フレキシブルエレクトロニクス研究センター フレキシブル材料基盤チームのホームページへようこそ

フレキシブル材料基盤チーム

本研究チームでは、フレキシブルエレクトロニクスによるグリーンイノベーションを目指し、 有機半導体・導電体・強誘電体などの電子機能性材料を印刷プロセスに適用するための材料基盤技術の開発を行います。特に、プロセス適合性をもつ高性能材料の開発、材料の特質に立脚した革新的印刷プロセスの開発、及び、高性能化に必要な微視的材料評価技術の開発を推進します。

新着情報

2019年3月31日
フレキシブルエレクトロニクス研究センターの終了に伴い、フレキシブル材料基盤チームは解散しました。
2019年1月24日
「CMOSカメラを用いた強誘電薄膜のドメイン可視化技術プレスリリースを行いました。
2018年11月21日
「薄膜トランジスタアレイの検査技術を大幅に高速・大面積化」が【研究者が語る!1分解説】に掲載されました。
2018年11月19日
上村 洋平さんが、「有機強誘電体薄膜における結晶軸と強誘電ドメイン壁の方位の相関」について 第45回(2018年秋季)応用物理学会講演奨励賞の受賞者に選出されました。
2018年6月22日
「半導体中のマイクロメートルスケールの電荷分布を可視化」が主な研究成果に掲載されました。
<空>産業技術総合研究所