人間行動研究チーム

人間行動研究チームでは,ヒトの行動の計測・評価方法を研究開発し,モビリティの本質を行動面から解明して,これからの新しい社会に適合したモビリティを提案していきます.実路やドライビングシミュレータ,実験室での行動データの計測実験を行い,行動に影響を及ぼす要因(阻害要因ならびに促進要因)を評価し,さらに,そのメカニズムの解明を目指します.自動運転中のドライバー状態,高齢ドライバーの運転能力,移動における車を操る楽しさ等に取り組み,移動の価値向上につながる“自動運転や運転支援のコンセプト“提案に資する研究に取り組んでいます.

Beh Photo 4

認知機能研究チーム

認知機能研究チームでは,モビリティに関わるヒトの脳機能計測,末梢生理反応計測,眼球運動計測,行動計測を通じて,認知機能(知覚,注意,記憶,学習,判断,感情など)を明らかにするための研究を推進しています.当チームでは脳波計測に基づいてドライバの注意状態や運転の楽しさを評価する技術を独自に開発しており,これをコア技術として移動阻害要因の低減や移動価値の向上に資する研究に取り組んでいます.

Cog Photo 1 Cog Photo 2

モバイルロボティクス研究チーム

モバイルロボティクス研究チームでは,高齢者ら移動弱者とされる方々の日常的な近距離移動手段を確保するため,歩行者のいる空間を人と共存しながら走行する,パーソナルモビリティのスマート化技術を開発しています.安全で快適な運転サポートや自動運転を実現するソフトウェア開発のほか,センシング技術や機械学習などを用いたモビリティロボットの地図生成・自己位置認識・周辺環境認識・経路生成といった基盤的な研究も行っています.

mobile Photo 1

モビリティサービス研究チーム

モビリティサービス研究チームでは、自動車交通に変革をもたらしているCASE(Connected:接続性、Autonomous:自動運転、Shared/Service:共有とサービス、Electric:電動化)やMaaS(Mobility as a Service:移動のシームレス化)に関しての研究・開発を推進しています.特に、自動運転技術等を活用したラストマイル移動サービスの社会実装に向けた実証評価,障害を持った方の移動支援アプリやその基となる情報収集アプリの開発,複数の移動手段をシームレスかつオンデマンドに提供するための情報支援技術などの研究に取り組んでいます.

mobility Photo 1

歩行支援研究連携チーム

高齢者の歩行を支援するアシスト歩行器を中心に,機器の開発や評価の研究を進めています.具体的には,安全で使いやすいアシスト歩行器の開発,アシスト歩行器のIoT化による利用状況の収集,介護レセプトビッグデータを用いたアシスト歩行器の利用分析,などに取り組んでいます.

hokou Photo 1