SUREコンソーシアムロゴ

SUREコンソーシアムhedder
実施プロジェクトイメージ画像
産業技術総合研究所 > 環境創生研究部門 > SURE CONSORTIUM TOPページ > 実施プロジェクト

実施プロジェクト

1.NEDOプロジェクト
「高効率な資源循環システムを構築するためのリサイクル技術の研究開発事業」H29-R4

   我が国の都市鉱山を有効に活用するため、資源価値の高い小型家電等の廃製品を対象に、現状リサイクルが行われている元素群(鉄、アルミ、銅、金、銀など)のみならずレアメタル等も含めた多様な金属について、低コストで高効率な再生金属資源の生産(金属のリサイクル)を可能とする革新的な技術を開発するとともに、バリューチェーンを形成する動静脈連携を強化する情報、制度、社会システムの構築を目指す。

国内資源循環、生産・リサイクル統合ビジョン

2.つくば国際戦略総合特区
「戦略的都市鉱山リサイクルシステムの開発実用化プロジェクト」H27-R2

   小型家電をはじめ未だ都市鉱山の多くが未開発あるいは埋立処分されている現状から,世界に先駆けて,レアメタルや貴金属など有用な金属を効率的かつ経済的に回収する革新的なリサイクル技術の開発と,住民への普及啓発や環境教育などを一体的に進めることにより,有用金属資源の安定確保,リサイクル関連産業の発展ならびにリサイクル思想に基づく社会の実現を目指す。(つくば国際戦略総合特区HP参照)

 

 終了プロジェクト

1.産総研戦略プロジェクト:戦略メタル資源循環技術(都市鉱山) H24-H26

   既に国内に無秩序に蓄積された廃製品の効率的な利用を実現するリサイクル技術と、資源循環を支援する製品設計技術を融合した生産‐リサイクル統合ビジョンの提案により、将来の戦略的な都市鉱山の構築を目指します。また、当プロジェクトの研究成果物として、戦略的都市鉱山研究拠点(SURE)及びSUREコンソーシアムを設立しました。

2.NEDOエネルギー・環境新技術先導プログラム「動静脈産業連携による循環制御型資源再生技術ー情報技術を活用したレアメタル等金属を高効率にリサイクルする革新プロセスの開発ー」H28-H29

   動脈産業-静脈産業が連携を深め、天然鉱山と価値競争できる金属資源循環の基盤を構築するため、製品の資源配慮設計指針や、都市鉱山ポテンシャルの推計手法の確立、手作業を一掃する自動自律型都市鉱山や少量多品種製錬を実現するための要素技術の確立を目指す。