情報通信・エレクトロニクス技術の革新にむけて

超伝導エレクトロニクスグループは国立研究開発法人産業技術総合研究所 電子光技術研究部門において2011年4月に発足しました。

当グループでは、情報通信・エレクトロニクス技術の革新にむけた、新奇超伝導材料の物質開発、理論・実験両面からのアプローチによる高温超伝導機構解明、およびそれらの知見に基づく新機能超伝導デバイスの提案と技術開発を推進し、超伝導研究におけるフロンティアを開拓することを目標としています。



更新情報・お知らせ>> イベント・受賞  



2017年 4月 1日
新メンバーが加入しました。


産総研特別研究員   東 陽一
テクニカルスタッフ  大沼 未央



2016年 4月 1日
異動のお知らせ

平成28年4月1日付で、下記の通り人事異動がありました。

       記

【着任】
主任研究員   荻野 拓  (前東京大学講師)
招聘研究員   青木 秀夫 (前東京大学教授)

【兼務解除】
松畑 洋文  (主務:先進パワーエレクトロニクスセンター)
川畑 史郎  (主務:ナノエレクトロニクス研究部門)




2015年 12月 2日
当研究グループの 石田 茂之 研究員 が
低温工学・超電導学会 平成27年度国際交流若手賞 を受賞しました。

公益社団法人 低温工学・超電導学会




2015年 6月 1日
当研究グループの 馬渡 康徳 上級主任研究員 の 研究成果が産総研HPに掲載されました。

ニホウ化マグネシウム超伝導体で生体高分子を検出


■概要:
国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)ナノエレクトロニクス研究部門【研究部門長 安田 哲二】超伝導分光エレクトロニクスグループ 全 伸幸 主任研究員、浮辺 雅宏 研究グループ長と電子光技術研究部門【研究部門長 森 雅彦】超伝導エレクトロニクスグループ 馬渡 康徳 上級主任研究員らは、日本電信電話株式会社【代表取締役社長 鵜浦 博夫】(以下「NTT」という)物性科学基礎研究所 柴田 浩行 主任研究員(現 北見工業大学教授)と共同で、金属系超伝導体の中で最高の超伝導転移温度を持つMgB2(二ホウ化マグネシウム)を用いて、小型冷凍機で使用できる超伝導分子検出器を開発した。



2015年 4月 1日
異動のお知らせ

平成27年4月1日付で、下記の通り人事異動がありました。

       記

【就任】
首席研究員(部門付)  永崎 洋  (前上級主任研究員)
※併任として当グループに残ります。

兼務  松畑 洋文  (主務:先進パワーエレクトロニクスセンター)


【異動】
川畑 史郎   ナノエレクトロニクス研究部門へ
※兼務として当グループに残ります。

浅井 栄大   ナノエレクトロニクス研究部門へ




2015年 3月 25日
当グループの 永崎・伊豫 上級主任研究員、客員研究員 内田慎一 東大名誉教授 と 元PD 中島正道(現・大阪大学大学院理学研究科 助教) が2013年に執筆した論文 "Structural quantum criticality and superconductivity in iron-based superconductor Ba(Fe1-xCox)2As2" が、日本物理学会論文賞 に選ばれ、日本物理学会 第70回年次大会 にて表彰を受けました。




2015年 3月 13日
当グループ研究員 竹下・永崎・伊豫 と 山本文子 研究員(理化学研究所 基幹研究所) が2013年に執筆した論文 "Zero Resistivity above 150 K in HgBa2Ca2Cu3O8+δ at High Pressure" が、第6回 超伝導分科会論文賞 に選ばれ、第62回応用物理学会春季学術講演会 にて表彰を受けました。




2014年 12月 8日
2014年12月1日-12月4日の間、京都大学で開催された国際会議The 9th International Symposium on Intrinsic Josephson Effects and THz Plasma Oscillations in High-Tc Superconductors (THz-plasma2014)にて、当グループの浅井栄大JSPS特別研究員が超伝導量子メタマテリアルについて招待講演を行いました。



2014年 12月 3日
当研究グループ 永崎洋 上級主任研究員、伊豫彰 上級主任研究員、内田慎一 東京大学名誉教授 の論文が Scientific Reports に掲載されました。
http://www.nature.com/srep/2014/141203/srep07292/full/srep07292.html


■論文題目:
Anisotropy of the superconducting gap in the iron-based superconductor BaFe2(As1-xPx)2

■概要:
We report peculiar momentum-dependent anisotropy in the superconducting gap observed by angle-resolved photoemission spectroscopy in BaFe2(As1-xPx)2 (x = 0.30, Tc = 30 K). Strongly anisotropic gap has been found only in the electron Fermi surface while the gap on the entire hole Fermi surfaces are nearly isotropic. These results are inconsistent with horizontal nodes but are consistent with modified s± gap with nodal loops. We have shown that the complicated gap modulation can be theoretically reproduced by considering both spin and orbital fluctuations.

■掲載誌: Scientific Reports 4, Article number: 7292 doi:10.1038/srep07292



2014年 10月 30日
2014年7月20日-24日の間、イタリアで開催されたマヨラナ財団主催エリチェ夏の学校、Erice School of Solid State Physics, Superstripes、Multi-condensates Superconductivity にて、当グループの 柳澤 孝 上級主任研究員が招待講演を行いました。




2014年 10月 15日
当研究グループ 永崎洋 上級主任研究員 の論文が Nature Communications に掲載されました。
http://www.nature.com/ncomms/2014/140915/ncomms5959/full/ncomms5959.html


■論文題目:
Ultrafast quenching of electron?boson interaction and superconducting gap in a cuprate superconductor

■概要:
Ultrafast spectroscopy is an emerging technique with great promise in the study of quantum materials, as it makes it possible to track similarities and correlations that are not evident near equilibrium. Thus far, however, the way in which these processes modify the electron self-energy?a fundamental quantity describing many-body interactions in a material?has been little discussed. Here we use time- and angle-resolved photoemission to directly measure the ultrafast response of self-energy to near-infrared photoexcitation in high-temperature cuprate superconductor. Below the critical temperature of the superconductor, ultrafast excitations trigger a synchronous decrease of electron self-energy and superconducting gap, culminating in a saturation in the weakening of electron?boson coupling when the superconducting gap is fully quenched. In contrast, electron?boson coupling is unresponsive to ultrafast excitations above the critical temperature of the superconductor and in the metallic state of a related material. These findings open a new pathway for studying transient self-energy and correlation effects in solids.

■掲載誌: Nature Communications 5, Article number: 4959   doi:10.1038/ncomms5959



2014年 9月 17日
大阪大学 助教 中島正道 氏 と 当研究グループ 石田茂之 研究員、伊豫彰 上級主任研究員、永崎洋 上級主任研究員、東京大学 内田慎一 名誉教授 らの論文が Journal of the Physical Society of Japan に掲載されました。
http://journals.jps.jp/doi/abs/10.7566/JPSJ.83.104703


■論文題目:
Strong Electronic Correlations in Iron Pnictides: Comparison of Optical Spectra for BaFe2As2-Related Compounds

■概要:
We carried out combined transport and optical measurements for BaFe2As2 and five isostructural transition-metal (TM) pnictides. The low-energy optical conductivity spectra of these compounds are, to a good approximation, decomposed into a narrow Drude (coherent) component and an incoherent component. The iron arsenides BaFe2As2 and KFe2As2 are distinct from other pnictides in their highly incoherent charge dynamics or bad metallic behavior with the coherent Drude component occupying a tiny fraction of the low-energy spectral weight. The fraction of the coherent spectral weight or the degree of coherence, which is a measure of the strength of electronic correlations, is shown to be well correlated with the TM-pnictogen bond angle and the electron filling of TM 3d orbitals. The iron arsenides are thus strongly correlated systems, and the doping into BaFe2As2 controls the strength of electronic correlations. This naturally explains a remarkable asymmetry in the charge dynamics of electron- and hole-doped systems, and the unconventional superconductivity appears to emerge when the correlations are strong.

■掲載誌: J. Phys. Soc. Jpn. 83, 104703 (2014)  DOI: 10.7566/JPSJ.83.104703



2014年 8月 1日
大阪大学 助教 中島正道 氏 と 当研究グループ 石田茂之 研究員、伊豫彰 上級主任研究員、永崎洋 上級主任研究員 の論文がScientific reports に掲載されました。
http://www.nature.com/srep/2014/140729/srep05873/full/srep05873.html


■論文題目:
Normal-state charge dynamics in doped BaFe2As2: Roles of doping and necessary ingredients for superconductivity

■概要:
In high-transition-temperature superconducting cuprates and iron arsenides, chemical doping plays an important role in inducing superconductivity. Whereas in the cuprate case, the dominant role of doping is to inject charge carriers, the role for the iron arsenides is complex owing to carrier multiplicity and the diversity of doping. Here, we present a comparative study of the in-plane resistivity and the optical spectrum of doped BaFe2As2, which allows for separation of coherent (itinerant) and incoherent (highly dissipative) charge dynamics. The coherence of the system is controlled by doping, and the doping evolution of the charge dynamics exhibits a distinct difference between electron and hole doping. It is found in common with any type of doping that superconductivity with high transition temperature emerges when the normal-state charge dynamics maintains incoherence and when the resistivity associated with the coherent channel exhibits dominant temperature-linear dependence.

■掲載誌: Scientific Reports 4, Article number: 5873  doi:10.1038/srep05873



2014年 7月 28日
7月19日(土)に開催された「2014年産総研つくばセンター一般公開」にて、見学ツアー「ぺちゃんこ実験室」を開催しました。
当日の様子はこちらに報告しております。>>見学ツアー「ぺちゃんこ実験室」


2014年 7月 8日
2014年6月29日-7月3日の間、モスクワで開催された国際会議Moscow International Symposium on Magnetism (https://mism.magn.ru) にて、当グループの川畑史郎主任研究員と浅井栄大JSPS特別研究員が招待講演を行いました。




2014年 7月 1日
研究グループ長変更のお知らせ

平成26年7月1日付で、以下の通りグループ長が交代いたしました。

       記

研究グループ長  吉田 良行 (新任・前主任研究員)

上級主任研究員  永崎 洋  (前研究グループ長)



異動のお知らせ

平成26年7月1日付で、川畑史郎 主任研究員が情報通信・エレクトロニクス研究分野企画室への出向から帰任いたしました。



2014年 5月 9日
永崎洋 研究グループリーダー と 内田慎一 東大名誉教授 の論文がScience に掲載されました。
http://www.sciencemag.org/content/344/6184/612.abstract


■論文題目:
Simultaneous Transitions in Cuprate Momentum-Space Topology and Electronic Symmetry Breaking

■概要:
The existence of electronic symmetry breaking in the underdoped cuprates and its disappearance with increased hole density p are now widely reported. However, the relation between this transition and the momentum-space (κ-space) electronic structure underpinning the superconductivity has not yet been established. Here, we visualize the Q=0(intra?unit-cell) and Q≠0(density-wave) broken-symmetry states, simultaneously with the coherent κ-space topology, for Bi2Sr2CaCu2O8+δ samples spanning the phase diagram 0.06 ? p ? 0.23. We show that the electronic symmetry-breaking tendencies weaken with increasing p and disappear close to a critical doping pc = 0.19. Concomitantly, the coherent κ-space topology undergoes an abrupt transition, from arcs to closed contours, at the same pc. These data reveal that the κ-space topology transformation in cuprates is linked intimately with the disappearance of the electronic symmetry breaking at a concealed critical point.

■掲載誌: Science 9 May 2014: Vol. 344 no. 6184 pp. 612-616



2014年 3月 29日
当グループ研究員 鬼頭・永崎・伊豫が2008年に執筆した論文(高圧合成法による鉄系新超伝導体の発見)が、日本物理学会 第19回論文賞に選ばれ、日本物理学会第69回年次大会にて表彰を受けました。




2014年 3月 19日
当研究グループ所属の 浅井栄大 日本学術振興会特別研究員 及び 川畑史郎 主任研究員 の論文がApplied Physics Letters に掲載され、17 March 2014 issueの表紙に採用されました。
http://scitation.aip.org/content/aip/journal/apl/104/11


■論文題目:
Intense terahertz emission from intrinsic Josephson junctions by external heat control

■概要:
A practical method for realizing intense terahertz (THz) emission from intrinsic Josephson junctions (IJJs) by utilizing external local-heating is proposed and demonstrated theoretically. An artificial temperature distribution induced by local heating strongly excites Josephson plasma waves inside IJJs. Accordingly, the emission power of the THz wave is enhanced drastically, and it can reach the order of mW. Our result indicates that the use of local heat control is a powerful method to realize practical solid-state THz-emitters based on IJJs.

■掲載誌: Appl. Phys. Lett. 104, 112601 (2014); http://dx.doi.org/10.1063/1.4868219






2013年 11月 1日
10月31日(木)、11月1日(金)の2日間開催された「2013 産総研オープンラボ」に出展しました。
当グループからは【高圧合成/高圧測定ステーションを活用した機能性材料開発】 【ポスト銅酸化物高温超伝導体材料の機能創成】について研究成果を展示しました。




2013年 10月 1日
9月末日を持って退職した、産総研特別研究員 中島正道 が、大阪大学 田島研究室に助教として着任しました。
予てから共同研究を行っていた 韓国・延世大学の SONG Dongjoon が、協力研究員として着任しました。




2013年 9月 30日
当研究グループの テクニカルスタッフ 小田切宏輔 と、柳澤孝 上級主任研究員 の論文がThe European Physical Journal C に掲載されました。
http://link.springer.com/article/10.1140%2Fepjc%2Fs10052-013-2525-4


■論文題目:
Soft confinement in a 3-d spin system

■概要:
We consider a 1+3 dimensional spin system. The spin-wave (magnon) field is described by the O(3) non-linear sigma model with a symmetry-breaking potential. This interacts with a slow spin SU(2) doublet Schrodinger fermion. The interaction is described by a generalized nonperturbative Yukawa coupling, and the self-consistency condition is solved with the aid of a non-relativistic Gribov equation. When the Yukawa coupling is sufficiently strong, the solution exhibits supercriticality and soft confinement, in a way that is quite analogous to Gribov’s light-quark confinement theory.
The solution corresponds to a new type of spin polaron, whose condensation may lead to exotic superconductivity.

■掲載誌: AThe European Physical Journal C73:2525 (2013)



2013年 8月11日
当グループの 竹下直 主任研究員、伊豫彰 上級主任研究員、永崎洋 研究グループリーダーと、理化学研究所 山本文子 基幹研究所研究員との共著論文 ”Zero Resistivity above 150 K in HgBa2Ca2Cu3O8+δ at High Pressure”がJSPSのジャーナル編集委員会において、注目論文 "Papers of Editors' Choice"に選ばれました。




2013年 7月20日
産総研つくばセンターにて一般公開が行われました。 
当グループからは竹下直 主任研究員が実験室の見学ツアーを実施し、多くの皆様にご来場いただきました。
当日の様子を下記にてご報告しています。

産総研つくばセンター 一般公開 > 見学ツアー「押せ押せムードの部屋?」


2013年 7月 16日
当研究グループの 川畑史郎 主任研究員 の論文がApplied Physics Letters に掲載されました。
http://apl.aip.org/resource/1/applab/v103/i3/p032602_s1


■論文題目:
Efficient electron refrigeration using superconductor/spin-filter devices

■概要:
Efficient electron-refrigeration based on a normal-metal/spin-filter/superconductor junction is proposed and demonstrated theoretically. The spin-filtering effect leads to values of the cooling power much higher than in conventional normal-metal/nonmagnetic-insulator/superconductor coolers and allows for an efficient extraction of heat from the normal metal. We demonstrate that highly efficient cooling can be realized in both ballistic and diffusive multi-channel junctions in which the reduction of the electron temperature from 300?mK to around 50?mK can be achieved. Our results indicate the practical usefulness of spin-filters for efficiently cooling detectors, sensors, and quantum devices

■掲載誌: Appl. Phys. Lett. 103, 032602 (2013)



2013年 5月 31日
当研究グループの 吉田良行 主任研究員、 長谷泉 主任研究員 と 酸化物デバイスグループ 相浦義弘 研究グループ長 の論文が Scientific Reports に掲載されました。
http://www.nature.com/srep/2013/130531/srep01930/full/srep01930.html


■論文題目:
‘True’ bosonic coupling strength in strongly correlated superconductors

■概要:
Clarifying the coupling between electrons and bosonic excitations (phonons or magnetic fluctuations) that mediate the formation of Cooper pairs is pivotal to understand superconductivity. Such coupling effects are contained in the electron self-energy, which is experimentally accessible via angle-resolved photoemission spectroscopy (ARPES). However, in unconventional superconductors, identifying the nature of the electron-boson coupling remains elusive partly because of the significant band renormalization due to electron correlation. Until now, to quantify the electron-boson coupling, the self-energy is most often determined by assuming a phenomenological ‘bare’ band. Here, we demonstrate that the conventional procedure underestimates the electron-boson coupling depending on the electron-electron coupling, even if the self-energy appears to be self-consistent via the Kramers-Kronig relation. Our refined method explains well the electron-boson and electron-electron coupling strength in ruthenate superconductor Sr2RuO4, calling for a critical revision of the bosonic coupling strength from ARPES self-energy in strongly correlated electron systems.

■掲載誌: Scientific Reports 3, 1930 (2013).



2013年 5月 16日
当研究グループの 石田茂之 産総研特別研究員 の論文がPhysical Review Letters に掲載されました。
http://prl.aps.org/abstract/PRL/v110/i20/e207001


■論文題目:
Anisotropy of the In-Plane Resistivity of Underdoped Ba(Fe1-xCox)2As2 Superconductors Induced by Impurity Scattering in the Antiferromagnetic Orthorhombic Phase

■概要:
We investigated the in-plane resistivity anisotropy for underdoped Ba(Fe1-xCox)2As2 single crystals with improved quality. We demonstrate that the anisotropy in resistivity in the magnetostructural ordered phase arises from the anisotropy in the residual component which increases in proportion to the Co concentration x. This gives evidence that the anisotropy originates from the impurity scattering by Co atoms substituted for the Fe sites, rather than the so far proposed mechanisms such as the anisotropy of Fermi velocities of reconstructed Fermi surface pockets. As doping proceeds to the paramagnetic-tetragonal phase, a Co impurity transforms to a weak and isotropic scattering center.

■掲載誌: Phys. Rev. Lett. 110, 207001 (2013)



2013年 3月 6日
当研究グループの 石田茂之 産総研特別研究員 の論文がJournal of the American Chemical Society に掲載されました。
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja311174e


■論文題目:
Effect of Doping on the Magnetostructural Ordered Phase of Iron Arsenides: A Comparative Study of the Resistivity Anisotropy in Doped BaFe2As2 with Doping into Three Different Sites

■概要:
To unravel the role of doping in iron-based superconductors, we investigated the in-plane resistivity of BaFe2As2 doped at one of the three different lattice sites, Ba(Fe1?xCox)2As2, BaFe2(As1?xPx)2, and Ba1?xKxFe2As2, focusing on the doping effect in the low-temperature antiferromagnetic/orthorhombic (AFO) phase. A major role of doping in the high-temperature paramagnetic/tetragonal (PT) phase is known to change the Fermi surface by supplying charge carriers or exerting chemical pressure. In the AFO phase, we found a clear correlation between the magnitude of the residual resistivity and the resistivity anisotropy. This indicates that the resistivity anisotropy originates from anisotropic impurity scattering due to dopant atoms. The magnitude of the residual resistivity was also found to be a parameter controlling the suppression rate of the AFO ordering temperature. Therefore, the dominant role of doping in the AFO phase is to introduce disorder to the system, distinct from that in the PT phase.

■掲載誌: J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 3158.3163 (2013)



2013年 2月 1日
当研究グループの 竹下直 主任研究員 の 研究成果が日経新聞に掲載されました。

これまでで最高温度となる153 Kでの超伝導転移を観測

日経電子版 零下120度で超電導実現 産総研と理研が発表 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3005F_R30C13A1CR8000/
産総研公式HP
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2013/pr20130130/pr20130130.html

■概要:
 独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】(以下「産総研」という)電子光技術研究部門【研究部門長 原市 聡】超伝導エレクトロニクスグループ 竹下 直 主任研究員、伊豫 彰 主任研究員、永崎 洋 研究グループ長と、独立行政法人 理化学研究所【理事長 野依 良治】(以下「理研」という)山本 文子 基幹研究所研究員は、高圧合成技術を用いて作製した水銀系銅酸化物高温超伝導体のひとつであるHg-1223の電気抵抗率を15万気圧の超高圧力下で測定し、超伝導現象の最も基本的な性質である電気抵抗の消失(ゼロ抵抗状態)を現在最も高い153 K(約-120 ℃)で観測した。

 1993年に発見されたHg-1223は大気圧中では最も高い135 Kの超伝導転移温度をもつ物質である。この物質は圧力の増加とともに転移温度が上昇するという報告がなされていたが、実験が困難であるため超高圧力下では電気抵抗の消失は観測されていなかった。今回、高度な高圧力下での実験技術を利用することで、現在最も高い温度でのゼロ抵抗をともなう超伝導現象を観測した。また、これまで得られていなかった圧力下での正しい超伝導転移温度の変化の詳細を明らかにした。この結果は今後、新しい物質の開発における超伝導転移温度の向上に貢献することが期待される。

 なお、今回の成果の詳細は、日本物理学会が発行するJournal of the Physical Society of Japan 2013年2月号に掲載される。



2012年 11月 26日
当研究グループの 中島正道 産総研特別研究員 の論文がPhysical Reivew Letters に掲載されました。
http://prl.aps.org/abstract/PRL/v109/i21/e217003


■論文題目:
Effect of Co Doping on the In-Plane Anisotropy in the Optical Spectrum of Underdoped Ba(Fe1-xCox)2As2

■概要:
We investigate the anisotropy in the in-plane optical spectra of detwinned Ba(Fe1-xCox)2As2. The optical conductivity spectrum of BaFe2As2 shows appreciable anisotropy in the magnetostructural ordered phase, whereas the dc (ω=0) resistivity is nearly isotropic at low temperatures. Upon Co doping, the resistivity becomes highly anisotropic, while the finite-energy intrinsic anisotropy is suppressed. It is found that anisotropy in resistivity arises from anisotropic impurity scattering due to the presence of doped Co atoms, and it is extrinsic in origin. The intensity of a specific optical phonon mode is also found to show striking anisotropy in the ordered phase. The anisotropy induced by the Co impurity and that observed in the optical phonon mode are hallmarks of the highly polarizable electronic state in the ordered phase.

■掲載誌: Phys. Rev. Lett. 109, 217003 (2012)



2012年 9月 14日
当研究グループの永崎洋 研究グループ長 、伊豫彰 主任研究員 の論文がScienceに掲載されました。http://www.sciencemag.org/content/337/6100/1314.abstract

■論文題目:
Octet-Line Node Structure of Superconducting Order Parameter in KFe2As2

■概要:
In iron-pnictide superconductivity, the interband interaction between the hole and electron Fermi surfaces (FSs) is believed to play an important role. However, KFe2As2 has three zone-centered hole FSs and no electron FS but still exhibits superconductivity. Our ultrahigh-resolution laser angle-resolved photoemission spectroscopy unveils that KFe2As2 is a nodal s-wave superconductor with highly unusual FS-selective multi-gap structure: a nodeless gap on the inner FS, an unconventional gap with “octet-line nodes” on the middle FS, and an almost-zero gap on the outer FS. This gap structure may arise from the frustration between competing pairing interactions on the hole FSs causing the eightfold sign reversal. Our results suggest that the A1g superconducting symmetry is universal in iron-pnictides, in spite of the variety of gap functions.

■掲載誌: Science 14 September 2012 : Vol. 337 no. 6100 pp. 1314-1317



2012年 9月 11日
当研究グループの 浅井栄大 学振特別研究員 の論文がApplied Physics Lettersに掲載されました。http://apl.aip.org/resource/1/applab/v101/i11/p112602_s1

■論文題目:
Proposal of THz patch antenna fed by intrinsic Josephson junctions

■概要:
We propose a THz patch antenna, in which THz ac current is fed by intrinsic Josephson junctions (IJJs). The radiation power of the antenna for three different feed positions is calculated using the finite-difference time-domain method. We predict that the antenna will radiate sub-milliwatt terahertz waves with high radiation efficiency of over 20%. The maximum radiation power will depend on the position of the feed. We also show that the radiation characteristics of the antenna are described well by the equivalent inductance-capacitance-resistance circuit model.

■掲載誌: Applied Physics Letter, 101, 112602 (2012)



2012年 9月 3日
9月1日付で、当グループの吉田良行研究員がスタンフォード大学での在外研究を終えて帰国しました。
滞在時の研究成果が、Phys. Rev.Bに発表されました。
http://prb.aps.org/abstract/PRB/v86/i9/e094504


■論文題目:
Superconductivity distorted by the coexisting pseudogap in the antinodal region of Bi1.5Pb0.55Sr1.6La0.4CuO6+δ: A photon-energy-dependent angle-resolved photoemission study

■概要:
The interplay between superconductivity and the pseudogap is an important aspect of cuprate physics. However, the nature of the pseudogap remains controversial, in part because different experiments have suggested different gap functions. Here we present a photon-energy-dependent angle-resolved photoemission spectroscopy (ARPES) study on Bi1.5Pb0.55Sr1.6La0.4CuO6+δ. We find that antinodal ARPES spectra at low photon energies are dominated by background signals which can lead to a misevaluation of the spectral gap size. Once background is properly accounted for, independent of photon energy, the antinodal spectra robustly show two coexisting features at different energies dominantly attributed to the pseudogap and superconductivity, as well as an overall spectral gap which deviates from a simple d-wave form. These results support the idea that the spectral gap is distorted due to the competition between the pseudogap and superconductivity.

■掲載誌: Physical Review B 86, 9, 094504 (2012)








2012年 7月 26日
当研究グループスタッフの岡 邦彦 氏が作成した結晶が、国立科学博物館 特別展「元素のふしぎ」7/21(土)〜10/8(月・祝)にて展示されています。

特別展 元素のふしぎ
■会場: 国立科学博物館(東京・上野公園)
■会期: 2012年7月21日(土) ― 10月8日(月・祝)

開館時間 / 午前 9時〜午後 5時(金曜日は午後8時まで)
休館日 / 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

※詳細は公式HPにてご確認ください。
国立科学博物館ホームページ: http://www.kahaku.go.jp/
特別展「元素のふしぎ」公式ホームページ:http://www.tbs.co.jp/genso-ten/



2012年 7月 20日
当研究グループのShirage Parasharam産総研特別研究員が、8月4日を持ってインドに帰国することになりました。
今後のより一層のご活躍をお祈りいたします。
平成25年3月までは当グループに在籍の予定です。




2012年 7月 9日
当研究グループの永崎洋 研究グループ長 、吉田良行 研究員 と 酸化物デバイスグループ 相浦義弘 主任研究員の論文がNature Physicsに掲載されました。http://www.nature.com/nphys/journal/vaop/ncurrent/full/nphys2352.html

■論文題目:
The origin and non-quasiparticle nature of Fermi arcs in Bi2Sr2CaCu2O8+δ

■概要:
A Fermi arc is a disconnected segment of a Fermi surfaceobserved in the pseudogap phase of cuprate superconductors. This simple description belies the fundamental inconsistency in the physics of Fermi arcs, specifically that such segments violate the topological integrity of the band.

■掲載誌: Nature Physics : Published online01 July 2012



2012年 7月 9日
7月23日-7月25日の間、豪 シドニーで開催される国際会議  4th Worldwide Universities Network (WUN) International Conference on Spintronics(http://wired.ivvy.com/event/WUN12S) にて、当グループの 川畑史郎主任研究員 が招待講演を行います。



2012年 7月 9日
6月26日-7月1日、英国 オックスフォード大学で開催された国際ワークショップ  Theoretical and Experimental Magnetism Meeting(http://www.rhul.ac.uk/physics/research/condensedmatter/theoryofcondensedmatter/temm/temm2012.aspx) にて、当グループの 柳澤孝主任研究員 が招待講演を行いました。



2012年 6月13日
4月29日-5月4日の間、トルコ イスタンブールで開催された国際会議 International Conference on Superconductivity and Magnetism (http://www.icsm2012.org/) にて、当グループの 伊豫彰主任研究員 と Dr.Parasharam Shirage氏が招待講演を行いました。




2012年 6月 1日
米国UCバークレー校Lanzaraグループと当研究グループとの共同研究の結果がScienceに掲載されました。http://www.sciencemag.org/content/336/6085/1137.abstract

■論文題目:Tracking Cooper Pairs in a Cuprate Superconductor by Ultrafast Angle-Resolved Photoemission

■概要:
In high-temperature superconductivity, the process that leads to the formation of Cooper pairs, the fundamental charge carriers in any superconductor, remains mysterious. We used a femtosecond laser pump pulse to perturb superconducting Bi2Sr2CaCu2O8+δ and studied subsequent dynamics using time- and angle-resolved photoemission and infrared reflectivity probes. Gap and quasiparticle population dynamics revealed marked dependencies on both excitation density and crystal momentum. Close to the d-wave nodes, the superconducting gap was sensitive to the pump intensity, and Cooper pairs recombined slowly. Far from the nodes, pumping affected the gap only weakly, and recombination processes were faster. These results demonstrate a new window into the dynamical processes that govern quasiparticle recombination and gap formation in cuprates.

■掲載誌: Science 1 June 2012: Vol. 336 no. 6085 pp. 1137-1139



2012年 5月16日
米国コーネル大学Davis groupと当グループの共同研究の成果がScienceに発表されました。http://www.sciencemag.org/content/336/6081/563

■論文題目:Anisotropic Energy Gaps of Iron-Based Superconductivity from Intraband Quasiparticle Interference in LiFeAs

■概要:
If strong electron-electron interactions between neighboring Fe atoms mediate the Cooper pairing in iron-pnictide superconductors, then specific and distinct anisotropic superconducting energy gaps should appear on the different electronic bands i. Here, we introduce intraband Bogoliubov quasiparticle scattering interference (QPI) techniques for determination of in such materials, focusing on lithium iron arsenide (LiFeAs). We identify the three hole-like bands assigned previously as γ, α2, and α1, and we determine the anisotropy, magnitude, and relative orientations of their These measurements will advance quantitative theoretical analysis of the mechanism of Cooper pairing in iron-based superconductivity.

■掲載誌: Science 4 May 2012: Vol. 336 no. 6081 pp. 563-567



2012年 4月27日
国際会議The 8th international symposium on intrinsic Josephson effects and plasma oscillations in high-Tc superconductors (PLASMA2012) http://plasma2012.iyte.edu.tr/ が、6月10〜13日にIzmir(トルコ)で開催されます。
 当グループからは 浅井栄大 学振特別研究員が招待講演を行います。



2012年 4月25日
応用物理学会 超伝導分科会 第45回研究会『多面的に広がる超伝導技術の活用』〜宇宙から地中まで〜 http://annex.jsap.or.jp/support/division/super/ が、7月5日に ISTEC-SRLで開催されます。当グループからは、川畑史郎主任研究員が、「超伝導を用いた量子情報処理技術」というタイトルで招待講演を行います。

■概要
超伝導・高温超伝導の発見からそれぞれ一世紀・四半世紀が経過し、現在も精力的に新たな超伝導物質、送電ケーブル、デバイスなどの開発が日進月歩で進行しています。これと同時に、超伝導基盤技術から派生した新しい応用・原理も示されるなど、超伝導の活用は着実に広がりを見せています。第45回研究会では、材料創成、地球環境計測、資源探査、量子情報の分野に焦点を当てます。これらの分野の最前線でご活躍されている研究者を講師としてお招きし、最新の超伝導応用技術の理解を深めるとともに、これら超伝導応用技術のユーザーとサプライヤの交流を深める絶好の機会となれば幸いです。
また、講師である波頭先生(ISTEC-SRL)のご厚意により当日の会場には資源探査用デモ機の展示も行われる予定になっています。多くの参加者をお待ちしております。

■日時: 2012年7月5日(木) 13:00〜16:45

■場所: 財団法人 国際超電導産業技術研究センター 大会議室
〒135-0062 東京都江東区東雲1-10-13
アクセス・地図: http://www.istec.or.jp/istec/map&contact.html



2012年 4月25日
当グループの馬渡康徳主任研究員の研究成果が、Phys. Rev.Bに発表されました。http://prb.aps.org/abstract/PRB/v85/i13/e134524

■論文題目: Two-dimensional arrays of superconducting strips as dc magnetic metamaterials

■概要:
We theoretically investigate the magnetic response of two-dimensional arrays of superconducting strips, which are regarded as essential structures of dc magne tic metamaterials. Effective permeability is analytically obtained by averaging t he local field distributions for complete shielding state, and numerical calculat ions are also performed taking finite field penetration into account. The resulti ng effective permeability has large anisotropy that depends on the dimensions and arrangement of the superconducting strips.

■掲載誌: Physical Review B 85, 13, 134524 (2012)



2012年 4月23日
国際会議 International Conference on Superconductivity and Magnetism (http://www.icsm2012.org/) が
4月29日-5月4日の間、イスタンブール(トルコ)で開催されます。
当グループからは、伊豫彰主任研究員とDr.Parasharam Shirage氏が招待講演を行います。


2012年 4月 9日
当グループ主任研究員 伊豫 彰 が 文部科学大臣賞を受賞しました。


2012年 4月 3日
4月よりメンバーが新たに加わりました。
2012年 2月 1日
我々の研究成果「柔らかくなる超伝導体」が、
  日経産業新聞1月30日号に掲載されました。
2012年 1月 5日
超伝導エレクトロニクスグループのホームページを開設しました。
 
研究内容を掲載しました。
 
 
 
 
 
皆様のご意見をお待ちしております。



国立研究開発法人 産業技術総合研究所
電子光技術研究部門 超伝導エレクトロニクスグループ

〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第2