何を提供できるか-」

日時: 2015年12月11日(金) 10:00〜17:30
場所: 産業技術総合研究所臨海副都心センター

12月1日
組織図を更新いたしました。
11月30日
2015/11/27:
Internet Watchのイベントレポート:G空間EXPO2015で、サービスフィールドシミュレータや産総研技術移転ベンチャーサイトセンシング社の薄型PDRモジュールが紹介されています。
11月27日

2015年: 10/1

JAWS(Joint Agent Workshop and Symposium) 2015 奨励賞

山下倫央,野田五十樹,荻野光司,高田和幸,大原美保:

「 歩行者シミュレーションを用いた避難におけるリスク軽減策の分析」 

11月16日
日経エレクトロニクス, 2015年11月号, pp.59-67
ジャイロが1〜2ケタ高精度に、屋内測位サービスを後押し
で、産総研のPDRを活用したドコモ地図ナビ、メガチップス社のFrizzなどが紹介されています。
11月13日
2015年11月10日23:00:
ワールドビジネスサテライト トレたま (テレビ東京) : 仮想空間を体感し室内設計でドールハウスVRが紹介されました。
11月13日
2015年11月4日:
J-Net21 : 複数人で協調して空間をレイアウトするシステム「Dollhouse VR」を開発-「操作」と「体感」を両立させて、利用者視点での設計を実現-
11月13日
2015年11月4日:
ASCII.jp : VRゴーグルとタッチパネル端末を活用、ドールハウス感覚の空間レイアウト技術
11月13日
2015年11月4日:
ハザードラボ : 進撃の巨人気分?設計者と居住者の視点で家具をレイアウト
11月13日
2015年11月3日:
白ペンギン : 神視点で家の中を見下ろす巨人(人間)とその中で動くVR視点の小人(アバター)が連携する「Dollhouse VR」
11月13日
2015年11月2日:
マイナビニュース : 「産総研、空間レイアウトの設計者と利用者が協調作業できるシステムを開発
11月13日
2015年11月2日:
ライブドアニュース : 「産総研、空間レイアウトの設計者と利用者が協調作業できるシステムを開発
11月6日
2015年11月3日:
日刊工業新聞「東大と産総研、複数人が協調し室内空間をレイアウトできる「ドールハウスVR」を開発」
11月6日
2015年11月2日:
プレスリリース:複数人で協調して空間をレイアウトするシステム「Dollhouse VR」を開発-「操作」と「体感」を両立させて、利用者視点での設計を実現-」
11月6日
2015年10月29日:
日経情報ストラテジー12月号「徹底図解! ANAの 「おもてなし分析」 (pp.44-47)」で、東大と産総研の共同研究が紹介されました。
11月6日

2015年10月7, 8日:

繊研新聞で、科研費基盤A「データ同化手法を用いた身体障害者の共創的衣服作製に関する研究」 (代表: 蔵田武志) に関する取り組みの詳細が紹介されました。

10月19日
2015年10月10日:
第12回日本子ども学会学術集会 最優秀発表賞
仁木和久:
「主体的行為の学習・記憶」とアクティブラーニングとの関係
10月5日
2015年9月:
ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 優秀プレゼンテーション賞
遠藤 博史, 井野 秀一, 藤崎 和香:
「咀嚼音フィードバックによる食感改善の試み」
10月5日

2015年9月:

第70回日本体力医学会大会 大塚スポーツ医・科学賞 特別賞
東本翼(身体適応支援工学研究グループ、リサーチアシスタント、筆頭)、
菅原順(身体適応支援工学研究グループ、主任研究員)、他:
「16週間の持久性トレーニングが中心動脈伸展性と脳循環動態に及ぼす影響」
9月8日
フジテレビ「Mr.サンデー」(2015年9月6日放映)
「首都直下地震緊急拡大SP 無事避難できるのか?」で
新国立劇場から避難する訓練の様子や観客が避難するシミュレーションが紹介されました。
9月7日

2015年8月26日:

繊研新聞 2面において、科研費基盤A「データ同化手法を用いた身体障害者の共創的衣服作製に関する研究」 (代表: 蔵田武志) に関する取り組みが紹介されました。

9月1日
2015年9月1日:
感性工学会 優秀発表賞
「柔軟物をインタフェース化する手法」
著者:杉浦裕太(人間情報研究部門デジタルヒューマン研究グループ)
8月31日

2015年8月24日:

繊維ニュース 1面において、科研費基盤A「データ同化手法を用いた身体障害者の共創的衣服作製に関する研究」 (代表: 蔵田武志) に関する取り組みが紹介されました。

8月5日
2015年7月22日:
蔵田武志, 興梠正克:
メガチップス社: 特別対談「Frizzの展望」
7月17日

2015年6月13日:

日本人間工学会 論文賞
「人間工学国際規格(ISO)とその最新動向(3) - SC3:人体寸法と生体力学-」
著者:持丸正明(人間情報研究部門)、河内まき子(人間情報研究部門デジタルヒューマン研究グループ)、榎原毅(名古屋市立大学)
6月16日
2015年6月10日:
サイトセンシング株式会社(産総研技術移転ベンチャー)の省電力型歩行者自律航法(PDR)ライブラリが、Location Business Japan 2015 Best of Show Awardのファイナリスト(IoT部門)に選出され、その中から審査員特別賞を受賞しました。
6月12日
EARTH Lab 「次の100年を考える」 でニューロコミュニケーターが紹介されることになりました。
TBSテレビ 2015年6月13日 (土) よる 11時24分〜
5月30日
日本イノベーション融合学会学術奨励賞
「社会の中で社会のためのサービス工学~モノ・コト・ヒトづくりのための研究最前線~」
著者:産業技術総合研究所, 出版: カナリア書房, ISBN-13: 978-4778202583, 2014/2/15
5月26日

ユニ・チャーム株式会社 ニュースリリース2015年2月17日:
「独立行政法人産業技術総合研究所と高齢者に対応した視認性を共同研究
『ライフリー さわやかパッド』にアクセシブルデザインを採用し、パッケージ刷新

5月20日
4月23日フランスの教育系テレビ放送局「France 5」:
脳波による意思伝達装置「ニューロコミュニケーター」に関する特集が報道されました。
放送内容の動画を含む番組サイト(フランス語) へのリンクはこちら。
5月16日
Response 2015年05月16日:
【スマートフォン&モバイルEXPO15】ゼンリンDC、歩行者自律航法やウェアラブル対応をアピール」の中で産総研のPDRが紹介されています。
5月13日
渡辺 健太郎研究員(現サービス設計工学研究グループ)が研究代表の「安全・安心・満足に資する高齢者支援技術 -高齢者と介護関係者をつなぐデジタルーヒューマンネットワークの構築」が国際科学技術共同研究推進事業「日本-フィンランド共同研究」に採択されました。
5月12日
Best Papers award
Kenji Nishida, Takumi Kobayashi, Jun Fujiki:
"The Effect of 2nd-Order Shape Prediction on Tracking non-Rigid Object",
PATTERNS 2015 in Nice, France
4月23日
Internet Watch 2015年4月23日:
趣味のインターネット地図ウォッチ:歩行者自律航法技術による屋内ナビを実現、「ドコモ地図ナビ」サービス開始の中で産総研のPDRが紹介されています。
4月20日
Webサイトを立ち上げました。
4月1日
2015年4月1日付けで人間情報研究部門が発足致しました。