2

光センシンググループ(Optical Sensing Group)の研究目標

独自の光学的手法をベースとした微量微小物質検出技術、高感度分光技術、イメージセンシング技術、光波特性の変調・制御技術をコア技術とし、これらの技術を微細加工技術や各種高度計測手法によってサポートすることにより、健康な暮らしを誰もが享受できる社会、安全安心な住環境、より高い国際競争力を持つ工業・農業生産技術、の実現に資するセンシングシステムの開発を行います。また、新たなセンシングシステム構築に必要な高機能な光学素子、光学材料の開発を行います。

メンバー(常勤職員)一覧

藤巻 真(Makoto FUJIMAKI):研究グループ長
桑原 正史(Masashi KUWAHARA)
島 隆之(Takayuki SHIMA)
有本 英伸(Hidenobu ARIMOTO)
古川 祐光(Hiromitsu FURUKAWA)
芦葉 裕樹(Hiroki ASHIBA)
安浦 雅人(Masato YASUURA)
渡部 愛理(Anri WATANABE)
福田 隆史(Takashi FUKUDA)

保有技術について

hoyugijyutsu

→Contact


     研究グループ長
     藤巻 真(Fujimaki Makoto)
     【電話番号】
     029-861-2344
     【メールアドレス】
     m-fujimaki●aist.go.jp
     ※送信時は@へご変更下さい。


◆最新情報◆

2018/02/26
コンソーシアムの設立について