ミッション
地質情報基盤センターのミッションと業務
中長期目標と知的基盤整備計画

地質情報基盤センターは、公表されている目標や計画に沿って業務を遂行します。それが、産総研中長期目標【PDF】や中長期計画【PDF】、並びに知的基盤整備計画【PDF】です。これらの目標・計画に基づき、「地質情報の管理と社会への活用促進」を推進しています。その実現のために、主に以下のような取り組みを進めます。

  • 研究者・研究部署の創出する研究成果を、論文や地球科学図、データベースなどの様々な地質情報の形態で公開します。
  • 地質情報を必要なときに必要な人が手に入れられるよう管理・提供するとともに、二次利用し易い形態にて発信する努力を継続します。
  • 成果の基礎となったデータ・情報や地質標本等の一次データの集約・管理を行います。
  • 展示・イベント・ウェブサイト等を通じて地質情報が有用であることの理解浸透を図り、社会の中での地質情報の利用を促進します。
  • 試料の調整および保管、資料の収集と管理、GISやオンラインジャーナルの管理などの業務を通じて、研究者・研究部署の推進する研究業務をサポートします。
業務の特徴

地質情報基盤センターは、英語名称では地質情報サービスセンター (Geoinformation Service Center) と名乗っています。その名の通り、研究部署の研究者と社会一般のユーザーのいずれにも「基盤」となる「サービス」を提供します。情報 (研究成果) をつくる主役は研究者、情報を使う主役は世の中のユーザー、その両方の基盤となって支えているのが地質情報基盤センターです。 研究者の場合は、研究を計画し、遂行し、成果を出していく過程で、一般ユーザーの場合は何かのきっかけで知った情報を更に深く追求し、調べていく過程で、地質情報基盤センターの様々なサービスが役に立っています。

現在、日本では国を挙げてデジタル化を推進し、Society 5.0という新しい社会の実現を目標に掲げています。同時に、STEAM教育への取り組みも進めようとしています。そのような目的をかなえつつ、地質の情報をより使いやすく、多くの人に理解してもらえるよう整備してゆくのが地質情報基盤センターの役目です。

organaization
 これまでのアクション

地質の情報をより使いやすく、より理解しやすく伝えるために、地質情報基盤センターでこれまでに行ってきた取り組みの例をご紹介します。

 新しい技術の導入
プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング

地質標本館の第1展示室に地質図の立体模型を置き換える形で設置されました。白地の日本列島立体模型に様々な地理空間情報を投影できるので、いろいろな展示に使えます。情報の重ね合わせもできます。

リンクトデータ

リンクトデータ

Linked Data (リンクトデータ) は、機械処理がしやすいように形式を整えて、インターネット上で公開されるデータを指します。

地図の3次元表示

地図の3次元表示

いろいろな地図に使える3Dビューアーを制作・公開しています。火山地域のように地形と地質がよく一致する場合などに特に有用です。

 ユーザーレベル対応
  • 地質文献DB
    ニュース誌
    研究所の出版物には専門家向けが多い中、「GSJ地質ニュース」という一般向けの記事を公開するニュース誌も編集・発行しています。
  • 地質図類データ
    模擬実験
    地質標本館の団体見学向けに、河川のつくる地形や地質などの模擬実験を用意しています。実験にはこれまでのノウハウに基づく工夫が含まれています。
  • 地質標本DB
    おすすめ標本ストーリー
    標本にはさまざまなストーリーがあります。地質標本館のウェブページでは、展示している標本にまつわるストーリーを解説しています。
  • 地質図Navi
    地質標本館グッズ
    地質標本館のミュージアムショップで購入できる各種グッズは、すべてスタッフのオリジナル制作品です。ご来館の際にはぜひどうぞ。
  • 地質図カタログ
    地質まんが
    地質標本館のキッズページで、地質についてや研究の内容の説明まんがを公開しています。
 デジタル化の推進
地質調査所初期出版資料デジタルアーカイブ

貴重資料

地質調査総合センターでは地質に関する文献を収集しています。中には明治時代の貴重な資料などもあり、保存と公開のためにデジタル化を進めています。

地質標本鑑賞会

地質標本写真

地質標本館に展示している岩石・鉱物・植物化石の標本写真を公開しています。

一次資料管理

一次資料管理

研究に使われた一次データは、後の再利用や真正性の担保のために必要になることがあるため、デジタルデータとして保存しています。

 独自業務の継承と技術の向上
  • 地質文献交換・収集
    地質文献交換・収集
    地質に関する文献収集のため、日本国内および世界の関係機関と出版物交換を行っています。また、地質に関する図書や資料の寄贈も受け付けています。
  • 薄片製作技術
    薄片製作技術
    岩石を0.03ミリまで薄く磨き上げる薄片製作は、地質の研究に欠かせない技術です。
  • 文献資料保存・管理
    文献資料保存・管理
    紙資料は長持ちしますが、古い資料はメンテナンスが必要です。図書管理の一環として、脱酸処理や製本作業を行っています。 
  • 博物館実習
    博物館実習
    学芸員の資格取得に必要な博物館実習を、地質標本館でも受講することができます。
  • 地質標本管理
    地質標本管理
    地質標本は研究の裏付け・証拠として保存される一方、二度と手に入らない貴重な試料も少なくありません。これらは分析技術の進歩に伴い、再利用されることもあります。