VICTORIES オープンイノベーションハブ, VICTORIES Open Innovation Hub, TIA TIAホームページ

技術・施設メニュー


「VICTORIESオープンイノベーションハブ」は、2008年から10年間にわたり活動を続けた 「光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点(VICTORIES)」をTIA活動の一環として継承し、光ネットワークに関するデバイスからアプリケーションまで一貫した要素技術に関する研究開発支援サービスを提供します。また、産学官連携による2つのコンソーシアムを運営しています。これらの技術・活動に ご興味があれば、是非お問い合わせください。私たちは、広く産業との連携を促進しています。」 「光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点(VICTORIES)」

技術・施設メニュー

ネットワークアプリケーションインターフェース

(資源管理オープンソフトウエア)
 OGFで標準化されたネットワークアプリケーションインターフェイスNSI-CS 2.0に準拠した 資源管理システムGridARSをダウンロードいただけます。複数クラウド環境に跨がった多種の資源を事前同時予約 することが可能であり、多様なネットワーク実証実験にご利用いただけます。
「資源管理システムGridARS」のダウンロードはこちら

光ネットワークテストベッド

ファイバスイッチ、波長スイッチ、サブ波長スイッチを備えた多粒度多階層光ノードからなるテストベッドです。集中制御・資源管理システムにより、大容量・低遅延な通信パスをダイナミックに設立可能で、様々なネットワーク実証実験にご利用いただけます。
ネットワークテストベッドの詳細はこちら

光伝送評価施設

 光源・任意波形発生器・光変調器を含む光送信機と、コヒーレント受信・オフラインデジタル信号処理を実施可能な光受信器からなる光伝送評価施設を用いて、光伝送路や光デバイスの伝送特性評価にご利用いただけます。
光伝送評価施設の詳細はこちら

シリコンフォトニクス

プロセス・デバイス技術
 加工精度や量産性に優れる300mmウエハCMOS試作ラインを用い、集積性や経済性の高いSiフォトニクスデバイスの開発を進めています。さらに、製造技術の標準化やPDK化も進めていますので、研究開発試作に幅広くご利用いただけます。
プロセス・デバイス技術の詳細はこちら
光スイッチ技術
 革新的な高効率ネットワーク等に用いられる「光スイッチ」をはじめとする大規模シリコンフォトニクスデバイスの開発に必要なシミュレーション・設計・作製・実装・評価に関する技術・施設の支援をいたします。
光スイッチ技術の詳細はこちら

コンソーシアム

 将来の情報通信産業の持続的発展のため、光レイヤーの自動化を推進し、新市場創出することを目指して、標準化に向けた基礎検討、光ネットワークの活用事例を紹介するセミナー開催、テストベッドによるPoC実施、等を行います。
 Siフォトニクス技術を用いた光通信用コンポーネントの新規研究開発の促進を通じた国際競争力強化を目指して、産総研スーパークリーンルームを活用する試作情報やSiフォトニクス技術の最新動向を共有し、意見交換を行います。

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 電子光技術研究部門

〒305-8569 茨城県つくば市小野川 16-1 つくば西 7E