本文へ

エネルギー触媒技術グループ紹介イラスト

低炭素社会の実現に向け、二酸化炭素の再資源化および再生可能エネルギーや未利用エネルギー資源の利用拡大を目指して、触媒、反応工学、電気化学をベースとした研究開発を実施しています。現在、再生可能エネルギー由来の水素・バイオマス・回収した二酸化炭素等を原料としてエネルギーキャリア・燃料(アンモニア、メタン、軽質炭化水素、バイオ燃料)および有用化学品を高効率に製造・利用するための新規触媒、材料およびこれらを用いた反応システムの開発を行っています。また、再生可能エネルギー由来の電力を直接利用する新規反応プロセスの開発にも取り組んでいます。
To realize a sustainable low-carbon society, energy conversion process group engages in comprehensive research activities on development of new technologies for clean and efficient usage of conventional hydrocarbon resources such as coal and natural gas. In addition, research works for the novel CCU (Carbon Capture and Utilization) process which can convert CO2 to fuel, syngas or valuable chemicals in conjunction with electricity/hydrogen derived from renewable energy producing syngas or chemicals. We deploy energetic research activities on the innovative thermo-chemical or electrochemical energy/material conversion processes, based on the fluidized bed technology, catalytic chemistry, gasification/pyrolysis technology and electrochemical device technology.


研究トピック

    

   〇メタン熱分解による水素製造プロセス開発
   〇低温・低圧グリーンアンモニア合成触媒の開発
   〇再エネ電力を利用した電解水素製造の高効率化のための新規触媒や反応プロセスの開発
   〇電気化学的なCO2の高効率転換技術(CO,メタン,軽質炭化水素等)の開発
   〇CO2からの合成燃料(メタネーション、e-fuel)製造技術の開発
   〇高品質バイオ燃料・ケミカル製造技術の開発
   

グループメンバー

    

氏名右隣のResearcherIDに、 ORCID に リンクしています

名前 役職
望月 剛久(Takehisa MOCHIZUKI) グループ長
陳 仕元 (Shih-Yuan CHEN) 主任研究員
西 政康 (Masayasu NISHI) 主任研究員
舘野 拓之(Hiroyuki TATENO  ) 研究員
姫田 雄一郎(Yuichiro  HIMEDA) 研究グループ付 
高木 英行(Hideyuki TAKAGI) 研究グループ付 
斉田 愛子 (Aiko SAITA) 主任研究員(兼務)
尾西 尚弥 (Naoya ONISHI) 主任研究員(兼務)

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギープロセス研究部門エネルギー触媒技術グループ

 

〒305-8569 茨城県つくば市小野川16-1 つくば西

▲ ページトップへ