エネルギー技術研究部門 ターボマシングループ

  ■研究概要  ■グループ構成員  ■研究トピックス  ■お問い合わせ・アクセス  ▲産業技術総合研究所  ▲ エネルギー技術研究部門       

風力関係のテーマについては再生可能エネルギー研究センターに移りました。
参考資料:「産業技術総合研究所における風力発電関連の研究開発」



 研究概要

分散エネルギーネットワークを支える重要な要素技術として、(1)各種タービンシステム、(2)デバイス・制御技術、(3)プロセス技術などの研究開発をおこなっています。これらの課題に取り組みながら化石資源依存度を抑制しつつ自然エネルギーを取り込んでいく最適な方法を模索します。



グループ構成員

東事業所
  ガスタービン    流体制御デバイス   プロセス技術

氏 名 研究分野 研 究 内 容
壹岐 典彦
グループリーダー
燃焼、噴霧、ガスタービンに関する研究
星 佳伸 レーザ放電制御、プラズマ工学、プラズマアクチュエータ
倉田 修 マイクロガスタービン、燃焼、吹き消え・逆火・安定性
松沼 孝幸 低レイノルズ数翼列の実験、能動制御デバイス開発
瀬川 武彦
(併任)
流体工学、乱流制御、プラズマ工学、アクチュエータ・センサ開発、プラズマアクチュエータを用いたタービンブレード高度化
・ 新燃料自動車研究センターと併任
小垣 哲也 次世代風力発電技術,風力発電技術の標準化,流体工学,数値流体力学
阿部 裕幸 地形モデル周りの流れ場解明,能動剥離制御翼の開発,低レイノルズ数翼の空力特性


西事業所
ガスタービン   プロセス技術

氏 名 研究分野 研 究 内 容
井上 貴博 セラミックス基複合材料、高温材料、ガスタービン
藤田 和宏 繊維強化複合材料、材料試験、力学的特性評価、FRP、炭素繊維、軽量高強度材料
鈴木 雅人 プラズマ溶射法、雰囲気制御プラズマ溶射法、セラミックコンポジットコーティング、TBC、ナノコーティング、サスペンジョンプラズマ溶射技術
袖岡 賢
(転籍出向中)
セラミックスコーティング、プラズマ溶射、耐環境/遮熱コーティング、セラミックス基複合材料セラミックス基複合材料、高温材料、ガスタービン



 研究トピックス

ガスタービン

 いくつかの優れた特徴を有する(小型)ガスタービンの熱効率をガスエンジン、ディーゼルエンジンに比肩しうる程度に高めるための道筋を検証。金属・セラミックハイブリッド構造のもと、高温無冷却運転を実証。遮熱コーティングやセラミック複合材の研究開発。様々なガスタービンシステムのサイクルシミュレーション。



         図1 MGT→分散コジェネ最適化、ポータブルパワーソースへ

流体制御デバイス

 始動や負荷変動などの定格設計点以外での性能低下を抑制する熱流体制御アクチュエータを開発。誘起ジェットの入力波形依存性と500℃までの温度雰囲気下における噴流の生成を確認。高機能の小型高圧高周波電源を実用化。



                   図2 デバイス技術→熱流体システム能動制御へ


お問い合わせ・アクセス

アクセス1: 茨城県つくば市並木1-2-1 産業技術総合研究所 東事業所 4A棟2105
案内図はこちら

アクセス2: 茨城県つくば市小野川16-1 産業技術総合研究所 西事業所 1A棟6203
案内図はこちら